2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

発掘はコチラ

  • カスタム検索

« 2009-2010は音楽で! | トップページ | グリムス☆お正月ver. »

新聞で嵐

義母を送った後は、両親が待つ実家のお正月。ビール(父用)と大あんまき(母用)をお土産に、電車で実家に向かいます。

これで休みは終わっちゃうけど、しゃべりずめの母と、所在なげなわりにその場を離れようとしない父の姿を見ていると、これはこれでいいかという気になっちゃうなぁ・・・。

でも、ひとつだけ実家でやりたいことがありました!

それは元旦の朝日新聞紙面を見ること。見開き2面に渡って嵐が登場していると聞いて、早速チェック。そしたら載っていました~。デカデカと。

おー、とうとう新聞にも特集が出るようになったのか。しかもおカタイ印象の朝日が。

記事は最初に翔くんの

「自分たちがファンの家族の“かすがい”になっていると実感するようになった」

というコメントから始まるのだけど、我が家では嵐を好きな私と、どうでもいい息子と夫の間で、時にはチャンネル権を巡り、時には趣味と生活の優先度を賭けて、コミュニケーションの機会が格段に増えたと思います。“かすがい”と言うより、単に笑いのネタになってるだけのような気もするけど、嵐を好きでもそうじゃなくても、年代や嗜好を超えて話題になってしまう存在でもあるんだよね。

次に潤くんの、「誰の言葉が足りないですか」 という取材陣への心配りが、また・・・。

本当に足りないとしたら、私には若干1名しか思い当たりませんが(笑)、こんな時潤くんは、そのものズバリの直球を投げて心配りをしてくれるよね。

それも素敵ですが、相手と状況に応じて変幻自在な球で、さり気な~く懐深~く入ってくるニノも、すごく心配りのできる人だと思います。

見える優しさと、見えない優しさっていうか、表わし方はすごく対照的だけど、この2人を見てると、いつもそんなことを感じます。

« 2009-2010は音楽で! | トップページ | グリムス☆お正月ver. »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

そー、これ書きながら
チラッとらこさんが頭に浮かびましたよwink
それにしても「かすがい」なんて
嵐さんよりうーんと年上の私でさえ
めったに出ない言葉だよ~sweat01
こういうところが、もう一世代上の方々の心も
つかんじゃうんでしょうか。
そうそう、日経で(もし)嵐特集が出るようなことがあったら、
ぜひご一報をお願いしますっpencil
・・・まぁでも、ないだろうなぁ。

「自分たちがファンの家族の“かすがい”になっていると実感するようになった」
…これは、ウチのコトでしょうかwww
若干そんな感じになってきてますが、
櫻井氏のコメント、グッジョブですgoodup

すばらしいなー朝日新聞。
いや、意外に朝日ならこういうコトやるんですよね。
あと、読売とかね。
毎日とか産経はビミョーかもです。
わが家の購読紙である日経は…いや、あるかもしれません!?
あーでもテレ東系だからなぁ。。。なさそうですwobbly

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109163/47194423

この記事へのトラックバック一覧です: 新聞で嵐:

« 2009-2010は音楽で! | トップページ | グリムス☆お正月ver. »