2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

発掘はコチラ

  • カスタム検索

« VSにおける山のふたり | トップページ | クリスマスリースと閉店セール »

ハリーポッターと死の秘宝part1

これが最終章のpart1だと思うと、見たいような、見たくないような、フクザツな気持ち。

でも、原作本でも思ったように、やっぱりハリーたち映画キャストを最後まで見届けたい!

というわけで、ようやく観て来ました!!『ハリーポッターと死の秘宝part1』。

オープニングは私の大好きなオルゴールの音楽で始まります。シリーズ全作を通して流れるテーマ。

でもそのフレーズは一瞬だけで、すぐに音楽は取って代わり、画面はダークに。

シリーズ史上いちばん大変なラストを映画化するわけだから仕方のないこととは言え、笑える場面が少なくて、辛かったsweat01 

いつも絶対何かやらかしてくれるロンが、最もダークな部分を見せなければならかったし。

ロンとハリーが対立して、ロンが去ってしまうシーン。

その後のハーマイオニーが痛々しくて。移動を続けなければならない2人が、ロンと3人でいた場所を立ち去る時、そこにあった木にマフラーを巻いていくハーマイオニー。

次にたどりついた先で、ハーマイオニーは崩折れ、膝に顔をうずめてしまいます。

もうこれで、ロンは、自分たちがどこにいるかを知ることはできない・・・。

そんな彼女の周りを保護呪文をかけながら、守っていくハリー。

この役目は、いつもハーマイオニーが率先してやっていたこと。

それすらできないほど打ちひしがれた彼女を、ハリーもまた黙って見守ります。

ここだけじゃなく、他に数箇所しかチャンスはなかったけれど、ロンとハーマイオニー2人のheart02培ってきた気持ちを、少ないシーンでよく演じていたなと思いました。

ハリーは今回、あまり見せ場がなかったように思います。

彼にはpart2での大役が控えているので、このくらいでいいのかもしれませんが。

とにかくあの膨大な原作のどこを使うか、どこを削るかだけでも大変なことですよね。

1シーンで多くの情報を盛り込んで、よくつないであったなぁという感じ。

登場回数は少なくてもほぼフルキャストの騎士団メンバーや、死喰い人メンバー。

死んじゃっても外せないダンブルドア。

懐かしい顔がチラリチラリと登場するたび、うれしいけれど、演じる方は断片的で大変だろうと思いました。

個人的には、ダドリーが最後にハリーに言ったセリフや、ルーピンがシリウスの家にやって来て、ハリーと言い争うシーン、クリーチャーがだんだんハリーに心を開いていくところなんかも映像で見たかった気がするけど、全体的に見ればやっぱりそこは削らざるを得なかったのだろうと思うので。

でも、できればもう1回は見たいです、part1。こまかいところを重点的に。

« VSにおける山のふたり | トップページ | クリスマスリースと閉店セール »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109163/50280746

この記事へのトラックバック一覧です: ハリーポッターと死の秘宝part1:

« VSにおける山のふたり | トップページ | クリスマスリースと閉店セール »