2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

発掘はコチラ

  • カスタム検索

« No.56サンジェルマン | トップページ | 嵐の宿題くん<番組放棄?!編> »

葱坊主

去年の5月に父からもらったネギ。Rimg1473_2

ときどき食べるばかりで、まっ・・・・・・・----たく・・・・・
 といっていいほど世話をしていないのに、しぶとく生き残ってくれています。

先週あたりから葱坊主ができて、ちょこっと見届けてみようかなという気になってきました。

種とりに興味があるんだよね♪Rimg1471

いままで私は、農業をやる人というのは自分のところで作物を育てて、種をとり、その種をまた畑にまいて作物を育てているんだと思っていました。でも、いま世の中に出回っている作物のほとんどは、F1といって一代限りで終わってしまう種から育てられているんですね。

種は毎年買わなくてはならないしくみができているんです。しかもその種を握っているのは、世界でも限られた大手の会社。

作物を作るにはどうしてもそこからしか種が買えなくて、しかもそれがもし遺伝子組み換えの種だったら・・・。

なんて考えると、ゾッとしちゃう。 

野菜を買う時、国産か中国産かとか、有機栽培だ、無農薬だとかは気にしても、種の素性まではフツー考えないよね。

父がくれたネギはもともとはスーパーで売ってたものなので、たぶんF1の種から育ったネギだと思うけど、まずは種がとれるかどうか、やってみます!

« No.56サンジェルマン | トップページ | 嵐の宿題くん<番組放棄?!編> »

ベランダ」カテゴリの記事

コメント

うっ・・・。スルドいところをついてきますね~。
実はそこら辺が私も謎なんですthink
これはじっくり勉強したい内容ですbook

種にF-1という品種があること、しかもその種を扱っているのが大手の会社だということも知らなかった!!
かなり衝撃です!!
でもどうして一代で終わる種があるんだろう・・・。
それこそ遺伝子組み替えてるんじゃないんですか?!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« No.56サンジェルマン | トップページ | 嵐の宿題くん<番組放棄?!編> »