2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

発掘はコチラ

  • カスタム検索

« つぼみとミュゼの建物 | トップページ | 夏の恋は虹色に輝く☆のか?第3話 »

麩久箱膳

お昼ごはんは不室屋へ。

お麩が大好き(特に生麩)。それと金沢のお料理、治部煮も食べてみたかったのだ。

一緒に行ったFが予約を取ってくれて、金沢に着いてすぐ、いただくことができました。

葉月の献立は以下のとおり。

Rimg2531_4 <蓋裏膳> 

ゆば夏野菜黄味辛子かけ

    ゆば フルーツトマト オクラ 焼き椎茸

丁子麩 枝豆 子うるか和え

箱膳というのが実に機能的。

この中に全部モノが入るので持ち運びに便利。(今回のは無理だけど)

Rimg2533 <麩久箱>

麩そうめん じゅん菜  生昆布〆 納豆昆布のせ 揚げもろこし 海老手まり寿司 

小茄子田楽けしの実 酢取り茗荷 鮎一夜干し 青楓麩 つくね麩 山桃

こういう小さな器は、こういう処でしか楽しめないね。

そして楽しみにしていた治部煮は、蓋を開けるとまず牛蒡のいい香が。

Rimg2534

<煮物>

治部煮 南瓜 巻ゆば すだれ麩 市姫麩 新牛蒡 どんこ椎茸 鳥肉 千石豆 細工麩  山葵

これに、ご飯と加賀味噌仕立の汁、香の物がつきます。

ひとつひとつが美味しい。丁寧です。

そしてさすがは加賀麩のお店。お麩にもさまざまな種類が。季節にあわせた小さなお麩の数々を見ていると、もうこれは食べる芸術品だと思います。

********************

茶寮不室屋
石川県金沢市尾張町2丁目3番1号 
(076)224-2886

« つぼみとミュゼの建物 | トップページ | 夏の恋は虹色に輝く☆のか?第3話 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109163/49043772

この記事へのトラックバック一覧です: 麩久箱膳:

« つぼみとミュゼの建物 | トップページ | 夏の恋は虹色に輝く☆のか?第3話 »