2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

発掘はコチラ

  • カスタム検索

« 72の天使のコース | トップページ | ちっちゃなすぐれモノ »

同じことのいとおしさ

久々にFと会いました。

人は違うからおもしろい、と、常々思っている私が、同じことがいとおしく、うれしいと思う、唯一の相手がFです。(*今のところ)

なにかもすべてが同じというわけじゃなく。(あたりまえだ) 全然違うところもたくさんある。

じゃ、何が他の人と違うのか?

それは、「ここ」っていう感覚なんだろうなぁ。(なんじゃそりゃ)

私は自分の好きなものコトを(面と向かって)人に主張するのが苦手です。

自分が好きだからといって、相手もそれが好きとは限らないし。相手がそれを好きじゃなかったら、なんか自分の好きもちょっぴり否定されちゃう感じがするし(実際にはそんなことないんだけど)。

だから自分の好きなものコトは、自分だけでひっそりと楽しんでいることが多いの。

でも、Fには、なぜか無防備にそれが言えてしまう。

そして、驚くことに、たいてい、私が感じたことと同じようなこたえが返ってくる。

たとえば、一緒に食べたキッシュの味。キッシュを出す店はたくさんあれど、あの店のあの味が好き。どこら辺が好きかも同じ。

たとえば、インテリアの話。シンプルでナチュラルで、飾り気のないものが好き。その度合いを測ると、いろんなものを例にあげて、そぎ落としていった落下点が同じだったりする。

時々、彼女が勝手に見積もって、送りつけてくれる雑貨は、私の用途も好みも聞きもしないのに、絶対外しがない。

そして今日。久々に会った彼女に、ふと思いついて金沢に行こうと誘ってみました。

8月いっぱい、21世紀美術館で開催されているヤン・ファーブルと舟越桂さんの展覧会。
ものすごく好きとか、このお二人をよく知ってるとかじゃなく、なんとなーく覗いてみたくて。

彼女が好きかどうかもお構いなく、本当にふと思いついて口に出してみたんだけど、そしたらその展覧会を見たくて、彼女はちょっと前に金沢に行ってたのね。でもちょうど入れ替えの時期で見れなかったんだ、って。

どうしても見たいわけじゃないし、8月いっぱいまでだし、どうしようかなと思っていたら、今日私からその話が出てびっくりしたと言ってました。

そう。いつもこんなことがあって。そのたび驚くことになる(笑)

自分と違う肉体と精神と感情をもっていて、それでもこんな風に同じことがある不思議。

そんな人に出会って、こうして一緒にいられることの喜び。

あ!でも今もうひとつ思いついた。

だけど、このいとおしい気持ちは、相手が他の誰でもない、Fだから・・・だね。

だって、こんな同じを知るずっと前から、私はFが好きだから。

« 72の天使のコース | トップページ | ちっちゃなすぐれモノ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109163/48796027

この記事へのトラックバック一覧です: 同じことのいとおしさ:

« 72の天使のコース | トップページ | ちっちゃなすぐれモノ »