2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

発掘はコチラ

  • カスタム検索

« 奥沢ぷりん | トップページ | 本当に大切にしている人 »

嵐の宿題くん<心に大きな穴が空いてる男編>

今週の「宿題くん」と「嵐ちゃん」を見て、秋を感じたのは私だけ?

嵐メンの服装がグっとシックになってたんだよね。

宿題くんは、またまたお金がないシリーズになっていました~。

相葉すごろくがワールドワイド版になってたところに、工夫の跡が見られましたが(笑。

日本を振り出しに、世界を回るワールドツアーすごろく。
韓国のマスでとまると、毒舌占いの魚さんが登場するんだけど、松潤は、

          心に大きな穴が空いてるらしい・・・。

いろんな妄想を煽る一言(笑。

そして「ひみつの嵐ちゃん」では、VIP ROOMに上戸彩ちゃん登場!

彼女はどうやら「束縛されたい女」らしく、ニノと彩の即席劇場がおもしろかった。
フツーにしゃべってたのに、途中から「束縛女と口だけ男」の会話になっちゃうの。
即興であんな風にやれるのはニノの対応力が大きいと見たが、いかがデショ?

そしてホストロワイヤルでは、潤くんデビュー戦です☆
神田うのさんの『言われて嬉しい褒め言葉ベスト5』を当て合う、このコーナー。

新人ホスト・潤はほとんどしゃべってません(笑。

先輩ホスト・輝基(フットボールアワーの後藤さん)がお客様としゃべるところをジッと聞いてて、最後のおいしいとこだけ持ってっちゃうという・・・。

5つのうち3つも当てちゃいましたね。

オバサン的視点から見ると、松潤は年上の人への言葉遣いがちゃんとしてるなと思いました。すごくフツーで当たり前のことなんだけど、これが案外できないことが多い。

それプラス、相手の人がほしい言葉を的確に選り分けて話す能力とか。

「年をとる」と言うのと、「年を重ねる」と言うのではまったく印象が違うし、「美しい」という言葉を「魅力的」と言い換えたり、「多才」という言葉を「本当にいろんな才能がおありですね」と言ってみたり、

ひとつの状況をどんな言葉を使って話すかは、その人の個性や考え方が出ると思うんだけど、松潤の言葉の選び方は、結構オーソドックスでそれでいてピンポイント!

逆におもしろかったのは、「旦那さまがステキ」というのが当てられなかったこと。

たぶん彼の思考の中に、こういうのは褒め言葉としてなかったんだと思うんだ。

旦那さんとうのさんは夫婦だけど別人格だから。
旦那さんのことじゃなくて、純粋にうのさん自身のことに絞って考えてたんじゃないかな。

な~んて。

かと思えば、年下の彩ちゃんとは「おいでと呼んでくれる男」で、ちゃんと年上のお兄ちゃんらしく振舞ってるし。(『スマイル』最終話の髪を短く刈った松潤は、上戸兄に劇似らしい)

でもあの呼び方は、犬を呼ぶのと一緒だろう(笑)。

若い頃って、年下のポジションしかないんだけど、彼の年代くらいからだんだん年下と年上のポジションで対応しなくちゃいけない場面が増えてくるよね。

それこそ、い~い風に年を重ねていくと、どちらにもちゃんと味のある対応ができるようになっていくんだけど、うまく馴染めないと、いつまでも年下ポジションでしか対応できなかったりしません?(私は今でも自分なりの年上ポジションが掴めない・・・。)

しゃべってみたい人だなぁ。松潤。うん。

« 奥沢ぷりん | トップページ | 本当に大切にしている人 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 奥沢ぷりん | トップページ | 本当に大切にしている人 »