2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

発掘はコチラ

  • カスタム検索

« THREE | トップページ | わからないことの切実な価値 »

No.94と10のスター

先週はずっと、3つの数字が気になっていました。

オーラソーマのイクイリブリアムボトルは、すべて9と10と11の数に関連しているというマイク・ブースの3スター理論(?)。

ちょうど去年の今頃、東京まで聞きに行って、いまひとつ落ちないまま、浮遊していた3つの数字。Rimg2347

思いがけないところから、わかったような気がしたのが2月のこと。

美和子先生が描いたイラストを見てからです。

先生は、9と10と11を、易とイラストでひも解いていました。

易には八卦という8つの象徴語があります。それをひとつずつ【天・地・雷・水・山・風・火・沢】と置き換え、さらに4枚の羽をもつ8人の子どものイラストで表わしてくれたのです。

それを見たら、わからない、わからないと、こり固まっていた頭と心の緊張が、ゆるりと解けていくように思えたの。

このイラストと、そこに添えられた美和子先生の言葉を読むと、3つの数が独立したひとつひとつであると同時に、一連の流れのようにも見えます。

3つとも【天】の子どもがいっしょにいて、寛容が大切と、美和子先生は書いている。

寛容ってなんだろうって考えたら、それは受け入れることじゃないかなと思ったのです。

そのままを受け入れる。よいことも悪いことも。
過程や結果がどうあれ、そうした自分を 信じる。
自分の外を流れていくものじゃなく、自分の内にもっているものを思い出す。
目を閉じて、胸に手をあてている、9に描かれた【風】の女の子はそんなイメージ。

10の女の子【沢】は「わーいheart02」と言って軽やかに、行動していく姿に見えます。
受け入れ、それを信頼できたからこそ、次へ自分の一歩を踏み出せたんじゃないかと。

そして11。行動した先に、新しい次が開いていく。

自分て、自分の考えられる限りの想像を、やすやすと超えていく存在なのかも。
自分の中には、そんな可能性がいっぱいつまっていて、いつでも出番を待っている。
11の門はいつでも開いていて、私たちを待っているけど、
そこをぬけて、どこかへ行くのも、そこにとどまっているのも自由なんだ。

・・・そして11は、またまた9につながっていくのですが。

ところで、私はまだNo.94大天使ミカエルのボトルを使っています。

No.94は10のスターのボトル。10をあらわす【天】と【沢】の子どものイラストをボトルに貼ってみると、これがまたNo.94のイメージにピッタリな感じ。

それに【沢】は、私自身の易でもあるから。

ここで「わーいheart01」と喜んでいる子は、私だ~!って思いました。

10は、いままで蒔いてきた種を刈り取るという意味があると聞きました。

よく考えると、私のいままでは、種の蒔きっぱなしだったかも・・・。

別に後悔もなく、楽しい人生です(笑。

でも、種を蒔くことは 個人的な楽しみで、
刈り取るということは  個人を超えて、なにかや誰かにつながっていくもののような。

今は、そんな気がしています。

« THREE | トップページ | わからないことの切実な価値 »

オーラソーマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109163/48392715

この記事へのトラックバック一覧です: No.94と10のスター:

« THREE | トップページ | わからないことの切実な価値 »