2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

発掘はコチラ

  • カスタム検索

« ルタオのショコラドゥーブル | トップページ | オグさんがっ!!! »

わが家の歴史

潤くんが出るので、がんばって3夜連続で観ましたが、このドラマ、タイトル間違ってない?

「わが家の歴史」というより、「昭和の歴史」って感じが・・・。

三谷さんが描きたかったのは、八女(やめ)家の人間というより、昭和という時代に登場した歴史的に有名な人物を、豪華キャストで彩ることだったんじゃないかと(笑。

そして人物で言えば、八女家というよりつるちゃん(大泉洋)がよかったね。

三谷さんが取り上げたい昭和のトピックに沿って、これほど破天荒に、都合よく飛ばされる設定が似合いすぎ。3夜でいくつ仕事が変わったことか。日本だけじゃなく、南極まで行かされたしね~penguin

最後に、房ちゃん(榮倉奈々)と結ばれなかったら、この人の人生は何だったの?と思いたいところでしたが、とにかく、大泉洋さん、最高でした。

そして松本潤くんは・・・。

この人がいわゆるフツーの人を演じる時、私はどんな顔して見たらいいのか、よくわかんなくなります。

道明寺とか、澤田とか、モモとか、フツーならありえない系の方が、その世界にドップリ漬かって、安心して見てられるんだけど。

前にも書いたけど、私の中で俳優さんは、ざっくり言って次の2種類。

どこまでも地で勝負するタイプと、どこまでも他になりきるタイプ。

地で勝負するタイプは、ドラマがどんなだろうと、その俳優そのものが前面に出ます。

キムタクとか、田村正和とか、樹木希林とか、竹中直人とか、この人が出たらこんなイメージってのが想像つくというか、そういうイメージを元に作品が作られてる感じがする。

それに対して、どこまでも他になりきるタイプは、作品を思い出す時、俳優名ではなくて役名で思い出すことが多いかも。ジョニー・デップとかオダギリジョーとか金子貴俊とか大森南朋とか。見るたび違う印象で出てくるよね。

演技力としては、後者の方が断然あると思うんだけど、俳優ってそれだけじゃないよね。

前置きが長くなったけど、役者としての松本潤くんは、どこに置いていいものか、まだまだわかんないんだよなぁ・・・。

カテゴライズするのが目的じゃあ、ないんだけど。

今回思ったのは、松潤まだまだ学ラン着れるな、ってことと

彼が演じた義男くんは、決して昭和な雰囲気はしないけど、平成の人でもない。

とはいえ、昭和に生まれた私でさえ、昭和という時代の雰囲気を忘れかけてて。

昭和に生きた時間の方が長いプロの役者でさえ、いま、昭和を演じると、どっか違う。

そんな中での松潤のあのたどたどしい誠実な語り口は、昭和という時代が昭和のまま、現在につながっていたら、こういう青年がいたかもしれないなぁと、ちょっと思わせるような、まっすぐでどこか清らかな青年に仕上がっていたように思いました。

古くさい(←いい意味で使ってます♪)部分をたぶんに持ってて、それを頑ななだけじゃなく、きれいにも見せることができる人なんだなと。

« ルタオのショコラドゥーブル | トップページ | オグさんがっ!!! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

ありがとうございますっheart02
コメント欄じゃなく
本文で書けよannoy
って長さでゴメンですが。
いずれDVD化された時にでも
シブい中井貴一さんを、ぜひ(力説)sign01

すばらしいー!
30秒でわかる、「わが家の歴史」!
あの運動会がクライマックスだったのですねー。
その渋い中井貴一さんも観てみたかった。
気になる(長澤)ゆかりさんも…戻りそうな余韻も残して、
すてきなおしまいだったんですね。
ストーリーテラー☆ももさんもここに開花宣言ですね♪
ありがとーございます(=^_^=)

ではご要望にお答えできるかどうかは別として
第3夜の見逃しシーンを。
でもね~。実は、らこさん
ラストは第1夜から何度も見ているのです!bleah
冒頭の、あの運動会のシーン。
パン喰い競争でつるちゃんが1位を取る
あの運動会ですvvflag

あの場面に柴咲母さん、いましたよね。
あの日、柴咲さんはいつもどおり仕事に行くのですが、
なんと中井貴一が工場の電源を強制ストップさせちゃうのだ!
おかげで仕事は強制終了end
その間の損益は私がみるとか言っちゃって
佐藤浩市さんとの男の友情ってヤツでしょうか。
どーでもいーけど中井貴一、シブイわ~shinelovely
そのおかげで、めでたく運動会へ行けるようになったのですねvv

八女家緊急連絡網で、家族みんなが集まったのは
言うまでもなし。
そして運動会の大団円へとつながるわけです・・・。

余談ですが
置手紙を残して姿を消した(長澤)ゆかりさんは、
どっかの食堂で働いていましたョ。
彼女が八女家に戻る日もそう遠くはないんじゃないかと・・・。
思ったももなのでした。(完)

おぉぉぉぉ、キレイにまとめましたね~隊長!
松潤の立ち位置、
これからどうにでもなりそうですが、
あら、意外と器用なのねと思ったです。今回。

さて、
おしまいがわからない第三夜を観ましょうかねw
よかったら、きちんとした結末を教えてくださいwww

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109163/48064644

この記事へのトラックバック一覧です: わが家の歴史:

» 大泉洋 画像 [光かがやく]
わが家の歴史 歴史的に有名な人物を、豪華キャストで彩ることだったんじゃないかと。そして人物で言えば、八女家というよりつるちゃん(大泉洋さん)がよかったね。三谷さんが取り上げたい昭和のトピックに沿って、これほど破天荒に、都合よく飛ばされる設定がおかしい。(続きを読む) オーマガトキ 大泉洋 with スターダスト・レビュー/本日のスープ..... 赤鼻のセンセイ DVD-BOX/大泉洋[DVD]【返品種別A】..... いかがですか?この情報はなかなかです!このまえ、美容室に行ったとき担当の美容師さん... [続きを読む]

« ルタオのショコラドゥーブル | トップページ | オグさんがっ!!! »