2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

発掘はコチラ

  • カスタム検索

« たとえ小さくても確かなもの | トップページ | 受けとること、甘えること »

No.76終了

ものすごく久しぶりに、傷ついたと思うことがあって。

ガッカリして、落ち込んでいた時、使っていたのがこのボトルでした。

上層のピンク、下層のゴールド、そしてボトルネームのトラスト(信頼)。
ずっと感じていたのは、自分の内にあるゴールドをそのままに信頼すること。
それがピンクがあらわしている愛なんじゃないかな。

愛は否定しないし、人を傷つけることもない。

何で傷ついたのか考え直していた時、嵐の『always』という曲を聴いていました。
歌の世界は、自分が今いる状況とはまったく関係ないのに、ふと流れてきたフレーズが心の中にすとんと落ちました。

  たとえ小さくても 確かなものを 僕は信じてる

このフレーズが私を引き上げてくれた。

最初からすべてが見えてるわけじゃない、人から見たら、ちっぽけで全然意味ないように思えることかもしれない。

今はまだ、ゆらゆらしている水の底に沈む何かを上からみているようで、そこに何かがあるのはわかっても、ハッキリとカタチがつかめない。

でも、信じてる。ただ、それだけでいいじゃん、あとはなんでも、って思ったんだよね。

ひとつ前の記事にも書きましたが、その時、生命の樹のまん中のラインを貫くコンセプトが閃いたんです。

煮つまっていた色と、このボトルのメッセージにも関連があって、今この時このボトルを使っていたことと、出会いにも意味があったんだなぁと思いました。

« たとえ小さくても確かなもの | トップページ | 受けとること、甘えること »

オーラソーマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109163/52169610

この記事へのトラックバック一覧です: No.76終了:

« たとえ小さくても確かなもの | トップページ | 受けとること、甘えること »