2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

発掘はコチラ

  • カスタム検索

« 熱狂・アラオケ館 | トップページ | GPシリーズ第3戦おめでとう!鈴木明子さん »

嵐チャレンジweek<ズームイン★大野智>

今日は大トリ・嵐のリーダー大野くんが、朝から生出演。

この企画のために、オブジェを作っていたんですね♪

アウトラインを大野くんが考え、廃材を集め、土台を作ったところで、他のメンバーにも参加してもらって、みんなで完成scissors

Rimg1849_2 downwardleft 大野くんの土台部分は「嵐」の文字をイメージ。そこに、

endニノがアーティスティックな渦巻き模様typhoonをチョイス。

downwardleft潤くんはキラキラshine透明ガラスのパーツをつなげて、ネックレス状の飾りを作成。

upwardleft翔くんは5色の輪をきちんと並べて配置。

相葉くんは、側面にいろんなカタチの木の廃材で「5」を貼ってました。

パーツの選択や並べ方に、メンバーの性格が出ているようでおもしろかったです。

そして4人から嵐のリーダーである大野くんへ、それぞれ一言メッセージがありました。

みんなふざけるわけでもなく、きちんと真面目に答えてたんだけど、中でも潤くんが、「自分には厳しいのに、人のことはすべて受け入れようとする」と言っていたのが印象に残りました。

一般的にリーダーって、ざっくり言ってふたつのタイプがあると思うんです。

ひとつは「オレについてこい!」ってので、もうひとつは「私がついていてあげなければ!」ってタイプ。どちらもカリスマ性があって人を引き付けるんだけど、前者は、リーダーそのもののすごい能力で、自ら人を引っ張っていく人で、後者は人をその気にさせたり、人の能力を生かしてひとりでやるより何倍もの効果を上げるタイプ。

前者は自分以外の他者を潰す可能性があるし、後者は自分自身が能無しだったりする可能性もあるんだけど、大野くんは、そのどちらも持っていてつぶし合わない。

そしていちばんいいのが、リーダーと思ってないとこ!

最高ですね♪

それにしても今週は、リーダー大活躍!でした。

大阪弁で口説いたり、歌おに「メジャーだよ!」と主張したり、あんなに動いて、しゃべる大野くんを見たのは初めて・・・じゃないかなぁ。(なんて)

« 熱狂・アラオケ館 | トップページ | GPシリーズ第3戦おめでとう!鈴木明子さん »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109163/46640097

この記事へのトラックバック一覧です: 嵐チャレンジweek<ズームイン★大野智>:

« 熱狂・アラオケ館 | トップページ | GPシリーズ第3戦おめでとう!鈴木明子さん »