2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

発掘はコチラ

  • カスタム検索

« 未知との遭遇<雅紀のMは・・・> | トップページ | 小百々(こもも)カフェ »

嵐☆コーラスライン2012しやがれ

市村正親さんをお迎えしての本日の「しやがれ」。

相変わらず、テンション高いし!!(←ドラマ「バンビーノ!」で視聴済み)
嵐が低めなので余計なのかもしれないけれど、登場しただけでパッと温度が変わるのが、画面越しにもわかります。

そして市村さんといえば、奥様の篠原涼子さんのお話と、やっぱミュージカル?

というわけで、本日は、しやがれ劇場:嵐&市村正親出演のミュージカル「コーラスライン」を送ります。

配役は以下のとおり。

 マイク(好青年)⇒相葉
 ダン(カンザス出身の田舎者)⇒松本
 ポール(陰のあるオネエ)⇒櫻井
 シーラ(皮肉屋な女性)⇒二宮
 キャシー(元ハリウッド女優でザックの元恋人)⇒大野
 ザック(オーディションの審査役)⇒市村

印象としては、相葉クン→まんま、松潤→「潤はいつもカッコイイからこういう役を」という市村案に大賛成、櫻井→本人曰く「オレ、いっつもオネエ!」に表れてる?、シーラ→適役、キャシー→「大野くんのキャシー見てみたい」という市村発言に同意。

しかし、なんといってもダントツだったのは、やっぱニノ!

この場面。市村ザックは、名まえと好きな食べ物と子どもの頃なりたかった夢を聞いていくだけなのですが、その短いやりとりの中に、それぞれのキャラクターを表現しなけりゃならないわけよ。

そんな中で、「好きな食べものは?」と聞かれたニノ・シーラの答えは、このひと言。

「嫌いなもの以外よ!」

さっすが、ニノだー!と思いました。ひと言で性格を表してるよ。しかもその時の表情が、マツコさんを彷彿とさせたりなんかして・・・。いやいや、決してマツコの風貌というわけじゃなく、あの人たちが醸し出す雰囲気を瞬時に映すことができるんだね。

そして即座に答えた、あの瞬発力。

えー。ちなみの他のメンバーの感想は、相葉クン→好青年またはおバカ?、松潤→案外いちばんフツーなのはこの人なのかも・・・、櫻井→オネエはOK、陰は無理?、大野→えっと、見たかったのは踊りの方です、キャラ設定じゃなく。・・・って感じでしょうか。

あと、潤クンの上半身、もう少しきゃしゃでいいんですけど・・・。

それからバレエのバーレッスンでアラベスクをやった時の、潤クンの体のやわらかさと、翔さんの「痛い!痛い!痛い!」も、ひそかに萌えました。

« 未知との遭遇<雅紀のMは・・・> | トップページ | 小百々(こもも)カフェ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 未知との遭遇<雅紀のMは・・・> | トップページ | 小百々(こもも)カフェ »