2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

発掘はコチラ

  • カスタム検索

« No.34ヴィーナスの誕生 | トップページ | 大腸がん検診その1 »

史上最ラクフリージング大革命

51u9i4vc8dl 「史上最ラク」という言葉に魅かれ、図書館から借りてきました。

実はわが家の冷蔵庫は、いつもカラッポ。
冷凍庫は、夏に夫がアイスをストックするのに使うくらいで、真冬の今なんて、さらにスカスカ。文明の利器をまったく使いこなしていません。さらに息子がいなくなり、夫婦2人暮らしとなった今、ますます食材ストックが減りました。

ところが今年、実家の冷蔵庫を見て、考え方を変えたんです。

実家の冷凍庫には、高齢の夫婦2人が一回に食べる量をきちんと小分けしたパックがギッシリ詰まっていました。

消費量は少なくても、いろんな食材をおいしく食べて健康でいたい。
かけるお金は最小限に、買ったものは残さず使い切る。
そのために、旬のものを安い時期に少し多めに買って、フリージングで食材をストックしていたんですね。

そして、70を過ぎた今でも、かなりの革新派だわ・・・と思うのは、フリージングする食材の多彩さ。誰にも習わず、とにかく片っ端から凍らせてみて、コツをつかんだようなのです。

食材を買っても、ちょっと使って残りは腐らせて捨ててる自分を反省しました。

試しにまず、お正月のおせちで残ったごぼうとネギを刻んで冷凍庫へ。

大掃除の際、戸棚の奥から発見した、もらいもののフリージングパックも活用。
買いなおして3年、まったく使ってなかった冷蔵庫の瞬冷凍機能も使ってみることに。
一昨年お義母さんからもらったままだった砥石で、包丁も研ぎました。
おかげでネギがスパスパきれいに切れます。気持ちいい♪

やっぱモノは死蔵するんじゃなく、活用しなくちゃ申し訳ない。
後は忘れずに使いきらねばと、思いつつ。

ゴボウとネギのその後の顛末は、また次の機会に書きたいと思います。

« No.34ヴィーナスの誕生 | トップページ | 大腸がん検診その1 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

maoさん家の冷蔵庫、大きくなったんですね。
活用しがいがありますね。
私はまだわからないけど、母のオススメはきのこ類だそうです。
味が濃縮されて、うまみが増すように思うんだって。
しめじとか小房に分けて冷凍し、調理は凍ったままでOKだそうです。
あと「死にはしないから、なんでも凍らして試してみな!」とも
言われました。フフ(* ̄ー ̄*)

私も冷蔵庫が大きくなったので、いろいろ試していますよ!
グッドなフリージングがあったら、ぜひ教えてください♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« No.34ヴィーナスの誕生 | トップページ | 大腸がん検診その1 »