2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

発掘はコチラ

  • カスタム検索

« 気持ちにフィットするボトル | トップページ | 失意のWiiパーティ  »

夏の恋は虹色に向かいたくて☆第5話

ボディブローのようにじわじわと・・・。

冒頭の回想シーンを詩織さんと一緒に思い出しつつ、ようやく、大雅くんの気持ちと言動がひとつに撚られてきたような。

われながら、詩織さんに匹敵するニブさだがーsweat02

今回はうれしいカットがチラホラと。

大雅くんのソムリエエプロン。(なぜ一般家庭であのエプロン?)

詩織さんの箸使いをうれしそうに見つめる、箸フェチ(?)大雅。

松本潤のお料理シーン。(ここは松本潤)

松本潤の手書き文字。(・・・だよね?)

桜ちゃんとのホン読みシーン。大雅くんの「好きだよ・・・」。(ありゃあ陥ちるだろう!)

そして大貴アニキ、やっぱ好きだわ、あの人。

でもやっぱりいちばん印象に残っているのは、最後のバスターミナルのシーン。

追いかけてきた大雅が詩織さんに言う。「このままいなくなったらどうしようって・・・」

「うそみたい。そんなこと言うためにそんなに慌てて走って来たの?」

「そうだよ」 ←この4文字にも、きゅんきゅんしたがー。

この後の松本潤の表情を、なんて表現したらいいのか・・・。

ここだけ大雅が飛んでしまった。いや、飛んだのは松本潤かもしれないけれど。

思わず息が止まってしまった。

もともと哀切さをのぞかせることができる顔の造りではあるのだ。

けどその奥に抱えている熱いものを表現するには、いままでは怒りや苛立ちを通して、どうしようもなく出てしまうようなやり方で見せてくれていたんじゃないかと思う。

演じる人物が違うと言われればそれまでだけど、こんな風に、表に確とは表さずに気持ちをまざまざと感じさせてくれる表情を見たのは、はじめてかもしれない。

大雅を見ながら、夏虹の世界にいながら、松本潤を思ってしまう。

困ったもんだ。

「もどってくる?」と聞いた大雅に、詩織さんは長いこと大雅を見つめた後で、「私、帰って来る。帰って来るね。」と言ったよね。

いままでずっとすかしたり、かわしたりしていた詩織さんが、あの瞬間、ようやくまっすぐ大雅に向き合った気がして。

さて!どうなる?! 第6話!

« 気持ちにフィットするボトル | トップページ | 失意のWiiパーティ  »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

そ、そうですねsweat02言われてみればっsweat01
どんだけ好きなんだーっ。
そこんところは、飛ばしていただいて
全然構いませんので。
ところで、本当は大貴アニキにシアワセになってもらいたいんですよね・・・。
あの人、不幸に慣れてなさそうだし。
大雅はなんだかんだ言って
結構打たれ慣れてるbleahとこもあるから。
(決して打たれ強いとは思わないけど)

すんごい見てるなぁ、ガン見だなぁ、松潤を。
さすがにそこまで好きだとそこまで見られるものなのかと思い知った記事ですw
「そうだよ」でキュンともこなかったオイラはなんなんでしょー。
非嵐さんファンの友人でさえ、「そうだよ」と「好きだよ」にはキュンキュンきたらしい。
人をシアワセにする要素がたっぷり詰まった回でしたねー大貴以外。。。

リアル松本潤のお料理シーンにはちょっとクラっとしました。
本当にふだんからやってるからか、様になっていて!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109163/49179684

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の恋は虹色に向かいたくて☆第5話:

« 気持ちにフィットするボトル | トップページ | 失意のWiiパーティ  »