2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

発掘はコチラ

  • カスタム検索

オーラソーマ

The Birth of Archangel Israfel

昨年に続き今年も12月14日に新しいボトルNo.112が誕生したそうです。T02200331_0300045213159338733

TURQUOISE  /  MIDTONE ROYAL BLUE

パッと見た時、あれ?No.33ドルフィンボトル?と思いました。
でも逆バージョンで、もっとマイルド。ミッドトーンだからかな。

2014年、使ったボトルは1本だけでした。

2月に終わったNo.38。本当はその後No.84を使いかけていたのですが、レッドが衣服や肌に残ることに閉口して、だんだん使わなくなってしまい今に至ります。

初の使い残し、No.84。果たして使い切れるのでしょうか。

届きました♫

私のオーラソーマジュエリーが届きましたheart01

Img_3177_2
どういうわけか、写真がきれいに撮れないのですがー。
石はペリドットとアイオライトの組み合わせです( ´艸`)

小さなペンダントなのに、重い。はじめてつけた時、ちょっと驚きました。

できるだけ、一緒にいようと思います。

No.38(2)終了

6年ぶりのNo.38(ヴァイオレット/グリーン)です。

Img_2927

今年は探索と開拓の年になるんだろうな。知らない人に会いに行ったり、行ったことのない未知なる場所へ出かけて、新しい風にあたる一年になりそうです。

その中から今後につながっていくようなご縁が育つ気がしています。

2014年の初選び

2014年に選んだ最初の4本はコチラ。

Img_2924
映った影が、キャンディポップみたいな4本。
しかし、1本目のツァフキエル以外は全部使ったことあるボトルなんだな。
で、どれを使おうか迷ったんだけど、やっぱり2本目のNo.38を使うことにします。
12月に選んだオーラソーマジュエリーが、このボトルのインテンスバージョンにちょっと似ています。
なんだろね・・・グリーンとヴァイオレットの組み合わせ、惹かれます。

No.54終了

クリアにしたいものを考えてた1ヶ月間、でした。

例えば・・・

自分が本当に望むもの。

そのために手放した方がよいもの、コト。

意志や道筋。

そして、光が射す方向。

今年お世話になった10本のボトルたちに感謝。

39→57→35→85→73→90→8→10→49→54

オーラソーマジュエリー展

ひさびさに50mlのボトルの前に立ちました。

やっぱり、すごくいいエネルギー。
そういうのだけは、なぜかわかる。
Img_2903
大阪までオーラソーマジュエリーに逢って来ました。
2月14日、バレンタインデーの日、私の手元にジュエリーが届きます。

The Birth of Archangel Daniel

12月14日、新しいボトルNo.111が誕生したそうです。

 MID TONE ROYAL BLUE / MID TONE OLIVE

B111

詳しくは、ASIACTで。(画像もこちらからお借りしました)

ロイヤルブルーのミッドトーンは、初めてですね。

No.108とNo.109にもミッドトーンオリーブが使われていましたが、その上にロイヤルブルー(こちらもミッドトーン)があるのが印象的です。

ロイヤルブルーって、深くて、目に見えないものを信じる力というか、そんなイメージが私にはあるのですが、ミッドトーンはそこに光が射しているように思えて、希望を感じます。

上層が不透明に

セラピスベイの上層がすりガラスのような不透明に。

Img_2844
今朝、久しぶりに夢を見ました。
見たくないものが浮かび上がってきたのです。
重要でありたいという希望(野望?)
でも、そうではない現実。
人が持っているものを自分が持っていないことが、どうして不満や落ち込みの原因になってしまうのか。

8年越しのセラピスベイ

2005年。オーラソーマのイクイリブリアムボトルと初めて対面した日。
あの時選んだ一番最初のボトルが、No.54セラピスベイでした。
あれだけの色とりどりなボトルを前にして、無色透明なボトルしか選べなかった。
自分で自分を見失っていました。

あの時使えなかったボトルが、今、使えるようになっていること。
そう考えると、感慨深いものがあります。
Img_2811

No.54セラピスベイ

8月に選んだボトルの4本目がクリア/ クリアのセラピスベイ。

最近、光の瞑想を毎日しているのですが、頭上にある光をイメージするのに、昨日行った伊勢神宮で、ちょうどいい光景に出逢えました。

Img_2800

スゴい人でぎっしりの行列だったにもかかわらず、息苦しさや圧迫感はなく、暖かい日の光のもと、お参りの列が粛々と進んでいたのが印象的でした。

要らなくなったものは手放し、

自分の心の底を見つめ、光とともに進んでいけますよう。


より以前の記事一覧