2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

発掘はコチラ

  • カスタム検索

« 松本潤の切り取り方 | トップページ | 松本潤の切り撮り方 »

手紙

気づいたら、むちゃくちゃメールが入ってて。

「ビッグニュースです!」ではじまるそれには、興奮MAXの様子がありありと・・・(笑。

差出人は実家の母。狂喜乱舞の原因は、どうやら息子が初めて送った手紙のようです。

実家の父が、春から一人暮らしを始めた孫に、コツコツ手紙を書いていたのは知っていました。

だけど息子が果たして手紙を返すかどうか。

それとなく「家はいいけど、じいちゃんにはなんか言ってやってね」と言ってはみたものの、父には「忙しいから、きっと返事は来んと思うよ」と釘をさしてはおいたのです。

ありがとうと息子にメールを送ったら、「じいちゃんは携帯持ってないからサ・・・」と。

物心ついた時から、すでに携帯のある時代に生まれた息子。

自分の書いた手紙が、これほど人に待ち望まれて、何度も読み返されるなんて、想像すらしなかったでしょう。

携帯はすぐに連絡取れるし便利だけど、時間を割いて わざわざしたためた手紙をもらう嬉しさにはかなわないよね。
それが手紙なんざ書いたことのない息子が出したものなら、なおのこと。
昭和の古い人間である父にとっては、格別な意味があったと思うのです。

なにより、父に手紙を書こうと思ってくれた、息子の気持ちがうれしかった。

一通の手紙がみんなをつないでくれた、しあわせな時間。

遠く離れてみるのも ちょっとくらい不便があるのも いいもんだよなぁ、としみじみ思っちゃいました。

« 松本潤の切り取り方 | トップページ | 松本潤の切り撮り方 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

もう、コレ、じいちゃんはノックアウトですよ。
期待してなかった分、余計に。
いや~やられた(笑)。

ところで!
私が「ん?」と思ったのは別のコトでー。
それこそうっかり業務中に読んで固まった。
(なんで業務中にココに来てるんだっていうのは置いといて)

>手紙を書くのが普通の暮らしを経たワタシたち

sign02ワタシ、たち、でいいの???らこさま。
ますます深まる、らこさまの謎・・・typhoon

「じいちゃんは携帯持ってないからサ・・・」ーーーーーー!!!!!
うぅぅぅぅぅ。
これ、うっかり業務中に読んで泣きそうになった。
(なんで業務中にココ来てるんだっていうのは置いといて)

書いてみようと思った気持ちが、うれしいですっ!
しかし、そうなんですね。
手紙を書くのが普通の暮らしを経たワタシたちにはアレだけど、
携帯電話でなんでもできる世代の方々にとっての手紙ってそんななんですね。
その世代に生きながら、よし、手紙を書いてみようと思えたご子息さまに、
うれしい気持ちがいっぱいです!
(なんであーたが、とか言わないでー)

だって、いい話じゃないの^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109163/48810972

この記事へのトラックバック一覧です: 手紙:

« 松本潤の切り取り方 | トップページ | 松本潤の切り撮り方 »