2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

発掘はコチラ

  • カスタム検索

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

PH5

Img_2105_2ルイスポールセ〜〜〜〜ンheartshineheart

ちょっとコーフンしております。

やっぱ 美しい・・・。

光と影の見事な具象化。

夜の楽しみまたひとつ。

最近のアヌビス

イエローとブルーのコンビネーション・アヌビス。

Img_2103
あらためて。こんなに美しいボトルとは・・・。

ただただ正直に。私自身の真実に。

黄色い銀河の種の年

13の月の暦では、今日から新しい年が始まります。

個人的に、黄色い種の年にはモノごとが大きく動くという感触があります。

同時に私にとっては最大パワー周期の始まり。

今年は、何か、新しいことを新しく始めるのではなく、今まで培ってきたことを整理すること、きちんとカタチにすることにこだわってみようと思います。

夏の記念切手

郵便局に寄った時、つい見てしまうのは、記念切手のコーナー。

そして、気に入った絵柄があると、つい買ってしまいます。

今日目についたのはこの2つ。

Img_2099 Img_2100 星座シリーズ第3弾と

ふみの日シリーズ。

シート買いだぜ。

イエイ♪

気に入った図柄を見つけると、誰の手紙に貼ろうかなぁと、考えてしまいます。

最近はほとんど手紙を書かなくなってしまったけれど。

今、思い浮かぶのは、実家の父かなぁ・・・。

信頼と尊敬

20代の頃、一緒に仕事をした先輩と久しぶりに話す機会がありました。

私たちには共通の上司がいるのですが、面白かったのは、その人を表現した言葉。

先輩にとってその上司は「信頼はできないけれど、尊敬できる」人。

私にとっては「尊敬はできないけれど、信頼できる」人でした。

2人とも、同じ言葉を使って表現しているのに、表す印象がまったく違う。

私にとってその上司は、外側にあらわれる言動が、どれほど奇妙で、一見信じ難くても、その内側にあるものを、心から信頼できると言いきれる人でした。

今は3人とも別々の道を歩いていますが、若い頃一緒に過ごした時間と、そこで培った信頼は、離れてもずっと残るんだなぁと、あらためて思いました・・・。

その想いを胸に、今いる人たちと新たな信頼を創っていかなきゃなと思いました。

おうちでホッとカレールウ

成城石井でカレールウを買いました。Img_2020

化学調味料、植物由来原料不使用。

小麦粉は100%国産で、野菜は生からじっくりと丁寧に炒めた、原料にもこだわったカレールウ、成城石井のオリジナルらしい。

意外にも夫に評判がよくて、ビックリ。

懐かしい風味なのに、ちゃんとスパイシー。そこが気に入ったんでしょうね。

あたらしあらし☆大野智

やっぱり大ちゃん、スゴかったー☆

この絵から、こんな付け足し、思いつく??

Img_2084
これなんか、まったく逆さまの発想。

Img_2086
かと思えば、画力だけじゃなく、こんなユニーク・アイディアも。

Img_2090
あの寡黙さの奥に、こんなことが渦巻いてるの、おもしろいよねー。

それをカッチリと表現できるワザを持っているところも素晴らしい!

リネンの帽子

帽子って、似合う型が人それぞれ違う。

私に似合うのは、つばの広い大きなタイプ。

逆にイマイチなのは、ハンチングやベレー、キャスケッド。

要するに、つば、みたいです。

今年は日差しがあまりに強いので、ずっと帽子を探していました。

条件はつばの大きさと、たためるタイプ。Img_2080

で、今日 ようやく見つけちゃいました♪

タグを見たら、MADE IN LITOANIAのリネン100%

リトアニアってリネンの原産国として有名なのね。
国の場所も、今回はじめて知りました。

夏のリネンは涼しくて好き。

麻特有の色合いの中から、黒を選びました。
暗い感じがしないのは、独特のごわごわ感のなせるワザ?(笑)

最近ようやく、黒の楽しさがわかってきたような・・・。

10代の色を選べなかった時代の無難な選択としてじゃなく、おしゃれとしての黒の楽しさみたいな、ね。

陰影もディスプレイ

髪を切った帰り道、久々に寄り道したTisane Infusion(ティザーヌインフュージョン)。

Img_2070_3  
いつものことながら、入り口のディスプレイがステキで思わずパチリ。

光と影の陰影がさらなる味を出してくれます。

今日はひとつお買い上げしたものがあるのですが、電車とバスで持ち帰るにはちょっと大変だったため、取り置きしてもらいました。

いつ、取りに行けるかな。

VS風間俊介くん

先週に引き続き、大野さんの声カッサカサ。
潤クンに「なんでそんなオネエみたいな声してるの?」とか言われるし。
翔ちゃんには対戦ゲストのご紹介をフラれるし。

それに応えて「本日の対戦ゲストは・・・」と話し始めた画面下のテロップ文字が、思っきしふるっていたのが超可笑しいわ。

そして本日のプラス1ゲストは、風間俊介くん。

登場早々「嵐5人の顔の曇り方が異常」と一発。
その後もコメントに四文字熟語を駆使したかと思えば、対戦相手からは「あの芸人さん面白いね」と笑われ、翔ちゃんが上手にフってくれた番宣チャンス(救命病棟24時)は逃し、ニノからは「風間くんの特性として長いんだよね」とダメ出し。

そんなニノとは、生年月日がまるきり一緒で、相葉チャンとは総武線仲間らしい。

しかし何と言っても今日一番笑ったのは、風間くんのダンスでしょう!

『A・RA・SHI』というより、なんだろう・・・やっぱ、お笑い?

NHKの「純と愛」での暗ーいイメージが、今日1時間で180度転換しました。

・・・イジられキャラですね。

グリムス☆2回目のお客様

ツバメさんは2度目の来訪。

1374064153_00078 ふたつ前の記事に反応してくれたらしい。

キーワードは、たぶん「省エネ」。

もっと新しいワードはないのかなぁ・・・。

シンギング麦茶

毎日、水出しの麦茶を職場に持って行くのですが、ふと思いついて、麦茶にもシンギングボウルの音を聴かせてみました。

東京のワークショップで、ボウルにお水を入れたまま縁をこすって音を出すと、中の水がこまやかにさざめくのを見ました。
その水はとっても美味しくなるそうです。

でも金属のボウルに直接水を入れるのはちょっとなので、ペットボトルに入れたものをボウルのまん中に置いて、音でつつんでみたのです。

私は濃いめに出した麦茶が好きですが、独特の香ばしさが喉の奥で引っかかる時があります。でもボウルに入れた麦茶はまろやかで、味は濃いけど、喉ごしのよい味になりました。

面白いので、もう少しいろいろな水を試してみようと思います。

エコ発想の違い

LIXIL(リクシル)ショールームの見学会へ行って来ました。

目的は、北西部屋のベランダドアに取り付け可能な網戸を探すことだったのですが、最新の住宅設備の説明を聞いてて、なんだか疑問に思ってしまいました。

そもそも網戸をつけるということは、窓を開けるのが前提です。

でも、世間一般のトレンドは、家中を密閉した上で、どれだけ冷暖房効率を高めるか、ということらしい。

例えば、インプラスという二重窓。二重にすることで既存の窓との間に空気層ができ、断熱・防音効果を高める機能があるといいます。

触ってみたけど、確かに熱は通さず、光だけを室内に取り入れてくれます。

でも、クーラーがなく、夏は各部屋窓全開で、自然の風を取り入れるわが家には、まったく不向きな商品と言わざるをえません。

これでエコとか省エネとか言われても、素直にうなづけない自分がいます。

昨今の気象状況の中、クーラーを全否定するわけではないのだけれど、現代の科学は、もう少し電気を使わない一昔前的な方法で、涼しく過ごせる方法を編み出せたりしないものなんだろうか???

そんなこと考えるのは少数派なのかもしれないけれど、長い目で見たら、そっちの方がずっーっとエコな考え方だと思うんだけどな。

この夏の暑さはこれで乗り切る!

なにこのドヤ顔(笑)

でも、なんか涼しくない?

Img_2021_2

あたらしあらし☆松本潤

2週連続企画の第1週目は、風の3人。

なのにそのうちのひとりしか取り上げてないのには、理由が・・・。

だってだって。相葉ちゃんとニノの企画は想定内。
ホントに新しい嵐を見せたいなら、相葉→8分ドラマ、二宮→素潜り、松本→コントの方がよかないか?

それでも、松本さんの8分間の長台詞!プロなら当然かもしれないけれど、一人芝居のあの集中力と姿勢には、素直に拍手を送りたい!!

正直、5重人格を演じきれていたかと言えば、そこまでつくり込めてはいなかった。そういう意味では、彼は決して完璧(パーフェクト)じゃない。

しかしどんな条件でも、その時の【完璧】を目指して努力する姿勢を持って仕上げてくるのは間違いない。

決して「一日しかないから無理」とか「だからこの程度」でお茶を濁す人ではない。

・・・という、絶対的な信頼を感じさせるところが、松本潤という人!

ところで。

芝居中、松本さんよりずっと気になっていたのがニノの視線。

ワイプで映る彼の表情がものすごく気になっていたのですが、終わった後もほとんどコメントがなかったし、彼が潤くんの芝居をどう見ていたのかが気になります。

きっと何か思うところがあったと思うんだけどね・・・。

1920年代の植物画

スウェーデンの1920年代の植物画です。

もともとは、植物図鑑だったのを1ページずつバラしてあるようです。

細密で、どことなくレトロな感じが素敵。

Img_2017_2

たくさんあった中から、やっと2枚選びました。

Img_2018_3

今度はこれを入れる額を探したいな。

ミュシカにて。

名古屋市名東区高社1-190
サンローヤル東山1F
OPEN    11:00-19:00     定休日 水・木
TEL     052-737-8601

 

シンギングボウルのワークショップ

あれからすっかりなかよしになった、シンギングボウルheart

私のボウルはいとも簡単に音を鳴らしてくれるので、スティックで縁をこするように円を描くのも楽しいし、カーンと一発、澄んだ音色に耳を傾けるのも楽しい。

でも、それ以外に、どんなことが出来るのか?

そんな興味が湧いて来て、名古屋で開催されたワークショップに行ってみました。

             *****

興味深いことに、シンギングボウルの音を聴くと、思考が止まるんですね。

私たちは、日常、いろいろな音の中で生活していますが、ひとつの音に集中して耳を傾けるということは滅多にありません。でも、ボウルを鳴らすと、そこから発生する音を漏らさず聴き取ろうという意志が働くように思います。
そして、思考がストップするのですね。

また、耳はハートチャクラと繋がっていて、音を聴くという行為自体が、ハートを活性化していくのだそうです。

ボウルを使ったヒーリングの方法もいくつか教えてもらいました。

椅子に座ったまま、ひとつのボウルで、音を聴きながら、チャクラの調整をしていく方法があるのですが、受けながら、これ、ダンナさんにしたらいいんじゃないか・・・と、考えてました。

今までオーラソーマやチャクラバランストリートメントなど、いろいろやっても、ダンナさんとシェアしたいと思ったことが一度もなかったのです。

「そんなのアヤシい」とか言いそうだし、こっちも説明するのが面倒くさいってのもあったと思う。

だけどこれなら、良さを感じてもらえるんじゃないか、と思ったのです。

風のあるちょっと涼しい風呂上がりの夜なんぞに、ちくっと試してみようかと。

No.8アヌビス

実は今年のイヤーボトルでもあるアヌビス。(イエロー/ ブルー)

下がターコイズ化しております・・・。(個性を出せ!と)

Img_2015_2 5月13日に選んだ4本を、2本目(タイタニア)→3本目(荘子)→4本目(ウィズダム・レスキュー)と使って、今日から1本目に入りました。

自分の内にあるものを、どれだけ信頼できるか。
そしてどう使うか。

強くて明確なメッセージを感じさせるボトルです。

そんな風に見た目はなかなかハッキリくっきりとしたいでたちなのですが、シェイクすると、こんなかわいらしい色になるの、知ってた???

Img_2016_2

なごむわ〜、このグリーン・・・。

VSビキニマン

今回の衣装、ほんとはニノが着るはずだったんじゃないのかビキニマン。

後輩の関西Jr.流星くんが踊ったロックダンスを、即興で、ビキニマン風にアレンジしちゃうリーダーがスゴい♪

一度見ただけで基本ラインは踏襲しつつ、部分部分にちょっとエロいフリを入れちゃうところが男32歳ですな。むはは。

そして最後は、噛み噛みの「ビキニュマン」(笑)

と。その後のメンバー4人の素早い対応っぷり。

と。リーダーの苦笑する顔がたまらない(*^m^)

相葉ちゃんとは別の意味で「持ってる」男です。

半年

今日、お義母さんがお義姉さん家に帰りました。

今回は約半年の同居。

でも、入退院の繰り返しで、半分家にいたかな?って感じ。

暑い夏、なんとか乗りきってほしいです。

No.90終了

あっという間、2週間で、No.90終わってしまいました・・・。

このボトル、シェイクすると海苔の佃煮みたいな色になります。
(うーんsweat02この表現はイギリス人には通じんだろなぁ・・・)

そして見方を変えると、シブいオリーブグリーンにも見えるのです。

ボトルを使っていた時、感じていたこと。

私の内で使われるのを待っている、たくさんの知。

私にとっての“ウィズダム・レスキュー”は、それを使うことなんだと思う。

これまで、それを躊躇させてたものは、なんなのか。

レベル3新テキスト

オーラソーマレベル3の改訂版テキストが届きました。Img_2014_2
表紙は美しいレッドのボトルです。

私がこのコースを受けたのは2007年だから、もう6年も経つんだね。

当時のテキストは表紙も真っ白で、タロットの説明も、今のオーラソーマタロットじゃなく、前の版の図柄に則っとった説明でした。この部分のテキストは使わず、ティーチャーの話を必死で書き取っていた記憶があります。

今回、ようやく、現状にあった内容を読むことができるようになりました。

レベル1から3までオーラソーマのコースに参加していた時は、コース通りに進もうという気持ちが強かったのですが、使いこなすことを諦めた時、違う道が開けたように思います。

今は、このテキストを、【覚える】とか【学ぶ】という観点からじゃなく、【楽しむ】という観点から読むことができます。

純粋な、知ることの楽しみ。

6年経って、一度離れて、こういう地点に立てたこと。

生きてると、いろんなことがありますね。

音楽のちから☆嵐といったらなかよしLove so

最初の大野×松本の歌い出しから、次のフレーズ。

相葉×二宮×櫻井の、縦イチトリオが超カワイイheart

歌詞にあわせて、互い違いに、右左右と体を倒す、電車ごっこな3人も早30代。

でも、こういうとこは、変わらんねー。

今年のワクワク学校で、翔ちゃんが

「私には夢があります!還暦になった嵐5人でスケスケの赤いちゃんちゃんこを着て踊ること」(←だったかな?歌うこと、だったかも・・・)

なんてことを言ってましたが、還暦迎えても、5人で嵐でいてほしい。

そして、還暦になっても、イタズラなかよしな姿を見せてほしいです。

音楽のちから☆嵐ジャニーズメドレー

まずは、翔ちゃん。12時間の司会、本当にお疲れさまでした!

プラス、嵐としてもメドレーあり、自分センターの持ち歌1曲ありで、他のメンバー以上に大変だったと思います。

でもまぁ・・・それができちゃうところが翔ちゃんなんだけど(*^m^)

そして、充実の夜の部!!night

嵐がひとりずつ他のジャニーズメンバーと、先輩のデビュー曲を歌っていくメドレー。

いや〜、リーダーが歌う「哀愁でいと」はトシちゃんのとは、まるで別物。

しっかりした音程で歌うと、いい曲じゃん!と、あらためて。

そして、お茶目なニノ。(じゃなくてNEWSのみなさん?)

シブがき隊の「NAI NAO16」のソロ部分。

♪ジタバタ、するなよ!♪

 ・・・で、NEWS2人が両脇から完璧センターニノ隠し。

その後ろでピョンピョンはねてるらしいニノさん・・・まったく見えず。

そんな2人を両脇に押しのけ前に出ようとすると、さらに別の2人が前に出る!

そこも振り切り

♪欲しけりゃ今すぐ・・・♪

 ・・・と歌い出したら、次の

♪すーがーりーつーけ〜〜〜♪

 ・・・で、文字通り男4人にすがりつかれてしまいました。

おかしすぎ。

そんなニノを中心に、嵐4人が左右から回り込んできて中央に揃うシーン。

この時のリーダーのキメのポーズがきれいです・・・。

このまま少年隊の「仮面舞踏会」を5人で踊り、出演ジャニーズ全員でマッチの「スニーカーぶるーす」へ。

まるで、年始恒例カウントダウン?と見まごうほどの、豪華ジャニーズメドレーでした。

ボトルの影響

ボトルの色の組み合わせのうち、服として着るならないなと思うものがあります。

今使ってるNo.90(ゴールド/ディープマゼンタ)なんかも、そう。Img_1999

・・・と思っていたケド。

気づいたら、こんな卵色のカーデと黒のスカートなんて、トラ柵みたいな(←工事現場で見かけるヤツね)結構な組み合わせの服をよく着てました。

前にパラスアテナ&アイオロスを使っていた時もそうでしたが、私の場合、使っているボトルが日々のファッションにも少なからず影響を及ぼすみたいです。

想像ラジオ

まずこのタイトル!!!

たった5文字で、文字通り、いろいろ想像させちゃうこのセンス。9784309021720_3

想像ラジオは、あなたの想像力の中でだけオンエアされる番組。

その声が聴こえるか、聴こえないかは、どちらか一方じゃなく、どちらもありなんだと思う。

生者と死者との関係が、ふたつでひとつであるように。

この本の中で作家というのは【心の中で聴いた声が文になって漏れてくるような人】というように表現されているのだけれど、私もそうありたいと思いました。

心の中で聴いた声を言葉であらわす人でありたい。

シンギングボウル

東京から一緒に帰って来たのが、この子です。

Img_1995
魂に染み渡る・・・いい音なんだ・・・これが。

ギャラリーでいくつか鳴らした中で、いちばん素直に奏でてくれた子。

いっくらがんばっても、うんともすんとも言わない子や

なんか違うと思う子もいる。

でも、鳴らしてみて、すぐ、一緒に帰ろうと決めていました。

おかげでこの日は夕飯抜きになったけどね(;´▽`A``

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »