2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

発掘はコチラ

  • カスタム検索

« 片思いは、苦い☆松本潤 | トップページ | No.92終了 »

まだ見ぬ世界へ(メイキング編)

またまた書いちゃう、DOME+。今回はメイキング編です。(長ッ!)

いきなりのドアップはニノの手持ちカメラmovie

「パープルに見えないかなボクのひとみ」とつぶやく相葉雅紀。

おおーっ!カラーコンタクトだ!目がシバシバするんだよね。

しかしだ、このくだり^^; メイキング見なければ、全然わかんなかったよ。

取り上げてくれたニノに感謝☆

そしてヘアスタイルについてひとしきりメンバーが語っています。

「なんか兄弟みたい」ってニノに言われてたのが、櫻井相葉のおふたり。

「寝グセのまま現場来たら、スタイリングした相葉クンの髪型がこんな感じになってまして。このままいこうかというわけで」 ← こーなったと!

イヤイヤpaper 櫻井さんのは寝グセにしか見えません(爆)

私の印象ではここにリーダーも入ってんだけど、大野智的には「30(歳)っぽい」髪型らしく、松本潤的には「昔みたいじゃない?2000年くらいの」と真逆なコメント。

潤くんに言わせると「ブロッコリーみたいな」髪型なんですけど、これだけでイメージできるでしょうか?
なんにしろ、久々に前髪下ろしたかわゆいリーダーcatfaceになっております。

そして、最初の予想通りガッツリ踊る今回のMV。

「完璧ですよ!オレら。だって、2人で朝4時までやったもんね」

イヤイヤpaper この発言が出ること自体、不安が大きいことを物語っている櫻井相葉。
相葉発言とは裏腹の、硬い表情の櫻井氏が気になる。

確か「Monster」の時、間違いの神に見そめられて、大野さんをして「帰らせてくれよ」と言わしめたのもおふたり・・・でしたよね?

言い切った相葉さんも、ちょっと時間があればひとりでフリの確認。
もういいよ、とニノに止められるシーンも。

対する大野二宮コンビは、並んで座って、ニノが踊り始めたら、大野さんも合わせて続く。それが妙にあってるんだな。すばらしい。こちらはまったく不安なさげ。

ところで松本さんが、めずらしく弱気。「超キツイこの曲」と小さい声でポソリ。

「フルでやると30分くらい体力回復しない気がする・・・」

「靴が硬ぇだの、足が痛ぇだの、そんなこと言ってちゃいけねーな」と。
最後は自分で戻してたけど、彼がそんな弱音を吐くのはなんか珍しい気がする。

などなど言いつつ、結局、みなさん完璧でしたが!

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

うん。5人の踊りを見てて思ったのは、当たり前だけど同じフリでも5人全然違うコト。

リーダーはすごくコンパクト。必要最小限のエネルギーで最大限の個性を出してくる。
そこに余分なものはいらないんです。そんなもんなくても、いかに上手いかは充分わかってしまう。
この人の動きを見れば、正確な振り付けがわかります。

かと思えば、ルームランナーみたいなヤツを歩くシーンがあるんだけど、みんなみたく、ただ前向きに歩くんじゃなく、動く小さな地面にしゃがんでみたり、後ろ向きに歩いてみたり、ひとり自由自在。最後にそっから落ちるオマケ付き。

その動きが本当に自然で無理がない。

                 ***

これに対して、アレンジの激しいのが相葉松本。

相葉クンは、足の動き、腕の上げ位置、ジャンプの高さ。5人の中で一番動きが大きい。
(ニノなら決してあそこまでしない)
手足が長くて見栄えがする。
だけどそれだけじゃなくて、時々圧倒的にもっていかれる部分があって。
ずっとそれがなんなのか?って見てるんだけど、いまだによくわからない。

強いてあげるなら、肩を起点に動く時のナナメの身体のラインかな?

                 ***

逆に潤くんは、静止している時の身体のラインにドラマがあると思います。
あと手の動きとか、細部に神が宿っているよな。

キレのある動きもできるし、意外に動きは男っぽいとこもあるけど、この人の場合、個人的にはゆっくりめの流れの中で魅せる、独特の色がある動きが好き。

でも、このふたりは手加減なしに目一杯動こうとするから、ものすごく疲れると思う。
リーダーみたくエネルギー効率の高い動きではないよね。

                 ***

そういう点から見ると、ニノは力の抜き具合が実に上手い。メリハリがあるんでしょうね。
抜くところとキメるところと。全体的に見たら、抜いてるように見せないというか。

潤くんみたく、踊りも性格もあまりに全力投球だと、見てて疲れを感じさせる時もあるけど、ニノの場合、その抜けにホッとできるところがあるとゆーか。そこに引き込まれるとゆーか。

それでいてお茶目だし♪ 
もうすぐ(てか明日だ!)28にしてあのお茶目ぶりは、他の誰にもないキャラだよね。

                 ***

そして最後に翔くん。
この人を見ていていつも思うのは、どこか体操チックな動きだなぁということ。
たとえば両手を上に挙げるフリが、踊りというよりただのバンザイに見えたり。
決して下手ではないんですけど。
キレがあるというよりは・・・固い?と言ったほうがいいのか。

それから踊っていても、語っているように見えることがあります。
ラップ担当ということもあるのかもしれないけど。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

その櫻井さんが、「まだ見ぬ世界へ」について語っています。

監督&スタジオがデビュー曲「A・RA・SHI」と同じ。

踊りも激し目で、この時期、5人でガッツリ踊る、つくりこんだものを見せたかったと言っていました。

実はここらへん、Disc1,2に収録されてるそれぞれのインタビューにも繋がる部分があって、今の嵐の気分をすごく感じるところなんだけど、もうコレsweat02書き出すとキリがなくなりそう。というか、どこでやめよう状態になってきちゃった。

この後、リーダーも語・・・ろうとするんだけど、いきなり呼ばれて尻切れトンボに。

ちゃんと最後に語ったけどね!

「イケますよ、まだ!若いなって思いました」

余裕だ・・・。

« 片思いは、苦い☆松本潤 | トップページ | No.92終了 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109163/51959999

この記事へのトラックバック一覧です: まだ見ぬ世界へ(メイキング編):

« 片思いは、苦い☆松本潤 | トップページ | No.92終了 »