2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

発掘はコチラ

  • カスタム検索

« 嵐の宿題くん<不機嫌な男編> | トップページ | 遅れてきた誕生日プレゼント »

ファミリーアートヒーリング②

(ここからは、ファミリーアートヒーリング①の続きです)

虹の道をさらに進んでいくと、今度は私の祖父母と両親のボトルが表れます。私が会ったことのない両祖父と父方の祖母もここでは存在していて、それぞれのボトルの絵に色を塗りながら、どんな人だったんだろうと想像します。

Rimg0304_2 そして祖父母の間にいる子ども時代の母のボトルを見た時、それがNo.45ブレス・オブ・ラブ(ターコイズ/マゼンタ)であることに気づきました。

1月11日、ファミリーアートヒーリングの最中に、No.86オベロンが終わりました。その次に使う予定なのが、No.45のボトルなのです。

これを見た時、今回のファミリーアートヒーリングには、母の子ども時代を癒すというテーマがあるのだろうと思いました。

それから、私がボトルを使うことで、私にも何かできることがあるのかもしれないと。

母がずっと抱えていること、私では如何ともし難いもの、それでもなんとかしたいと思い、かかわるたびに自分が無力だと感じること。

それが癒されることは最後までないのかもしれないけれど、過去の、母の責任ではないことに心を痛めるのではなく、今しあわせになってほしい、と思うのです。Rimg0305_2

そしてその真上には、私を表すNo.92のボトルがあります。

私という存在は、父と母がいて生まれた。
その母もまた、同じ。
どんな存在であれ、どんな関係であれ。
その事実があったからこそ今の私がいる。

家族のつながりと、ひとりひとりのかけがえのなさ。

やっぱり私は母に、愛される存在なんだよ、と言い続けたい。
それがたとえ無力であっても。

« 嵐の宿題くん<不機嫌な男編> | トップページ | 遅れてきた誕生日プレゼント »

オーラソーマ」カテゴリの記事

ワークショップ&セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109163/47293060

この記事へのトラックバック一覧です: ファミリーアートヒーリング②:

« 嵐の宿題くん<不機嫌な男編> | トップページ | 遅れてきた誕生日プレゼント »