2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

発掘はコチラ

  • カスタム検索

« マーマレード | トップページ | しやがれダンスSP »

ラッキーセブン<第5話>

第5話。
今までの話の中でさりげなく置かれていた伏線が、ひとつずつ浮かび上がり、繋がってきた回。

新田の容疑を晴らすため、動き出したラッキーセブン☆
(あえて新田も入れての7人)

その口火を切ったのは、社長の瞳子さんでした。

「何度考えても、やっぱり新田くんがやったとは思えない」

でも、その言葉を口にできたのは、駿太郎がきっかけなんだろうね。

綿密な調査や証拠を元に動くのが探偵。だけど自分のカンで動くのが駿太郎で。
時には、なんの根拠がなくても、カンが大切なこともある。
どうしてもそうとしか思えないなら、『カン』に従ってみようかと、瞳子さんは思ったんじゃないかな。

今までのエピソードから手繰り寄せたヒントを元に、6人それぞれの持ち味、長所を生かした動きが展開されていきます。

足で動く飛鳥。
ハイテク技術を駆使する茅野ちゃん。
推理力と正義に訴えた大泉さん。
記憶を頼りに、依頼人を追う手がかりを提供した筑紫さん。
いざとなったら国家権力にも率直に依頼に行く瞳子さん。

それぞれのバラバラの動きの起点となっているのが、駿太郎の記憶や体験だったりするのね。

たとえば4話で新田と話した「日本一うまいコロッケ」→五反田のイシカワ精肉店から、新田の実家がわかったり。

新田が証拠隠滅しようとしたシュレッダーから、重要な手がかりをつかんだり。

資源ごみの収集車を追いかけ、ゴミ袋を奪い返した足と、シュレッダーでこまごまになった破片を復元するパズルのような作業を可能にした、瞬間的認知能力。

それをきれいに復元したのは、茅野ちゃんの技術力の賜物ではあるけれど。

基本、原始的な人なのかもしれませんね。駿太郎って。
でもその原始的なパワーが周りの人を動かしていくのも事実で。

拳闘ジムへの入門と、苔丸の世話と「後は頼んだぜ」って言葉を残して去っていった新田。駿太郎の家の前に置いてった、犬じるしのおしるこ缶。

なにげに1話からチョイチョイ登場する、アイテムだよね。

おしるこ缶も、駿太郎から新田へ、そして事務所のみんなへ。

6話からは瞳子さんのお父さんの事件(?)も絡んで、より複雑になりそうな気配。

新田くんの早期カムバックを願います。

« マーマレード | トップページ | しやがれダンスSP »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

ゆみちゃんも、見てますか!
そー、コメディ路線(?)お忘れなくですよね。
でも、新田くんは絶対帰ってくると思ってます。
ちょっとカタチは違うかもだけど・・・。

この回を見終わって、展開早すぎだなぁと思ったよー
新田くんがいなくなるなんて、さみしい
シリアスはこのドラマには似合わない
今日みたいなコメディ路線が面白いなぁと思ったよー
この先どっちの路線にいくんだろーね♪ヽ(´▽`)/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マーマレード | トップページ | しやがれダンスSP »