2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

発掘はコチラ

  • カスタム検索

« No.41叡智のボトル | トップページ | 櫻井画伯と嵐さん »

10年の見抜き方

月刊ザテレビジョンに連載中の、月刊「嵐」。今月の担当は二宮相葉組。

2人でそば打ちに挑戦しているのですが、注目すべきはこのくだり。

 二宮 「でも途中で飽きてただろ」

 相葉 「ハハハハ(笑)。分かった?」

 二宮 「きょうの相葉くん、調子よかったんで、分かりやすい飽き方ではなかったけど、

      僕にはわかりましたよ。そばを切っている時にあとどれくらいかな?って

      押さえの板を外して半分残ってたのを見て、まだ結構あるなって

      思った瞬間から飽きましたよね」

うーん、スルドしthunder二宮和也thunder

たぶん嵐はみんな、相葉くんが飽きているのはわかると思う。だけど、

   「抑えの板を外して半分残ってたのを見て、まだ結構あるなって思った瞬間」

を、捉えることができるのは、この人だけではないかと。

« No.41叡智のボトル | トップページ | 櫻井画伯と嵐さん »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

にのみあさんの通訳は、愛があって好きです。
落とすとこは落とし
ツッコむとこはもれなくツッコんだ上で
あちこちに散らばっちゃったコトバと
相葉くんの心情をつなぎあわせて
その真意を的確に伝えてくれる。

私もこのコンビ、好きだなぁheart02

そう、相葉くんの通訳もする二宮氏w
いや、兄弟なのか。このふたり。
にのあいって、ワタシとしては大宮以上にLOVEなコンビです。

その鋭さが、愛w

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109163/48745305

この記事へのトラックバック一覧です: 10年の見抜き方:

« No.41叡智のボトル | トップページ | 櫻井画伯と嵐さん »