2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

発掘はコチラ

  • カスタム検索

« 嵐の宿題くん<2009年取り分け大賞?編> | トップページ | No.45終了 »

Wild Horses

341_9 スーザン・ボイルさんのファーストアルバム『I Dreamed A Dream』を聴いています。

このアルバムは、彼女を一躍有名にした表題曲より、
1曲目の『Wild Horses』がよかった。誰の曲?と思って調べてみると、Micc Jagger と Keith Richards って書いてある。

!て、もしかして、ローリングストーンズ?

原曲は聴いたことないのですが、スーザン・ボイル版『Wild Horses』 はかなりシブイ選曲。静かな夜、ヘッドフォンで聴いてると、耳から心に直接語りかけてくるような。

彼女自身は、この曲を「まるで自伝みたいなもの」と語っているようですが、うーん、どこら辺がそう思わせるのかなぁ。歌詞をよーく読んでみよう。

通して聴いて思ったのは、・・・誤解なく伝わるといいけど、生活してる歌姫、なんだなってこと。決して生活に疲れてるとかいう意味じゃなく。そーだなぁ・・・。

ウィーン少年合唱団みたいな、世間を知らない無垢な天使の歌声じゃなく、普通に生活して、恐らくは何らかの苦労もして、だけど歌が好きで、歌い続けてきた人なんじゃないか。

きれいだけど、きれいだけじゃない。うまいけど、それだけじゃない。

そんな底力を感じさせる歌声でした。

スーザン・ボイル アルバムについて語る ← よかったらコチラも

« 嵐の宿題くん<2009年取り分け大賞?編> | トップページ | No.45終了 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109163/47477121

この記事へのトラックバック一覧です: Wild Horses:

« 嵐の宿題くん<2009年取り分け大賞?編> | トップページ | No.45終了 »