2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

発掘はコチラ

  • カスタム検索

« 今回のみっけもん | トップページ | 千葉をしょってる男 »

Mステ☆嵐Dear Snow

本日嵐さんのMステ披露は、10月発売の新曲「Dear Snow」。

にのみあさんの主演映画『大奥』の主題歌です。

にのみあさんのソロからはじまって、リーダーがつなぎ、相葉・櫻井・松本が3人で歌う。

次に早くもサビに入るのですが、そこに至るまでの一連の流れがきれいです。

特にニノからリーダーへ、1フレずつつないでいくところ。

この2人、話す時の声は全然違うのに、歌うと時々どっちかわからなくなることが。

どちらものびやかな高音を持っているけど、ニノは少し繊細だったり、時に無邪気だったり、少し乾いたザラツキみたいなものを出したりする一方で、リーダーは底に一本、揺るぎない芯をいつも持っているような。

その違いが声を合わせた時になじむというか、不思議な同質感をもって表現されてくるんだけど。

その後につづく3人は、今回どちらかといえば低音部。

ひとりひとり声がちゃんと聞き分けられるけど、合わせると深みのでるところがおもしろい。

 抱えきれない 痛みを押しころせば 届かぬ想い 募るだけ

このフレーズ、ずっとユニゾンで歌って、最後の【募るだけ】のみハモるなんて!

やってくれるな、ゾクゾクするョ。

そしてサビ明け大野ソロから、櫻井相葉松本、+リーダー4人で歌った後の二宮ソロ。

 あなたが望むなら この身を捧げよう

ここらへンは、映画『大奥』の世界とリンクする部分でもあるんだろうな。

彼がどんな水野を演じているのか、早く映画を観たくなっちゃいました。

ところで今回はニノ主演の主題歌だから、彼がセンターかと思っていたけど、実際には、左から松本・相葉・櫻井・二宮・大野のストレートラインでしたね。

歌のパート割りが大宮2人と残り3人てのが多いから、こうなったのかもしれませんが。

たとえば潤くんだと、わかりやすくセンターでパフォーマンスする方が合っているけど、二宮さんはどこにいても、ちゃんとその位置から彼らしい存在感を放つ気がする。

強烈じゃなく、さりげないのに、どうしたってみえてしまうような。

« 今回のみっけもん | トップページ | 千葉をしょってる男 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

え!スピッツってshineビジュアル担当shineがいるんですか!
ま、負けた。嵐<スピッツ。
この方もいろんな意味で
センターじゃなくてよい人なのね☆
というか、この方がセンターだと
ド真ん中に目が行き過ぎて
歌がおろそかになりそう・・・。
ボーカルの方が真ん中でよかった^^。

あ、スピッツのビジュアル担当ですねw
ははは、気になってしまわれたー。

あの方は三輪テツヤさん。
ききてつ。ではテッちゃんと呼んでる。
ギター担当で、あの見かけとはうらはらに、
とてもオーソドックスで、しかも繊細なアルペジオを奏でる方。
わかりやすい例では「ロビンソン」のアルペジオ。
ステージ衣装も自分で縫っちゃうのねん☆

けっして、「隣のバンドの人」ではないのでwww
あとの3人がいたってノーマルなもので。

そっかー。
大宮はド真ん中じゃなくてもいいわけか。
(激しく納得)
てことは、ド真ん中にいきやすいお2人は・・・。
そして、どっちにも登場しないあとお1人は・・・。
わはは。

スピッツといえば
前髪がツララのように長くて、後ろは刈上げ風の方が
ものすごく気になりました。
歌を聴きながら、その方がちょっとでも映るとガン見eye

大宮最高!
…ってとこしか覚えておりません。
(あと、スピッツ)

いい歌だったのは確かです(覚えてるじゃないの)。
二宮さんとか大野さんって人は、
わざわざセンターに来て歌わなくても、
あ、あの人上手だ…と思わせるモノを持ってるから、
もうそれだけで存在感出てますもんね。
(それに対してど真ん中にいきやすいのが翔潤か)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109163/49619997

この記事へのトラックバック一覧です: Mステ☆嵐Dear Snow:

« 今回のみっけもん | トップページ | 千葉をしょってる男 »