2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

発掘はコチラ

  • カスタム検索

« No.34終了 | トップページ | 嵐Love Talk Selection »

ラッキーセブン<第3話>

第3話。なんだけど・・・すっかり瑛太くん演じる新田の感想になりつつあるゾ。

だって、なんでもできちゃうんだもん、新田。

卵割るのも上手だし、歌も上手いし、女にモテるし。

・・・駿太郎、出番ないじゃん。

というか、いきなり入ったド素人の新人という設定なら、犬の散歩くらいしかやれることがないのは仕方がないのでしょうが、かなり、おさまりが悪い感じは否めないなぁ・・・。

駿太郎をどう使いたいんだ?

仲・大泉・瑛太がらみのやりとりは、おもしろいのになあ。

3話で言えば、大泉さん(どーでもいーけど、この人がまだ役名で呼べない)がデートのお誘いメールを送るかどうか迷っていた時のシーン。仲さん(うーん、この人も役名より芸名だ)と茅野ちゃんと駿太郎が大泉さんとウジャウジャしてる間に、横から瑛太が「送信!」って送っちゃうくだり。

カラオケBOXでの瑛太ウインクに応える、大泉両目パチパチウインクとか。

小技は効いてるのだ。いろいろ複線もありそうだし。

でも、本筋でしっかり引っ張らなきゃ、枝葉がよくても物足りないんだよなぁ・・・。

それはさておき、4話はまたまた新田くんが活躍しそうな気配です。

3話の途中からいなくなっちゃうのに「アレ?新田は?」って思わせる。

2話で駿太郎がほとんど出なくてもノープロブレム、というかほとんど思い出しもしなかったのとは大違いだよ。

うーん・・・。

« No.34終了 | トップページ | 嵐Love Talk Selection »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« No.34終了 | トップページ | 嵐Love Talk Selection »