2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

発掘はコチラ

  • カスタム検索

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

大切なことは

いつも空の下で気付く

Img_1984_3
JAL by 松本潤。

りんかい鉄道車内で遭遇。

嵐5人の横顔バージョン、それぞれステキでしたが、やっぱ潤クンでしょう!

シンギングボウル倍音サロン

二連チャンで東京に行くのだから、ワークショップだけじゃなくて、何かしたい!

そんな欲張りな私のハートをとらえたのが、コチラ。

amanamana(アママナマ)のシンギングボウル・ワークショップ

直前のブログにキャンセルが出たので、まだ申し込みできますって案内が出て。
当日、ワークショップのはしごを決断した次第。Img_1991

ずっと、行ってみたかった、ノルブリンカ
ここで、聴いてみたかった、シンギングボウル。

思いがけず、想いがまたひとつ、叶いました。

シンギングボウルは、この2週間ぶっ通しで仕事とワークショップをはしごしていた私の体を解きほぐし、ついでにずいぶん凝り固まっていたハートチャクラも、やわらかく開いてくれたようです。

クリスタルボウルが上へ上へと向かう天上の音なら、シンギングボウルは下へ下へと大地にグラウディングする音。

体を震わすこの音と波動が、今の自分にとてもしっくりくる気がして、ひとつ、一緒に帰ることにしました。

老いの暮らしを変えるたのしい切り紙

自分で楽しいことを見つけて、どんどん行動できる人は素晴らしい。

514xgp0tnkl_sl160_

もっと素晴らしいのは、人に楽しみの種をプレゼントする人。

その種を蒔いてみようかという気持ちにさせる人。

手間が必要なんだね。何事も。

最終的には本人次第なんだけど。

そこへ至るまでのエンジン始動に手間をかけてあげられる人ってスゴいなぁ・・・。

 

グリムス☆夏至のキャンドルナイト

これはキャンドルナイトかな?1372022996_06118_2

久々のグリムス。
もう一年の半分が過ぎたんだね。

No.90ウィズダムレスキュー

No.73のゴールド/クリアの下層がディープマゼンタへ。

Img_1985

引き続き東京ビックサイトから、No.90と一緒にパチリ。

折しも今日は、山羊座の満月&スーパームーンfullmoon

月が地球に大接近する日なんだそうです。

No.73のゴールドは【ないものねだり】的な感覚があったけど、今回のゴールドは下にマゼンタあってのゴールドですから!

私の内にある【なんでもアリ】の中からの、ゴールドです。

この違いは大きいゾ〜♪

No.73終了

6月21日No.73を使い終わりました。このボトルを使っている間、自分のことを見つめ直したり、あらためて発見する機会に恵まれました。

暇つぶしに買った1冊の本から、自分らしく生きること、自分を表現することを掘り下げるワークに出会い、そのワークを楽しんでいる間に、別のセミナーでは思わぬ人から、自分の現在地を知らされるという体験をしました。

その気づきを暖めつつ参加した今週のワークショップでは、小さい頃ずっと抱えていた違和感や記憶のなさを久々に思い出して、その意味がなんとなく自分でわかりかけていること(たぶんこれは、来週もう少し明らかになる予感)、そのことが今の自分と、この先の自分にも繋がっていて、よい意味での解放になっていくような気がしています。

そしてこれらすべての根底を流れているのが、カバラ。

初めて知ったのはオーラソーマのコースでしたが、私が興味を持つところに、様々なカタチで登場してくるのよね。

なんだか大きな全体のあちこちを虫食い的に漁っている感じ。

これがきれいに繋がったら、ものすごーくスッキリするんだろうなぁ・・・。

リアルと虚構

東京ビックサイトから。

Img_1982
りんかい線、東京テレポート駅の発車メロディが『踊る大走査線』のテーマだったのにビックリ!!

リアルと虚構がリンクしてるよー・・・。

今年は続きます

しばらく調子がよかったのに、今日からお義母さんがまた入院。

肺炎だそうです。

はぁ・・・。

シンメトリー

息子の下宿近くの風景です。

 

Img_1978_2

ここは日本か?と、一瞬、錯覚しちゃいそうな。

ここからの景色を見られるのも、あとわずか。

四年間、あっという間です。

内定通知

就活中の息子から、内定通知が届いたので、同意書にサインをしてほしいと依頼が来ました。

その時、採用理由が丁寧に書かれた内定通知を見せてもらったのですが、親なりに、息子の長所だと思っているところを、会社側も評価して、採用を決定してくれたらしいことがわかり、尚のこと嬉しい気持ちになりました。

会社説明のパンフレットを見た限りでは、おもしろそうな会社です。

勤務地がどこになるかわからないけど、どこにいても、家族のつながりは変わらない。

それは昔から変わらない私たち母子の見解で、あらためて話してみての結論でした。

はじめての・・・

今回の旅のメインイベント、もうひとつ。

ジャジャーン♪

Img_1977 美味しかった〜、チーズペンネ。

・・・じゃなくて!!!

その向こうに写ってる、二人がメインです( ̄ー ̄)ニヤリ

息子と彼女と3人で、初ゴハンheart

向こうは緊張したろうな。でも、私は楽しかったよー^^。

若いっていいね〜(しみじみ)

煎茶のシフォンケーキ

セミナーに付きものの(?)美味しいおやつ報告(笑)

休憩でいただいた、煎茶のシフォンケーキ。Img_1976

抹茶じゃなくて、煎茶というのが、あっさりしていて美味しくて。
ところどころに散りばめられたレモンが、スパイス的に効いていて。(広島はレモンも有名だよね)

ラベルをよーく見ると、米粉のシフォンと書いてある!!
材料も、有機卵や甜菜糖とか、オーガニックなのかなぁ。
優しくて、美味しい、気持ちが込められた味がしました。

そしてこの、椅子のロゴマークが私好み♪

un peu do repos のロゴを頼りに、ちょっと探してみましょ。

ふりかえる

週末は、広島でセミナー。

Img_1979

美しい人生マップを使って、自分の人生を振りかえっていくワークがあるのですが、自分で気づく以上に、人とシェアする中で気づかせてもらったことが大きくて。

自分の中でずっと「これはできない」とか「苦手」とか思っていたことが、実は人生のチャレンジのひとつだったこと。

だけど、話をしていく中で、それはもうずいぶんとクリアしてるんだよって、そんな自分を認めてあげなさいと、その場にいらした参加者のみなさんから承認をいただいたような気持ちになれたこと。

それは晴天の霹靂のように、まるで思いがけない出来事だったんだけど、今回のセミナーで一番の贈りものになりました。

ここで出逢った、すべての出来事と、いっしょに時を過ごしたみなさんに、感謝☆

言の葉の庭

Poster

この映画を観ようと決めたのは、『言の葉の庭』というタイトルと、入野自由さんが声をあてていること、最後に、映像をスクリーンで見たかったから。

実際に観ると、絵はもちろんのこと、音も素晴らしかった。

最初のシーンの雨の音。そして水たまりに注ぐ雨粒の描写。
思わず、あれ?これ実写?と錯覚するような。

けれど、実写よりずっと情感豊かで美しいのは、描き手の才能なんでしょうね。

言の葉の庭とは、主人公のひとりが古典の教師ということも大きかったのかな。

ふたりの出会いのはじめに女性がつぶやいたのは

 鳴神の光とよみて さし曇り 雨さへ降れや 君は留む
 なるかみの ひかりとよみて さしくもり あめさへふれや きみはとまらむ

・・・この場合、短歌は、現代人の私にとっては謎でしかなく。

当然(?)もうひとりの主人公、15歳の男の子にもサッパリだー。

しかし、彼は返歌を見つけてくるのだね。

 鳴神の光とよみて 降らずとも 我は留まらむ 妹しと留めば
 なるかみの ひかりとよみて ふらずとも わはとどまらむ いもしとどめば

雨など降らずとも、私は留まるのに。あなたが望めば。

その昔。テスト勉強に明け暮れていた身には、短歌って、まどろっこしいと思っていたけれど、こうして詠むと、なんてピッタリなんだろう・・・と思ってしまう。

そして入野自由さんの声は、小狼(シャオラン)くんぶりだよお・・・。

この人があてる、まだ大人になっていない人の声が好きです。

No.73荘子(チャンツー)

ひとつ前にターコイズを仰ぎ見ていた私は、切実に自分らしさを表現することを望Img_1960 んでいたのだけれど、その想いは、今日から使うNo.73(ゴールド/クリア)に繋がっていて、今度は自分のど真ん中にある自分自身を見つめていく日々になりそうです。

外へ外へと答えを探し求めていくことは、ある意味簡単で、とても楽しい作業だけど、内へ内へと何かを探し求めていくことは、ある意味退屈で、とても不安な作業だと想う。

だからこそやりきれずに、今まで来てしまったわけだけど、結局、ここに戻るのならば、どこかで一度はやりきらなければならないことなのでしょう・・・。

そんなしんどい作業を応援するかのように、ボトルはとても美しい。

Img_1966

シェイクすると、まるでみかん色とでも言いたげな、ジューシィな色になりました。

匂いはイランイランベースなんだけどね(^^;)

イランイラン=一筋縄ではいかない匂い(笑)

さて!

ランチチーフ

もひとつおまけに・・・。

最近再デビューを果たしたお弁当箱用に買いました。

Img_1964_2 見た目は小ぶりの手提げバッグ。

でも、広げると、ハンカチに。
ランチチーフとは、新しいネーミングね。
持ち手がついて、お弁当は子を包んでそのまま持ち歩ける。

Img_1963_2

こんなグッズがあると、頑張ってお弁当作ろって気分になります。

 

カラフル☆フェルト

今日はなぜかフェルトが目に留まる・・・。

ILLUMSのYチェアに置かれてた、フェルトマットに一目惚れheart

Img_1962
カラフル〜♪ちっちゃなフェルトの玉を長方形に繋いでいます。

見てるだけで幸せになれるね〜heart02( ´艸`)heart02

誰かを想い

誰かを想い、何かを探して、街を歩く。Img_1961

喜んでもらえるかな?って想像しながら。

これは息子の彼女のために。

フェルト作家の加藤ますみさんという方の作品でした。

詳しくはコチラ→ゆるりら

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »