2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

発掘はコチラ

  • カスタム検索

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

ないまぜ感

ここからは、動き出した沈黙(12月25日)のつづきです。

届いたのは、アルパックスのテキストと美和子先生のお手紙。

その中に美しいイラストが散りばめられたA3の紙が一枚ありました。引き寄せられるように手に取って、それが何かもわからないまま、美和子先生のお手紙を読みました。

その紙にはただ「ファミリーアートヒーリング」とだけ書いてあって、くわしい説明は後日送られてくるようなのです。

でも、送っていただいたどれよりこの紙が気になります。

すぐにお礼と質問のお手紙を書いたものの、それではもどかしく、電話で直接話を聞くことにしたのです。

息子と義母と夫。まさにこれから、家族がどうなっていくんだろうという不安の中でやって来たファミリーアートヒーリングには、“やっぱり”という思いと、“なんで私が”という思いが交錯していました。

中でもいちばん具体的なのが、突然降ってわいたような経済的な先行き不透明感。

ところがこの後の電話で、美和子先生は不思議なメッセージをくださったのです。(つづく)

バンクーバー代表決定

さっきまでの全日本フィギュア、女子フリーの興奮からまだ覚めやらぬ中、バンクーバーオリンピック代表が決まりました!

続きを読む "バンクーバー代表決定" »

Happy Day *☆

  Rimg2032 いつのまにか

君も 『あげる喜び』を知る人になっていたんだ。

こそばゆいな。でも嬉しかった。ありがとう。

世界中のサンタさんへ

子どもの頃は、贈り物を『もらう喜び』しか知らなかったけど

     今の僕は『あげる喜び』も知っていますよ。サンタになれるのは大人の証です。

ペプシネックスCM、松山ケンイチくんのこの一言がいいよね。

そして、

『あげる喜び』は『もらう喜び』でもあるんだと実感した、今年のクリスマス。

ふたりの間を行き来したそれは、モノ じゃなく 心でした。ありがとう。

動き出した沈黙

今すべてを書くことはできないけれど、少なくとも書ける気持ちにはなってきたので、ひとまず残しておこうと思います。

来年春の不確定要素が3つに増えました。

 ひとつめは息子。これは予定内。

 ふたつめがお義母さん。これもまぁ、想定内として。

 みっつめはまったくの予想外でした。夫から話があったのが、18日の金曜日。

彼のここ何年かの状況からして、それもまた仕方がないことと理解はできるものの、なぜこの時期なのか。さすがのポジティ部部長も、凹みましたdown

また私がひとりでがんばるわけか・・・。

そう思った時、小さな包みが届いていることに気づいたのです。(つづく)

グリムス☆クリスマスver.2009

1261387440_08990 1261443736_03099 1261476741_09533
グリムスxmasクリスマスバージョン。朝・夕・夜と3タイプ並べてみました。

今年はアドベントカレンダーをいただいたので、カウントダウンを楽しんでいます。

25日まで一日ずつ日付が書いてある小窓を開けるとチョコが入っていて、毎日1個ずつ食べれるのだ~heart02 
こういうことなら、欠かさずがんばれるのよね。

華やか蒸し物

職場の栄養士さんから、お正月料理のレシピをいただきました。 Pict1351

ここのレシピは料理が苦手な私でも作れる、カンタンでおいしいものが多いの。おまけに今回のは、ちょっとよそいきっぽい雰囲気で、料理上手に見えない?

写真下方の白っぽいのは、レンコンをすりおろして、きくらげといっしょに混ぜたものです。

その上に、うなぎの蒲焼、海老、銀杏、絹さやを彩りよく並べて蒸した後、ゆずを散らし、しょうゆあんをかけて完成です。

レンコンがやわらかくて、もっちもち~^^。初めての食感だ。
そこにきくらげのコリコリがおもしろいハーモニーを醸し出してる(笑)。

硬いものが食べにくくなったお義母さんに、作ってあげたい一品です♪

よかったら、レシピはコチラ↓

続きを読む "華やか蒸し物" »

天空の槍

   09121501geminidmeteorcalifornia_b_2 カリフォルニア州モハベ砂漠

大好きなナショナル・ジオグラフィックに、ふたご座流星群の写真が載っていました。

こんな瞬間に居合わせて、さらにシャッターを切るという、奇跡のような写真だね。

流星群っていろいろ聞くけど、群までいかなくていいから、星がいっぱい見えるところに行きたいです。

ひとつひとつ自由に

結構、しゃべるヤツです(笑)、No.86。

Rimg1995_2シェイクしたり、身体に塗ったり、香りを楽しんだり。

ボトルを使っていると、時々何かを感じることがあるけれど、このコは、ポンッと言葉で寄越してくるみたい。

今日は、「誕生」という言葉が浮かびました。

なんの誕生?とさらに問いかけたら、「私の中にある」と還ってきた。あぁ、これは、一番最初に美和子先生に会いに行った時、先生が最後に私に投げかけたコト。

続きを読む "ひとつひとつ自由に" »

嵐の宿題くん<キュー○ーたらこ競争編>

さて。今回の宿題くんは、安田美沙子さんをお迎えしての、おバカ運動会。

安田チーム(安田・二宮・相葉)と櫻井チーム(櫻井・大野・松本)に分かれて、高カロリー料理をかけた熱い戦い(一部ケンカ?)が繰り広げられました。

いつにも増して爆笑ポイント満載なんだけど、最初のツボは、キュー○ーたらこ競争っ!(注:ホントの競技名は寝袋ビーチフラッグ対決)

続きを読む "嵐の宿題くん<キュー○ーたらこ競争編>" »

New born Archangel Tzaphkiel

B107 ASIACTからニュースレターが届きました!

新しいボトル・No.107が誕生したそうです。

Archangel Tzaphkiel (・・・読めんなぁ)。大天使のボトルだね。

B107 - Opalescent Turquoise/Deep Magenta
Born - 14th December 2009 at 11.00am

shineキラキラ版shineターコイズのボトルだ。今使ってるのがターコイズなので、ちょっとうれしいかも。

キター!(≧▽≦)

Rimg1993_2 今日帰ったら、チケットが届いていました♪

コンサートまであと1ヶ月。だけどその日はセンター試験の日でもあるのダbleah
ちょっとフクザツではあるけれど。

息子よ、頑張れ! お母さんも、楽しんで来るpunchsign03  

No.86オべロン

遠い 遠い 海の記憶。忘れないうちに 書き留めておきたかった。

Rimg1984 ターコイズブルーの色が、あるいは、クリアのつくる泡が海を連想させるのか。

キャップを開けてシェイクした時 最初に浮かんだ言葉。

私がボトルを使うのは、これで32本目。32は、私のバースボトルのうちのひとつをあらわす数です。ちなみにNo.86は、マイク・ブース方式での私のバースボトル。

オーラソーマでバースボトル(Birthday Bottle)は、生まれてきたその目的をあらわすと言われています。それが全てじゃなく、一端から自分を見つめる参考にはなるんじゃないかと思っているんだけれど。

続きを読む "No.86オべロン" »

マイガール最終話

毎週楽しみにしていたドラマ「マイガール」。来週はもう観れないんだよ。さみしいなぁweep

前回の第9話で、静岡の小学校へ行きたいと言うこはるちゃんの願いを受けて、仕事を辞める決意をしたまさむねくん。

それは写真を、自分の夢を、捨てることを意味していました。

けれど最後に彼は、自分の夢も、こはるちゃんの願いも諦めない道を選択します。

続きを読む "マイガール最終話" »

新企画:ダウトアクション

ひみつの嵐ちゃんに、またまた新企画が登場しました!

嵐の演技力とお笑い芸人のリアクション力を試すこのコーナー。5対5のチーム対決で、とあるアクションテーマにチャレンジ、その中で一人だけウソの演技やリアクションをしているアウトダクターを当てるゲームです。

もうさ~ 嵐のチームワークが抜群なんだよ(v^ー゜)

最初のテーマは「わさび寿司」。嵐5人のうち1人だけ、大量のわさびに耐えるわけです。

これはもう挙動不審な潤くんねってすぐわかったんだけど、この時のニノのフォローがすごかったっ!

続きを読む "新企画:ダウトアクション" »

No.46終了

Rimg19332週間という異例の早さで、さくさくさくと、終わってしまったNo.46・・・coldsweats02 

このボトルの印象はNo.46のタロットカードに、ピッタリなメッセージがありました。

旅は完了していない。達成可能な何かが待っている。向こう岸は見えているが、自分の前にある道ははっきりしない。

確かに向こう岸は魅力的。いつも先にあるもの、まだ見ぬものに目が向いちゃうけど、歩いた道を笑顔で振り返れること、そこで出会えた人がいること、自分がやってきたこと、そこにカップがあること、みんなすごく大切で有り難いことだよね。

その想いが、旅人の笑顔にあわられている。

No.46はイントロダクション。この先に、またひとつ決めたことがあります。

さ~て 歩いて行きますかfoot

嵐が語る「嵐サウンド」

「日経エンタテイメント」(2010年1月号)に、嵐のメンバーが語る「嵐サウンド」という特集記事を見つけました。

雑誌の記事は座談会形式がやたらに多い(?)グループですが、自分たちの楽曲について語るというのは、あんまなくない?というわけで、興味津々(*゚∀゚)=3

内容は、①嵐研究編 ②メンバー座談会 ③シングル全A面34曲解説編とあって、とにかく全部おもしろいので、詳しくは雑誌を読んでくれ(笑)!

なかでも私がいちばんうれしかったのは、メンバー座談会でのこのひとコマ。

 大野「俺、アルバムのソロパートで1行ずつ歌うところ、ニノと声がわかんなくなるの。」

 二宮「それ、俺も思うの。」

 松本「全然違う気がするけど。」

 二宮「必ずそういわれる。本人たちしか言わないんです、これは。」

続きを読む "嵐が語る「嵐サウンド」" »

久々でした

2年ぶりの、そして久々のコンサルテーション&チャクラバランストリートメント。

3回目となるコンサルテーションは、時系的な流れが感慨深いセッションでした。

人生は奥深い。その一端に、束の間そっといることを許してくれるオーラソーマ。

あなたにはどんな時間になったでしょうか。

Rimg1964_3← シェイクした時の深緑が美しかったNo.3のハートボトル。(写真右)

いま見ると、となりのNo.4も下層の減りが激しいね。

 

Flower Noritake

明日のチャクラバランストリートメントのお客様をお迎えする、お花を見に行ってきました。

以前から気になっていた Flower Noritakeです。

狭い入り口から覗くグリーンをくぐって中へ入っていくと、壁の両側、天井そして足元にも、空間に植物が適度に存在しています。

その空気にまず癒されます。花や葉っぱだけじゃなくて、なんだろう・・・強いて言えば、外のにおいというか、森のたたずまいのようなものがちゃんとあるのです。

かといって、まるきり自然そのものではない。切り取られた蕾、ひとかけの葉っぱ、ガラスや土、キャンドル。植物以外の人工物もあるけど、そういったものが混然一体となって、その場の空気をつくっています。Rimg1960_2

お花屋さんて、いいなぁ。大好き。

明日のお花は、会場にあわせて、ちょっとクリスマスチックなドライにしてみました。

嵐ちゃん初(?)バッティング対決

「ひみつの嵐ちゃん」初のバッティング対決baseball!!燃えましたーっpunch

まずはVIP ROOMゲストの吹石一恵さんが、120㎞の球を軽々バッティング(スゲーcoldsweats02)!
バッティングスタイルも決まってるし♪

これは嵐もやってもらおうじゃんということで、吹石さんご指名の櫻井氏登場。しかし。
1球見送ったところで、「はえーわ・・・」とあえなく退散((・(ェ)・;))

それではと行った相葉くんがっ! 1球目を空振って、火がついたね。

超本気モードのスイングに140㎞がヒット!イヤ~、メチャメチャカッコいいわ~相葉くんheart04
ガッツリ肉食系なオトコマエだよ~leo 

しかしー!さらに上を行ったのがリーダーで、
野球未経験(マジeye?)というのに、1球目からきちんと球をとらえるセンスのよさsign03

しかも全然がんばってないし(笑)。いつもの脱力系で会心の一打。スゴすぎる~。

ホント、やればなんでもできちゃう人なのね。

いや~、テレビの前で、燃えました。嵐の野球戦があったらマジで見に行きたい。

FNS歌謡祭2009

うーむ、そうきたか・・・。

   snow「冬がはじまるよ」snow  槇原敬之&嵐ver.  ・・・実はどちらも好きなんですけど。

おもしろいなぁと思ったのは、「冬がはじまるよ」の嵐、5人が誰だか全然わかんないくらいおんなじ声だ。

いつもの嵐の曲なら、5人の声の違い、歌い方のニュアンスまでわかるのに、マッキーの曲だときれいに均されちゃうんだね。

それだけ聴きやすかったということなんだけど。

でも、マッキーのあの伸びやかな声の、さりげないインパクトには負けるんだよなぁ・・・。(いや、勝ち負けの問題ではないが)

5人だからこそ出るテイストと、ひとりひとりの魅力もちゃんと伝えてくれる 嵐の楽曲って、ホントよくできてるんだなぁとあらためて思いました。

でもマッキーも嵐も、すんごく楽しそうだったよね。

嵐がまずフルで歌って、その後客席にいるマッキーを呼びこんで一緒に歌ったんだけど、「どうぞ」とステージに迎え入れる時の潤くんが、ちょっとかわいかったwink

歌をじっくり聴かせてくれる番組ってあんまりないから、今日は堪能しちゃいました。

平井堅&綾香「Love Love Love」もよかったなheart02

ちょっぴり残念だったのは、NOKKO(レベッカ)の「フレンズ」、広瀬香美&稲垣潤一の「クリスマスキャロルの頃には」かなぁ。

女性のおふたりは高音がすばらしかった人だけに、その音が出なかったり、音程が不安定なのは、聴いててツライ。てか、哀しくなります・・・。

高音域な人ほど、仕方がないことなのかもしれないけど。

あ~happy02!でもでも、あんなすごいメンツを目の前でeye、生で鑑賞できるアーティストのみなさんが、ほんとうらやましいっ!

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »