2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

発掘はコチラ

  • カスタム検索

« 鍋パ | トップページ | 2011年の1本目  »

嵐を堪能しやがれ

最初にお断りしておきます。今回、話が長いですscissors30秒では終われませんsweat02

「しやがれ」のオープニングトークが好きです。

今回は翔くんの29歳の誕生日について、松本さんが話を振ってくれました。

 櫻井 「(1月)25日をもってめでたく22歳を迎えましたheart

 松本 「いやそれ、もうムリっすよ」 (いくらなんでもcoldsweats01!)

誕生日のプレゼント、何がいいかなという話題になり、

 櫻井 「オレ、あれがいーわ、オヒョイさんにつくってもらったスーツ」

相葉クンがオーダーメイドでつくってもらった最高級のスーツね。 

 相葉 「じゃ、オレ、スーツ持って来るわdashsign01(いやpaperそれじゃなく!)」

 松本 「じゃ、スーツを着る時に使うものをプレゼントしようよ

      靴とか、カフスボタンとか、カバンとか・・・」

うーん、こういうところがオシャレですよね、松本さんscissors

そして自分たちの買える範囲をちゃんとわきまえてるところも好印象です。

しかし、何より最高だったのは、この後勢い込んで発言したこの方のひと言。

 大野 「オレ、ドライヤー買うわ!」

リーダーの頭の配線、私とは全然違うけど大好きですlovely

今回はオープニングだけじゃなく、ひとりひとりに思わず【その人らしさ】を感じさせるシーンがいっぱいだった気が。

                        ***

たとえばおなじみの教室シーン。

 櫻井 「起立!」

 大野 「ガタガタ、ゴト・・・!」 (←マイクセットが転がり落ちる音)

あの絶妙のタイミングであんなことができるのは、大野さんしかいないでしょう!

                         ***

たとえば【30秒ピッタリトークしやがれ】

挑戦したのは相葉雅紀&櫻井翔。

すかさず「おもしろくなくてもOKok」カンペが出る相葉くん。

しやがれスタッフ優しんだか、なんなんだかcoldsweats01

そしてみんなの予想通り話終わらず。終わらなくても誰もツッコまず。

こうなると、いったいどんな話だったかかえって気になるよ。

次に指名されたのは櫻井氏。メチャクチャ本気モードの緊張した顔です。

(その後ろでオレじゃなくてよかった~って顔してたのが松本さん。)

コンサートで、ある男性ファンからメチャメチャうちわアピールされた翔くん。

なんだろう?と思ってよく見ると、そのうちわにはこんなメッセージが・・・。

      「オレもなで肩です」 happy02

これをピッタリ30秒で話した翔くん。

何がスゴイってコレ30秒ピッタリで話したことだけじゃないと思う。

まず、あの極限状態でこの話題を思いつくセンス。嵐ファンならみんなが知ってる(?)櫻井翔を代表する愛すべきキャラクターポイント【なで肩】がらみの話を、あえてここで使うとは!

しかもさりげに名まえを最後に言う千原アニキ直伝テクも織り込み、自分を落として、笑わせてナンボというお笑い芸人顔負けのワザも駆使する見事なトーク。

すばらしい!!!sun

                        ***

たとえば【昨日見たテレビの話をしやがれ】

指名されたのは松本潤。しかも指定番組、メチャメチャ長い!

潤くんひとりが前方のテレビを見る中、他の4人はヘッドフォンをつけて後ろ向きに。
親鳥を囲む雛鳥みたいだゾ。

見終わって、しばらくヘッドホンをつけたまま、潤くんを囲む4人がなんかカワイイ♪

特にリーダー、ヘッドホンを両手で押さえて潤くんを見上げるまなざしが信頼に満ちてます。(なんも考えてないとも言う・・・?)

そしてここからの松本潤がスゴかった!

長すぎる話のどこを削り、何にポイントを置くのだろうと思っていたら、なんと!彼は、最初からほぼ完璧に再現してしまったのです。

しかも数字が正確thunder櫻井氏に「状況がすごくよくわかった」と言わしめる的確な説明。

すごい記憶力。だけどアレンジ力ではないのよね。
ここらへンにも彼のマジメな性格が垣間見えるというか。

そして、松潤が途中少し話を見失いそうになりながらも続けられたのは、ニノの的確な合いの手と補足があったからだと思われるー。そういうことができるのもまた、彼だけだよね。

そのニ宮さんも、【居酒屋トーク】では見事な“哀の3”を披露していました!

この人、人のフォローも上手いけど、しゃべらせてもホント上手いと思う。涼しい顔でやってのけちゃうけど、きっと頭はすごい速さで回転してる。それを表に見せない人。

そして最後に、そんなこんなを段取りして、どの課題を誰に振るかも恐らくちゃんと考えて練ってきたであろう千原アニキの話術はやっぱりすごかった。

どの道もそうだけど、プロというのは人の見えないところでものすごく努力を重ねているんだなと思いました・・・。

« 鍋パ | トップページ | 2011年の1本目  »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

おっつ!なぜにこんな時間にらこさまsandclock
ふとんから投稿ですよね?
大丈夫ですよね??

そうそう。にのみあ氏の発言補足
ありがとうございました(ぺこ)
野球オンチの私には
コメント拾えず・・・baseball
しかし
みんないい仕事してましたhappy02

ケータイより投稿w
あ、今までもケータイからしてたよ。

櫻井氏と松潤、そしてサラッと流れたけど二宮氏。
あの回のスゴい人たちでした。
そりゃあ、ジュニアさんだってすごいよ、
だってプロだから改めて言うのもなんだけどさぁ(って二宮氏風に)。
あの切羽詰まった空気で「なで肩」エピソードを繰り出す櫻井翔の脳内。
あと、ももさまご指摘のとおり、
アレンジこそなかったけれど忠実に再現しようとする松本潤の確かな記憶力。
&「ダブルスチールね」とナイスアシストする、我らが柴犬アイズ・二宮和也。
「オレ、ドライヤー買うわ!」も、起立時にピンマイク落とすのも忘れてましたわ。
「ぜんぜんおもしろくなくてOK」が、ぜんぜんおもしろくてみしろOKでした、よね!
(あのカンペは保険ですw)

あ、このコメントも30秒にまとまらなかったですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109163/50731583

この記事へのトラックバック一覧です: 嵐を堪能しやがれ:

« 鍋パ | トップページ | 2011年の1本目  »