2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

発掘はコチラ

  • カスタム検索

« ラッキーセブン<第5話> | トップページ | 使ってない(筋)肉 »

しやがれダンスSP

先日の「嵐ちゃん」でニノと松潤スペシャルダンスがあったばかりだとゆーのに!
なんて贅沢な夜なの〜(≧∇≦)heart04

SAM&パパイヤ鈴木&HIDEBOHアニキをお迎えしてのショータイム。

3チームに分かれて、マイケル・ジャクソンのオリジナル・リミックスダンスを披露しちゃいます。練習時間は30分。それだけで、初めての振り付けをそれぞれ約1分弱踊る嵐さんたち・・・(しやがれスタッフ最高だ〜up

SAMチームは相葉くんと松潤で『Billie Jean』。
パパイヤ鈴木チームはニノと翔ちゃんで『Smooth Criminal』。
最後にタップのHIDEBOHチームにリーダー、ここはもちろん『Thriller』で。

想像してたとはいえ、やはりそう来たかなチーム分け。

『Billie Jean』は長身で細身の2人を揃えてきました。
画面で見てもバランスがいい。

パパイヤさんは曲はどうあれ、どこかでたぶんコミカル路線が入るだろうから、ニノと翔ちゃんだろうなって思ってた。コミック、相葉くんでもいけるけど、たぶんヤツではコミカルに振り切れちゃいそうだからね?
カッコいい路線ありきのコミカルだと、この2人に落ち着くのではないかと。

そしてタップはもう、リーダーしかいないでしょう!

とにかくやるしかない状況で30分の練習が始まったのですが、みんな超真剣だ、ものすごい集中力。
中でも大野さんが口では「マジでか!」連発しつつ、メチャメチャいい顔してんだよな・・・。(この人の真剣な表情が好き)

そして迎えた本番一発勝負。

最初に登場するのは、SAM&相葉&松本。

黒いハットに、黒の細身のズボン。片手にシルバーのキラキラ手袋。
並んで見るとこの2人、やっぱおさまりがイイ。
長身で細身だからこそ似合うカッコだ。

下を向いて、ハットを押さえる潤クンのポーズがすでにキマってます。
そしてやっぱりこの人は、首と肩の使い方に特徴がある。
なんかこー・・首は鶏みたいなところがあるよね。(ごめーん、どう言やいい?)
そして、顔の表情をつくるのが上手い。スローにするとわかるけど、踊ってると顔まで考えてらんないところがあるとこ、要所要所キメてくる。

それから相葉クンは、ちょっと猫背なところがセクシーだよなあ・・・。
肺病体型とゆーか、細身でも胸板が比較的薄めの細身さんじゃないと醸し出せない影ですな。いつも元気ではっちゃけてるから、一瞬見せる影に、よけいハッとさせられるんでしょうけど。

SAMさんの振り付けがまたよくできていて、相葉・松本それぞれソロもありつつ、全部を嵐に踊らせるんじゃなく、SAMさんメインで嵐がバックを務める部分もあって、負担を減らしつつ、見せ場を作っていましたね。

ムーンウォークもあって、クールでカッコいいパートでした。

次のニノと翔くんは、上下白のスーツに白のハット。
正統派でありながら、コミカルもできる。その真骨頂が発揮されていたのが、途中ナナメに体を傾けて止まるところ。そこで顔だけニッと笑う振り付けが、いかにもパパイヤさんらしい。

こちらは2人ほぼ同じ振り付けだったので、とてもわかりやすかったのが、ニノの動きのやわらかさと多彩さ(器用さ?)かなあ。
逆に言うと翔くんは、体の動くパーツが少ないから、どうしても硬く見える。たとえば肩をぐっと後ろに引いて前に出す動きを、肩関節だけで動くのと、肩・胸・上腕の動きを使って出すのとでは、同じフリでも違って見えるよね。

でも、ニノはやわらかいだけじゃなくて、動きの中のキメどころがきれいだから、要所要所が締まって見える。(これは潤クンにも言えるとこだけど)

ニノと松潤は、ステージでの踊りだけじゃなく、去り際(松潤)と入り際(ニノ)にもちゃんと気を配っていたし、そーゆーとこはさすがです。

しかし、なんといっても圧巻だったのは、やっぱリーダー!

あとでHIDEBOHさんも言ってたけれど、この短時間でタップなんてありえない。

しかも足だけじゃなくモンスターの手の動き、顔の向きまで、完璧踊っていたからな〜。

さすがにここは、HIDEBOHさんの「手!」「首!」「サビ!」なんてカウント入りながらの踊りでしたが、それでもこなしちゃうのはスゴいです!!

直前のタップ講座で、あれだけニノから落とされてたにもかかわらず。
ほとんど台の上で練習できてないじゃん(笑)。

「Troublemaker」最後のライン、大野さんだけハバにするのと一緒です。
これがやりたくて、大野さんの隣りにいくんじゃないのか☆ニノ。

それにしても、リーダーは、底が知れない。いつもあーだからなおのこと・・・。

いや〜!やっぱ嵐ってスゴいわ、マジで。

踊りがすごく上手いとか、じゃ、ないと思う。

この集中力ハンパないわ。

ホント、メチャメチャ興奮しましたー!

嵐のみなさん、おつかれさまでした。

そして、面倒くさいなと思いつつも振り付けを考えてくださったアニキゲストのみなさん、こんな企画を組んでくださった「しやがれ」スタッフのみなさん、ありがとうございました。楽しかったです♪

 

 

 

 

« ラッキーセブン<第5話> | トップページ | 使ってない(筋)肉 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ラッキーセブン<第5話> | トップページ | 使ってない(筋)肉 »