2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

発掘はコチラ

  • カスタム検索

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

夏の恋は虹色にさよなら☆第7話

「なんであんなことしちゃったんだよー・・・・、あーもう!」

ブツブツ言いつつ、ベッドでクッション抱えてゴロゴロしている大雅。

「このめくるめく想い・・・そうか!これが恋なのか!オレはなぜ今まで気づかなかったんだ!」Rimg2574

激しく誰かを彷彿とさせる、このセリフ。ビジュアル・・・。

ふと思いついてパラパラめくってみたら、ありましたよ、こんな場面が@「桜蘭高校ホスト部」:環先輩(笑)→→→

大雅くんのあの長セリフは、完璧少女マンガの世界ですね。

そして松本潤がありえない世界の人物を演じると、ありえないなりにリアルに見えるのはなぜなんでしょう。

でも、今回いちばんツボだったのは、桜ちゃんがわざわざ持ってきてくれた真智子ママと大雅の温泉旅行についての投稿記事を読む場面。

好意的な内容に、ふいに後ろを向く大雅。

「泣いてないって」と手で演技していた松本くんが、なんだかとってもかわいらしい。

7話は大雅のいろんな面が見えて、あと3話で終わってしまうのがもったいないなと、真剣に思いました・・・。

ポルコ西へ

今日でいったんお義母さんは自宅へ、息子も下宿に戻ることに。Rimg2572_2

慌しくも充実した8月でした。

写真は息子が自分の下宿用に買って行ったポルコ・ロッソ。
(ジブリ作品『紅の豚』主人公)

あまりのしぶカワheart01ぶりに、思わずパチリcamerathunder

ぬいぐるみを買うという行為自体は非常に意外でしたが、それがポルコであったことには、納得できる気が・・・。

しかし、ぬいぐるみ・・・・・( ´艸`)プププ。

マネキンファイブ特別編☆第2弾☆ラッピングトレーラーふたたび

たぶんこれは、松本潤の27歳の誕生日を祝って、特別に企画されたに違いない!

あるいは、松本潤がこの夏、ドラマ「夏の恋は虹色に輝く」でがんばっているご褒美ではなかろうか?

Rimg2567_3 てゆーか、そーゆーことにしといて ~ sweat01 

8月27日から一週間、またまた松本潤くんのラッピングトレーラーが走るのです・・・busdashdashdash わはは。

続きを読む "マネキンファイブ特別編☆第2弾☆ラッピングトレーラーふたたび" »

全日程終了

27日の盆踊りが終わり(嵐下敷き、ダントツ人気!)28・29日と、首を長くして待ち構えていたじいちゃん&ばあちゃん家に息子を連れて行き、これでようやく8月の全日程が終了いたしました。

いやはや、ハードであった・・・sweat02

息子の2週間の滞在中、彼自身、地元の友だちと会うのに忙しくて家を空けることが多かったんだけど、その合間を縫って、お墓参りに行ったり、おばちゃんや、じいちゃん&ばあちゃんにも引っ張りだこにされながらそれぞれのお務めを果たしていました。

息子がいると実家に行くのもヒジョーに楽です。

なんてったって、お酒が入るとさらに理屈っぽくなる父の長くて面倒くさい話も引き受けてくれるし、なんでも気持ちよく、たくさん食べてくれると母もご機嫌だし。

娘より待ち望まれているのも、分かる気がする。(←ここは残念がるところ?)

しかし、本当に驚いたのは、夫が9月に有休を取ったことです!

働き始めて27年。彼が自分から有休を取るなんて、いまだかつてなかったこと。

それもこれも、息子と過ごしたいからという、今までの彼を知る人ならまったくもって信じられない理由で5日も連休を取るなんて、、、、!!(゚ロ゚屮)屮!!!

というわけで、9月、息子はまたまた戻ってくるハメになったのですが、ここから先は、その気持ちに免じて、私が夫のためにお膳立てしましょうかね。

怒りのエネルギー

Rimg2564 8月25日にNo.83が終わって、そのまま突き動かされるように次のボトルを選びました。

稀に見る、赤々としたボトルです。

そして選んでみて、わかった。どうやら私、怒っていたみたい。

怒りのエネルギーって、あまりよく思われないかもしれないけれど、私にとって“怒り”は、行動の原動力になることが多くて、どちらかというとプラスなイメージです。

怒りが憎しみに変わっちゃうのはどうかと思うけど、健全な怒りってのはアリだと思う。

私にとって、一番わかりやすいのは仕事かもしれません。

どうしてその人に責任がないことで、社会的不利益を被らないといけないのか。

どうしてマジメにがんばっている人が、泣き寝入りしなきゃならないのか。

誰にでも起こりうる、だからこそ、いま目の前に起こっていることが人ごとじゃなくて。

緊急事態に対処しうる社会的制度は不十分ではあるけれど、少なくとも運用する側のせいで利用できないなんてことはなしにしたい。

運用に人間的な弾力性がほしい。

人のことなら、怒ってでも、その人の意志や人間性や感情を守ろうとするのに、自分のことはどうだったんだろう。

気持ちの整理がつかなかったのは、たぶん傷ついていたから。

怒ることは自分を守ってあげることだった。

なのに。

Mラバ☆真夏の嵐スペシャル

連日6時起き、22時帰宅の眠い目をこすりつつ、録画ができない一発勝負ゆえ、これだけはリアルタイムで観た「Music Lovers☆真夏の嵐スペシャル」(8月22日放送)。

今回の注目は、なんといっても男限定ライブでしょうsign03(キッパリ)

 松本「準備はいいかー!? 準備はいいかーっ!! 盛~り上がって 行こうぜーpunch

 会場「うおーっpunch

・・・の声が、野太い。潤くん含め(笑)。しかし、どんな盛り上がりになるんだ?

続きを読む "Mラバ☆真夏の嵐スペシャル" »

No.83終了

振り返ってみると、今年の最大パワー周期のほとんどが、このボトルと一緒でした。

そして72の天使のコース最終日の8月23日は、最大パワー周期の最後の日でもあって。

この日の朝、もう残り少なくなったNo.83を見ていたら、このコースに参加したこと自体が、私のゴールドとターコイズにかかわる大切な時間だったと思えてきました。

あの4日間は、期せずして2006年からの4年間を振り返る期間となりました。

この4年間で、私が望んだこと、やってきたことを、いま、やろうとしている人がいる。

その人の熱意ややる気に触れて、その頃の自分を思い出したり、自分が今いる地点や、これからどこへ歩こうとしているのかが、見えてきました。

時間が経過したからこそ確認できることもあるんだね。

久しぶりの再会も、とてもうれしかったし、感慨深かった・・・。

けれどこの日は、精神的にちょっと凹むこともあって、それが整理できないまま自宅に帰り着きました。

そして何げなくNo.83のとなりにあったボトルペンダントを見て、目が点に。

Rimg2562_3 ←色が抜けて、クリアになってるよ・・・。

Pic00353_1_4←2007年当時はこんなだった。

右端のペールブルー/ペールイエローが、そうなんだけど。

そしてこの後、じわじわと衝撃がやって来るのですが、その話はまた。

往復の至福

4日間のコース中、片道約3時間の往復は至福の時間でありました。

森博嗣さんのS&Mシリーズ8作目「今はもうない」、同じく9作目「数奇にして模型」

ロバート・A・ ハインライン「夏への扉」

512paybjaxl 51gq9gr4c7l商品の詳細

そして嵐のNew Album『僕の見ている風景』Disc1&2。

これだけ集中して本を読むのも、誰にも気兼ねせずに音楽を聴くのも、久しぶりです。

息子が帰ってきたので、読む本がいっきに増えたのもうれしいかぎり。

お互い読んだ本を交換しあって、感想を言いあうのが楽しかったんだ。

今年の3月までは、当たり前のようにあった日常の風景。

忘れていたな、こういう楽しさ。

72 Angels of the Kabbrah

8月20日からの4日間、伊勢のコースに参加してきました。

会場のまん中に、72の天使をあらわすボトルたち。

1日目は外側の円周に沿って72人の天使のボトルたちが並んでいたのですが、2日目にはその内側にペンダントサイズの72人のボトルが並び、3日目にはその間に72の天使のカードが並べられて、もう、日を追うごとにパワフルになっていくという(笑)

会場がどんどん熱くなっていくのは、けっして真夏の暑さばかりではなく、この場のエネルギーがすごかったんだと思うんだよね。

そして、これがまた、ものすごくキレイなのだ・・・shine(写真は1日目の夕暮れ)

Rimg2552_2 8月20日はヴィッキー(オーラソーマの創始者)のお誕生日。なのでこの日は、ヴィッキーと彼女のボトルも一緒。

続きを読む "72 Angels of the Kabbrah" »

夏の恋は虹色のキス☆第6話

最終盤のシーンを何度も見返してしまいます・・・。

いなくなってほしいと言いつつ、いなくなったら嫌だという詩織さんに、大雅がたまらずキスしてしまう。

このシ-ン、台本には、たぶんほんの短い説明しか書いてないんじゃないかと思う。

こまかい点をどうするかは、大雅である松本潤くんに任されていたのではないかと思う。

だってねー、そこらへんは四の五の言っても最終的には2人の呼吸というか、フィーリングだろう(笑

とにかくセリフのないあの瞬間に、息をとめてしまう。

詩織さんを見つめるあの目に、詩織さんの肩を引き寄せるあの手に、

言葉以上の気持ちが伝わってくる。

現場にいたら卒倒しそう・・・。画面越しでも、こんなにドキドキしちゃうのに。

好きな人とキスするなんて、誰にとっても、絶対ステキな瞬間に決まってる。

だけど、そういう個人的な体験を超えて、あんな雰囲気をつくれるなんて。

はぁ・・・・。書いてるだけでドキドキしちゃうよ・・・。

失意のWiiパーティ 

Rimg2550_3                  ↑お友だちがもらってきてくれました。

実写の嵐5人もちゃんと載ってる任天堂パンフ。それはうれしい!だが・・・

嵐のコンサートは全滅でしたsweat02 はぁ・・・。 

それにしてもこの櫻井くんの口、先日のMステでぴょんぴょん跳んでた時と同じだね。

夏の恋は虹色に向かいたくて☆第5話

ボディブローのようにじわじわと・・・。

冒頭の回想シーンを詩織さんと一緒に思い出しつつ、ようやく、大雅くんの気持ちと言動がひとつに撚られてきたような。

われながら、詩織さんに匹敵するニブさだがーsweat02

続きを読む "夏の恋は虹色に向かいたくて☆第5話" »

気持ちにフィットするボトル

お友だちのブログで、オーラソーマ辞書なるものが紹介されていて、早速行ってみました。

あれ?ここ、よくお世話になる和尚アートユニティさんのオ-ラソーマ総合情報サイトだ。

「気持ちにフィットする言葉でボトルを選んでみましょう」と書いてあります。

いちばん上のあ行から、目についた文章をクリックしてみると・・・

               こんなボトルが現れました

これ、こないだ選んだ4本セレクトの1本目のボトルだよ・・・sweat02Rimg2517

ちなみに選んだ言葉は、「曖昧状態から抜け出す」。

自分で選んだ時には、こんなこと微塵も思っていませんでした。

こんな作業をコツコツ積み重ねてカタチにするだけじゃなく、誰もが利用できるようフリーでシェアしてくれるなんて、スゴイshine

少し理解しにくい言葉もあるけど、もっと身近な言葉でこのサイトがますます充実発展していくといいなぁと思いました。

教えてくれたChiyoちゃん、シェアしてくれたみなさん、ありがとうございます。

嵐のしやがれシアター

今回のアニキゲストはおすピーさん☆ もう、企画が最高ですheart02 

 ピーコさんプロデュース、嵐のファッションしやがれ。

 おすぎさんプロデュース、嵐のしやがれシアター。

↑これ、絶対潤くんの目が輝くよねshineと思っていたら、カメラさんがバッチリとらえてくれてました(*^ー゚)bグッジョブ!!

続きを読む "嵐のしやがれシアター" »

してあげたいと思わせやがれ

おすぎさんとピーコさんて、大人だ・・・。ちゃんと生きて、ちゃんと年を重ねてきた大人。

いまの日本、とりあえず年だけ取ってしまった大人はいっぱいいるけど、重ねた年なりに自分ができることをして、自分以外の人にも人としてちゃんと気配りができる、そういう大人は、あんまりいないと思うんだ。

おすぎさんとピーコさんを見てたら、久々に、こういう大人になりたいなって思いました。

そんな大人のふたりから見た嵐さんは、この人に何かしてあげたいと思わせる人たちなんでしょうね。

続きを読む "してあげたいと思わせやがれ" »

Mステ☆嵐Movin'on & Troublemaker

ヒジョーにタイミング悪く、ちょうど嵐が登場したその瞬間に息子が帰って来てしまい、歌もトークも嵐と息子がグチャグチャ状態で頭に録画されてしまったみたい。

それだけどっちも嬉しかったんだけど、嵐のトーク部分が完璧、飛んでしまってるわー。

でも、ライブ部分はかろうじて、ビデオが録画してくれていました。

いや~コレ。2曲とおしで、山のふたりにホレ直してしまいました・・・。

続きを読む "Mステ☆嵐Movin'on & Troublemaker" »

帰ってきました!

台風の北上とともに、5ヶ月ぶりに息子が帰って来ました!

7月に入った頃から、実家や義姉や職場の人から「いつ帰って来るんだ?」と何度も聞かれ、まったくもってメンドくさい毎日を送っていたのですが、今週はじめに「帰る」メールが届いてからは、「何日だ?」「何時だ?」とさらにメンドくさいことに・・・。

自分で聞けよ!と思うものの、しつこく聞いて嫌われたくない人から、メールができない人、果ては携帯すら持ってない人たちなので、仕方なく、中継するハメにsweat02

そんなドタバタをよそに、本人は、青春18切符で途中下車の旅を楽しんで来た様子。

「帰って来たよ~♪」メールを一斉送信したら、今度は「いつ遊びに来るんだ?」の嵐がcoldsweats01

「・・・いいなぁ、アイツ。こんなに待ち望まれて。」と、夫がポツリ。

うん。ホントに。ありがたいことです。

でも、私も、話したいこと、いっぱいある~ッ♪

テンションの上がる景品

毎年恒例盆踊りの準備が始まりました(注:仕事です)。

ゲームコーナーを担当するのですが、ゾクゾクと集まってくる景品の中に、ひときわテンションの上がるものがっ!

100813_09160100012 毎年恒例アイドル下敷き、今年は嵐とAKB48。

AKBはどーでもいーが、この下敷き、かなりヤル気でるよ~impact

えへへ。5束あるうちのひとつをコッソリ隠し撮り~camera 役得♪役得♪

←誰だか、もちろんわかるよね?

昨年までは、Hey!Say!JUMPだったりNewsだったり、関ジャニ∞だったり、KAT-TUNだったり

「これ、誰~?」とか聞かれても部分的にしか答えられなかったけど、今年はバッチリ任せてちょうだい!全部完璧答えてあげよう!

中身は黒いビニールに包まれてるから、どれが誰だか全然わかんないけどねー。

参加

今週届いた手紙にある修了書が同封されていて、その記載日が2010年7月26日になっているのを見た時、閉じていたダンボールの蓋が、またちょっと開いてしまった気がした。

少し前に動きたいことがあって、それがダメだとわかった時、使っていたものひとまず全部、ダンボールに詰めて置いてあったんだ。

だけどそれじゃダメなんだよね。中途半端にただ置いとくしかできないなんて。Zen042participation

←そんな時やってきたのがこのカード。Participation(参加)

そのエネルギー・フィールドでは、統合され活気に満ちた全体を創造するために、サークルの一端を担っている個人全員がそれぞれ独自な貢献をしています。それは、花の各部分を合わせたよりも花全体のほうがさらに美しいと同時に、個々の花びらの美しさをも強めている、そういう花に似ています。

これ、今使っているNo.83の第一印象で感じたことと同じ。

続きを読む "参加" »

僕の見ている風景(ようやく!)

巷ではとうの昔に発売されてる嵐のNewアルバム『僕の見ている風景』が、ようやくやって来ました~happy02heart04

・・・実は、予約しそびれたんだよねsweat02 『5×10』の時もそうなんだけど。

「今どき、嵐が予約しないで買えるわけないじゃん!」と、ファンでもない息子に呆れられていたにもかかわらず、同じ轍をまたまた踏んでいるというボンヤリさん・・・。

続きを読む "僕の見ている風景(ようやく!)" »

スマスマ×マッキー

マッキーが出るというので、久々にスマスマを観ることに!

ビストロのお客様にもかかわらず、ここはやっぱり歌わされるハメになるんだな(笑)

続きを読む "スマスマ×マッキー" »

夏の恋は虹色に切ない☆第4話

第4話は・・・切なかった。

8年前のボリビア大地震のニュースを観て詩織さんが、屋上へ行ってしまうシーン。

追いかける大雅。

「一人にして」と言って泣く詩織さんをほかっとけなくて、思わず抱きしめてしまう。

続きを読む "夏の恋は虹色に切ない☆第4話" »

生物と無生物のあいだ

この本を読むことになったのは、完璧【帯】のせいです。

Rimg2542

じゃなけりゃ、こんな理系な本を手に取ることはなかったろうから。

最初はこの“いかにも”な装丁がちょっとばかり胡散臭かったんだけど、読み終わった今は、これもアリだねと思うようになりました。Rimg2544

だって帯を外しちゃったら、絶対素通りだもん。→

中身で勝負ってのは大切だけど、その中身にたどりつくための工夫も大切なのねって、あらためて思いました・・・。

それから 「生命とは動的平衡(dynamic equilibrium)にある流れである」

この言葉にも発見が・・・!  (←ここは後ほど)

続きを読む "生物と無生物のあいだ" »

ひみつのエージェントは誰だ?

「嵐ちゃん」に久々の新企画、【イッパツギャンブラー嵐】というコーナーが!

内容は(比較的)地味でしたが、これが存外ツボでしてー。

続きを読む "ひみつのエージェントは誰だ?" »

Rimg2538 金沢で見つけたステキなものは、LINEという雑貨屋さんで買った枡(ます)。

お米を計る時、家では炊飯器に付いていたプラスチックの計量カップを使うのですが、これがなんとも味気ないなと思っていたのだ。

ショップには0,5合、1合、2合と3種類の枡がありましたが、私は1合枡を買いました。

くるみ材のやさしい手触りが、なんとも言えずステキです。

お米を量るのが楽しくなりそう♪

ミュージアムリンク・パス

21世紀美術館でミュージアムリンク・パスを発行してもらいました。Opening_img_01_2

       金沢 21世紀美術館 :http://www.kanazawa21.jp/

            updown 

       東京 森美術館 :http://www.mori.art.museum/

            updown

       香川 直島 地中美術館 :http://www.chichu.jp/j/

たまたまた3つとも行きたい美術館だったので、もらってきちゃいました♪

2館目からは入館料が割引になり、1館目のスタンプをもらってから一年以内に全館制覇するとオリジナルグッズがもらえるそうです。

Rimg2540_2_2グッズはまぁ、どちらでもよいのです。でも、東京は別として、直島はカンタンに行けるとこじゃないので、こんなのも行く動機のひとつになればいいなと思って^^。

今年は瀬戸内国際芸術祭もやってることだし、ぜひ、行ってみたいなぁ。

夏の恋は虹色に輝く☆のか?第3話

一目ボレに理由を求めること自体間違ってるのかもしれないけれどー。

続きを読む "夏の恋は虹色に輝く☆のか?第3話" »

麩久箱膳

お昼ごはんは不室屋へ。

お麩が大好き(特に生麩)。それと金沢のお料理、治部煮も食べてみたかったのだ。

一緒に行ったFが予約を取ってくれて、金沢に着いてすぐ、いただくことができました。

葉月の献立は以下のとおり。

Rimg2531_4 <蓋裏膳> 

ゆば夏野菜黄味辛子かけ

    ゆば フルーツトマト オクラ 焼き椎茸

丁子麩 枝豆 子うるか和え

箱膳というのが実に機能的。

この中に全部モノが入るので持ち運びに便利。(今回のは無理だけど)

Rimg2533 <麩久箱>

麩そうめん じゅん菜  生昆布〆 納豆昆布のせ 揚げもろこし 海老手まり寿司 

小茄子田楽けしの実 酢取り茗荷 鮎一夜干し 青楓麩 つくね麩 山桃

こういう小さな器は、こういう処でしか楽しめないね。

そして楽しみにしていた治部煮は、蓋を開けるとまず牛蒡のいい香が。

Rimg2534

<煮物>

治部煮 南瓜 巻ゆば すだれ麩 市姫麩 新牛蒡 どんこ椎茸 鳥肉 千石豆 細工麩  山葵

これに、ご飯と加賀味噌仕立の汁、香の物がつきます。

ひとつひとつが美味しい。丁寧です。

そしてさすがは加賀麩のお店。お麩にもさまざまな種類が。季節にあわせた小さなお麩の数々を見ていると、もうこれは食べる芸術品だと思います。

********************

茶寮不室屋
石川県金沢市尾張町2丁目3番1号 
(076)224-2886

つぼみとミュゼの建物

金沢でもうひとつ食べたいものがありました。

21世紀美術館の柿木畠口から徒歩1分。つぼみという甘味屋さんです。

食べた本葛餅と加賀棒茶もおいしかったのですが、ロケーションがとってもよかった。

店の窓から見える金沢城の石垣と、辰巳用水の借景が、ものすごーく涼やか。

そしてトイレは、この景色の中へいったん外へ出るんだよ~。ステキ♪

こんな思いっきり和の世界にひたった後、建物を出てふと上を見上げると、これまたテイストの違う窓が並んでいます。

どうやらギャラリーになってるらしく、覗いてみることに・・・。Rimg2536

すると、2階はカフェ&ギャラリー musse(ミュゼ)

こちらは、一転して洋の世界なのですが、窓から見える緑がやっぱり涼やか。

でも同じ緑でも、こちらは石垣や井戸といった和の要素がうつりこまず、植物の緑だけだから、カフェテーブルやイスと相まって洋の世界になるのね。

+ギャラリー部分の窓のスペースがすごくステキだった。

いいなぁ。こんなところを使いたいなぁ・・・。

********************

つぼみ
石川県金沢市柿木畠3ー1 
(076)232-3388

musse(ミュゼ)
住所同上:2F
(076)263-1187

森の奥の水のほとり

金沢の21世紀美術館で開催中の「ヤン・ファーブル×舟越桂 Alternative Humanities - 新たなる精神のかたち」。Rimg2539_2

今回のタイトルは、舟越桂さんの作品からです。

この一体だけ、白い部屋にひとり。

入り口の切り取られた四角から、この作品を観た時の衝撃的な美しさが忘れられなくて。

ここだけ時が止まりました。通り過ぎる人も、音も。

朝5時起きの寝不足も、外の暑さも、反対に屋内の冷房の寒さも、移動のせわしなさすら、一瞬どっかへ行ってしまったかのように。

今回、舟越さんの展示には、囲いや仕切りといった制限がほとんどありませんでした。

そのため、作品をものすごく近くで観ることができます。触っちゃいけないけど、ほんとに触ろうと思えば触れるくらいの距離からでも。前からだけじゃなく、横から、後ろから、全方向から観ることもできます。

できることなら触りたいくらい・・・。木を彫っているとは思えないくらいに、やわらかで肉感的な曲線部分と、木質の硬さ、ノミ(?)をあてた部分をわざと残してある木を感じさせる部分。どちらも美しい。

舟越さんの作品、ステキでした。

もうひとりのヤン・ファーブルさんは、骨や昆虫を大量に使って作り上げた作品が多くて、近くに寄れる分、・・・気持ち悪かった・・・。デス。

書いてるだけで、体がかゆくなってくる!ちょっと私には堪能できかねる世界でした。

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »