2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

発掘はコチラ

  • カスタム検索

« ひみつのアッコちゃん | トップページ | Gジャン »

嵐の24時間裏テレビ

本日の「しやがれ」は先週放送された24時間テレビの裏話編。

5人それぞれのエピソードで、一番印象に残ったのはニノとリーダーでしょうか。

まずは24時間無茶ぶりに全力で応えたニノ。
「全力で」というフレーズをこの人に使うことがあろーとは!(失礼?)

それはともかく、これまで「しやがれ」で覚えたワザを、あちこちで披露することになったニノ。

平泉成さんのモノマネでしょ〜。
アルフィーとの「星空のディスタンス」即興ギターコラボ。
たかみーに「即興であそこまでできるなんてさすが嵐!」と言わせてたよね。
深夜の「しゃべくり007」では、苦手な腹筋メチャメチャがんばってたし。

だけど一番心震えたのは、潤くんの指揮に、そっと涙をぬぐっていた姿でした。

いや〜。

ニノってふだんひょうひょうと、やることやらずに上手ーく切り抜けてるイメージがあったのです。別の言い方すると、人に花をもたせるのがうまい人。

人の微妙な機微をちゃんとキャッチしてくれる、けど、自分の感情の揺れや努力は表に見せないというか。

それでも抑えきれずに出てしまった涙と、そっと隠れてぬぐう姿に、この人の熱い想いと繊細さをあらためて感じました。

が!

ふだんと違うとゆーたらやっぱリーダー。

ケント・モリさんとのダンスコラボに対するメンバーの褒めポイントが、すべてを物語っていましたがー。

ニノ 「カッコよかった!」
櫻井 「あんなスイッチ入った表情をテレビで流すの、はじめてじゃないですか?」
松本 「僕らが見てて、そういう顔出るんだなと思いました」

で、結局何が言いたいかってのを、最後にニノが締めくくる!

ニノ「もっと言うと、ちゃんと出来るんだなってことですよ」

これにはリーダー、ニノの体をこつんと押して苦笑い。

でもダンスより何より、私が「おっ!」と思ったのは、高校生ダンス甲子園での、あのハイトーンなMCぶり。
それと、言った後の、数々のどや顔(笑)

こういう時、潤クンならガチにマジメ一辺倒で仕切るでしょう!
それこそキッチリやってくれるだろうけど、そこに【おもしろみ】とか【味】とか【ユーモア】みたいなものは感じられないような気がする。

リーダーが仕切ると、その場が独特のあたたかさで満たされる感じ。

でもそのあたたかさは相葉クンみたいなほわりとしたものではなくて、翔ちゃんみたいな知的センスでもない、潤くんの生真面目なクールさでもなく、ニノみたいな切り返しとも違う無骨さなのに、この人にはこの人にしか醸し出せない空気感があって、それでもってあっさりとその場を支配しちゃうんですよね・・・。

がんばるという言葉に、力ではなく軽やかさを感じる人。

うーん。不思議な人ですね。

« ひみつのアッコちゃん | トップページ | Gジャン »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

そーなんです!まさかまさかの大野智!!
最近しゃべるところをよく見かけるので
少しずつ興味が。
今さらですが。
フフフ。

あぁ、あの放送でももさまの中で深く印象に残ったのは、
まさかの大野智でありましたかw
オイラは、あの後の「ニノ&ペシ」が…
彼らは異国からのコメディアンかなにかだったのかしらんw

あと、翌週のファンデヴー櫻井っていうのもなかなかオツでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109163/55574418

この記事へのトラックバック一覧です: 嵐の24時間裏テレビ:

« ひみつのアッコちゃん | トップページ | Gジャン »