2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

発掘はコチラ

  • カスタム検索

« いっぽ | トップページ | 龍銅銀絲 »

いよいよ佳境に

起承転結でいうところの、長い蜜月のような「承」の期間を経て、前巻で怒涛の「転」が始まり、動くだけ動いてぷつりと途切れていた「桜蘭高校ホスト部」。

Rimg2575 17巻では、いよいよ「結」に向けて環の家族の物語が大きく動き出しました!

ホスト部解散。仕組まれた祖母の失脚。その裏には、環の父・譲の、家族への強い願いが込められていました。

けれどそれは、祖母も環も同じ。どこかでかけ違ってしまったそれぞれの思い。

お互い一歩も動けない、そんな状況に、風穴を開けたのはハルヒでした。

そこからホスト部だけじゃなく、桜蘭の生徒たち、卒業しちゃった先輩たちを巻き込んでの大騒動が起こるのです。

その起点となっているのは、みんなの環への思い。

環という名まえは、「全てにおいて環(わ)を成すように」という願いをこめて、譲パパがつけてくれたんだそうです。

この人の目指す環(わ)は、揺るぎなく、大きくて、やさしい。そしてなにより信じてる。

自分を、人を、かかわることのすべてを。

起点にいるのは、環先輩なんだよね。この人のために何かしたいと思わせる。

その気持ちをありがたく頂戴して、みんなの気持ちを束ねていく。

最終盤でのホスト部キング☆須王環の復活が、泣けそうにうれしかったー♪

(バカ復活でもあるけれど)

そして、本誌LaLaでも次はいよいよ最終回の模様。

読みたいけれど、知りたくない。来月が待ち遠しいけど、来るのがコワイ。

その日まで、1巻から何度も読み返しちゃうんだろうなぁ・・・。私。

きっと最終話を読んだ後も。

« いっぽ | トップページ | 龍銅銀絲 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109163/49353637

この記事へのトラックバック一覧です: いよいよ佳境に:

« いっぽ | トップページ | 龍銅銀絲 »