2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

発掘はコチラ

  • カスタム検索

« 夫へのプレゼント | トップページ | オーブンレンジ »

東のエデンⅡParadise Lost

映画や本に関する私の選択基準は、自分でもうまく説明できない。

強いて言えば、その作品のどこかに心に引っかかるものがあるかどうか、かな?

『東のエデン』に関しては、タイトルと、どっかで見たノブリス携帯のビジュアルと、“ノブリス”という響き。

・・・だったような。

どんな作品か、誰が描いているのか、誰が作っているのか、誰がしゃべっているのか。

そういうことは、たいてい観てから調べることが多い。

でも、タイトルにⅡとある時点で、さすがに続き物だということはわかる。

そこだけは事前に調べたけど、まずTVシリーズがあって、その後劇場版のⅠという作品がすでに上映されていた。

本編も続編も観ずに、いきなり最終話だけ観る自分が、自分でも理解できないけど、それでもやっぱり観たいなら仕方ないよね。

で。観終わった感想は、・・・おもしろかった!

もうちょっと正確に書くと、おもしろかったので『東のエデン』という世界を、ちゃんと知りたい。TVシリーズからちゃんと観たいと思いました。

主人公の滝沢君は、なぜ記憶がないんだろう?

セレソンて選ばれた人だと思うんだけど、滝沢くんがNo.9なら、全部で何人いるんだろ?

「うかつな月曜日」とは? そもそも 「東のエデン」とは?

滝沢くんがやりたかったことは、Ⅱだけでもなんとなく見えたけど、その背景となる世界の様子がわからない。

きっとそれを知ったら、もっと深く物語を観ることができると思う。

ひとつ印象に残ったセリフが

「お金を使うことは学ぶけど、お金をもらうことは教わらない。」

(言葉はちょっと違うかもだけど、ニュアンスはこんな感じ)

そして、みんながお金を使う側にまわるのではなく、もらう人が大勢いたら世の中変わるんじゃないか・・・ってなことも、言ってた気がする。

話の全容がまったく見えてないので、本当にただの推測なんだけど、

滝沢くんがやろうとしていたのは、お金をもらうチャンスと場をつくることだったのかな?

例えばお金がなくて生活できない人に、現金そのものをあげるというのも解決方法のひとつだけど、自分で生活するための現金を生み出す機会を与えることも、また別の解決方法だよね。

私なら、後者の方がいいなと思う。

滝沢くんの、爽やかで、大胆で、思いついたら行動するところがいい。

ダメかもしれない。無謀だと思う。現実そんなに甘かない。

そんなことは知ってても、やってみないよりいいんじゃないかと、行動しちゃうところが!

すごいわ、あなた。

« 夫へのプレゼント | トップページ | オーブンレンジ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109163/47968021

この記事へのトラックバック一覧です: 東のエデンⅡParadise Lost:

« 夫へのプレゼント | トップページ | オーブンレンジ »