2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

発掘はコチラ

  • カスタム検索

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

ワルキューレ

映画館で映画観るの、去年8月の『スカイ・クロラ』以来だ~。しかも久々の洋画です。

41bfsp4lhol__sl160_ ワルキューレといえばワーグナーの曲を思い出しますが、この映画はナチのヒトラー暗殺計画のお話で、ワルキューレは作戦名として登場します。

もともとはドイツ軍が反乱軍鎮圧のために制定した「ワルキューレ計画」を逆利用してクーデターを起こし、政府機能や正規国防軍・SS、通信手段などのすべてを乗っ取っちゃおうって計画なのです。

アイデアは抜群だったのに、それがどうしてうまくいかなかったかは映画を観た後、Wikipediaを参照すると少しはわかるかも。

結末がわかっていても、テンポのよいスリリングな展開にドキドキしっぱなしの2時間でした。

私がいちばん印象に残ったのは、ヒトラーが参加する会議の席上爆破が起こり、「ヒトラー死亡、ワルキューレ作戦の発動と予備軍動員」と、「ヒトラー生存、反乱軍の鎮圧」という2つの相反する情報を受け取った人たちのそれぞれの動きです。

当時の情報伝達は電信と電話で、しかも交換手が人海戦術で情報をさばいていました。
その電信事務所みたいなところに相反する情報が入ってきた時、責任者は「我々の仕事は情報を判断することではない。情報を伝達することだ。」と言って、双方の情報を平等に発信していました。

ところがどうやらヒトラーは生存しているらしい、ということがわかってからは対した人すべてにどちらを選ぶかが問われていきます。

情報を発信する事務所の責任者は悩んだ末に、ヒトラー側の情報のみを発信することを選択し・・・。反乱軍の情報手段は途絶えていきます。

                      ***

ナチの時代を取り扱った本や映画に触れるたび、ナチに抵抗した人たちはすごいと思いますが、同時に絶対私にはできないだろうという思いで心が痛みます。

                      ***

ところで余談ですが、この映画、冒頭は確かドイツ語で始まるんですよね。

えっ!もしかして全編ドイツ語?と期待したのは間違いで、すぐに英語に切り替わってしまうのだけど。

どうせなら、全編ドイツ語で、徹底的にやってほしかったな~・・・。

ドイツ語の語感、結構好きなんだけどな。

ひさびさのイベントです♪

今日はまずお知らせからheart

4月26日(日)、オーラソーマとパーソナルカラー診断のコラボ☆イベントをすることになりました。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

パーソナルカラー診断は、このブログのサイドバーにも登場するcolorful☆lifeのinoemonさんが担当。そしてオーラソーマはももが担当します。

でもって、今日は、会場となる名古屋市昭和区のお花屋さんTulipsへ行って来ました♪

住宅街の中にあるちょっと古民家風のお家ですhouse
1階がお花屋屋さんなんだけど、家屋に入るまでのちょっとしたお庭の部分が和む~。天気がよかったら、ここにイス出して、外でオーラソーマしたい!なんて( ´艸`)フフフ

もしかして、私がいちばん楽しみにしているかもしれないこのコラボ☆

まだ、海のものとも山のものとも決まっていないので、こんなことやってー!なんてご要望がありましたら、言ってくれたら叶えてしまうかも・・・? な~んて、ネ♪

どうなることやら(笑)。

これから追々アップしていきま~す。

No.5と22

No.22を使っている時、No.5も頭の隅にありました。

Rimg1133 もともと選んでいたのはNo.5。それをNo.22に変えて使ったのは下層のピンクがレッドにより光を加えた色で関連性があったことと、2009年のYear Bottleだったからです。

ボトルを塗る時は、まず体のまん中から塗っていました。ちょうど第3チャクラの位置。イエローの領域です。ボトルをシェイクすると、ピンクはイエローに溶け込んでおいしそうなイエローになるので、まん中から塗っていたのかも。

そこからまっすぐ地面にむかって、下へ下へと降りてく感じがするのです。

この時イメージしていた色はレッド。

目で見る色はイエローなのに、体が感じているのはレッドなんだよね。

足の裏がピタッと地面に吸い付いて、地面にまっすぐ立っている私。

使っている時、頭が考えていたのは、祖母・母・私・息子の時間の流れ。

でも、使っている時感じていたのは、今 ここにいること。

今、ここにいて こんな風に何かを思い、なにごとかに動き、生きている自分。

変な話かもしれないけど、それをすごくリアルに感じたの。

おもしろかったなぁ。

No.22終了

今朝No.22が終わりました。最初に浮かんでいたゴミみたいなものはボトルをシェイクするたび粉々になって、結局液体にまぎれてなくなったみたいです。空になったボトルをのぞいても今は何も残っていません。

このボトルが通り過ぎていった時間、私は、ちょっと不思議な立ち位置にいました。

息子の受験、老いていく親たち、祖母の死。

おもしろいなぁと思ったのは、息子の受験を通して、当時の母の気持ちを追体験したことです。

受験は私自身も体験したことがあります。その時のプレッシャーや不安、合格した時のうれしさ、新しい生活に向けてのワクワクした気持ち。今でも覚えています。
その時は、これから自分が送るはじめての一人暮らしで頭いっぱいで、ひとり残る母のことなんて、まったく気にもしてませんでした。

ところが今回同じような状況で息子のことを母にメールした時、「仕事から帰ってもひとりぼっちで、本当はさびしかったんだよ。その時のことを思い出しちゃった。」と言われ、はじめて母の当時の思いを知りました。

子どもが行きたい道に進んで行くことを喜ばない親はいないと思います。

小さい時はその成長をすぐそばで見守っていて、そばにいることが当たり前だったのに、だんだん親の見えないことが多くなって、いつのまにか独立していくんですよね。

自分がしてきたことを、自分の子どもを見て知り、

自分の子どもを見ることで、親の気持ちを知りました。

人生ってさ、道なりにぴやーって進んでいって、通り過ぎたらもう戻れないからおしまいってわけじゃなくて、

こんな風に

通り過ぎていったことにも、うんと先に、見えるものがあったり

自分のことでも、自分を通しては見えないことがあって、人を通じて見えてくるものもある。

そんな意味での「再生者」「再誕生」だったのかもしれないなと。

そんなことを思わせてくれたボトルでした。ありがとう。

やわらか潤くん

いよいよ潤くんがあちこち並びはじめたね。

「月間ザテレビジョン」「月間TVnavi」の表紙が、『スマイル』仕様の松本潤くんでした。

「道明寺の匂いを1ミリも感じさせずに演じてくれ、それができたときにビトは成功するんだ」というプロデューサーのコメントが載っていましたが(TVnavi)、コレ、まさに私が思っていたことです!

花男の道明寺があまりにハマリ役だったからこそ、それすらも軽やかに超えていってほしいなと。

それにしても やわらかな笑顔だなぁ。

その奥に湛えた隠せない強さ。

できたー!

やればできるモンだね。

ちょっと感慨。

去年の秋からずっーと懸案だった、あるコトが

今日、できちゃいました。

これでようやく

あるモノを あるカタへ 贈れます。

うれしいなぁ。しみじみと。

疾走したー♪

night 今夜のMusic Lovers Dream Live 2009

  や~、疾走したね~ 久々に。

深夜1時の宿題くんから、夜7時の実験&宿題くんスペシャル。間に仕事とWBCをはさんでMusic Loversまでの約4時間。駆け抜けたよ、怒涛の嵐!

ほっとき実験、石原軍団、その他もろもろ大笑い。 あーいうおバカなこと、大好きだっ♪

ライブも楽しかった~wink

嵐はトップのLove so sweetから、他の人をはさんでの5曲メドレーheart04
TVの中と外で、いっぱい歌っちったkaraoke

ゲストの貫地谷さんの壊れっぷりにも笑わせていただきました。

夜7時までに帰るとゆープレッシャーがあったせいか、仕事も超はかどったし!

ハイテンションupupな一日デシタ。ありがとおーっupwardrightupwardright

もうすぐパワフルな新月がやってきます

今年は息子のこともあって、動くなら4月からだなぁと思っていましたが、3月も終盤になっていろんなことがいっぺんに動き出しました。

もともと3月は年度末で、一年間の総括と評価を提出する時期なのですが、今年は同時に来年度目標も提出することになったために、ない頭がさらに大変なことに・・・。

さらに今期のまとめも終わらないうちから、来期の予定が次々入って来ています。

・・・1月、2月の静けさは、いったいなんだったんだろう、みたいな(笑)。

さて。

こんな風に4月になっていよいよ今年がはじまるぞ~ってワクワクheart04している私のように、これから何かをはじめたいと思っている人が、他にもいるんじゃないでしょうかhappy01

一年の計は元旦だけじゃなく、そう思った時いつでも、何度でも、はじめることができる!と私は思っています。

そんなはじまりのひとつに、おひつじ座の新月が、3月27日金曜日に巡ってきます。

新月の日に書いた願いは叶うと言われていますが、中でも春分の後すぐにやってくるおひつじ座の新月は、他の月と比べて願いを叶えるパワーが特別に強いのだそうです。

私自身は月に願えばそれだけでなんでも叶うと思っているわけじゃなく、自分の願いを具体的に実感するためのひとつのチャンスと考えています。

それをできるだけ具体的にイメージできると、実感が湧いて楽しくなるの。

久々にマップも作って願いをビジュアル化しちゃおうと思います♪

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

おひつじ座の新月のキーワードは

 新しいはじまり  自分を見つめる  熱意とエネルギー  勇気  大胆

 積極性  自己発見  自立  自分らしくあること  純粋さ   独立  など

3月27日 01:04から8時間以内に願いを書くのが、いちばん有効なんだとか。
(ジャン・スピラーさんの「新月のソウルメイキング」という本を参考にしています。)

すずめとアブラムシ

最近ベランダにすずめがたくさんやって来るようになりました♪

「チュンチュン」というかわいい声に誘われ、わーい♪とベランダに駆け寄るとっ!

  あ・・・(* ̄0 ̄)ノ

すずめさん、飛んでっちゃうのだ・・・ くすんsweat02

もちろんカメラで撮る隙もなく。

仕方なく、物陰からそー・・・・っと覗いているのですが、すずめが集まっているのは、アブラムシの集中攻撃を受けた見るも無残なビオラのプランター。

いったいどうして???と思ってネットで調べてみたら、どうやらアブラムシを食べてくれるらしい。

ほおー。

手がつけられないほど爆発的に増えてしまったアブラムシに、お手上げ状態だったのです。(ってか、あまりに多すぎて、気持ち悪くて見れなかった・・・)

でも、ビオラの葉っぱが回復してきました!

・・・ま。アブラムシも相変わらず、いますが。(あー、かゆっ)

すずめが来てくれるのはうれしいけど、アブラムシはイヤだし。

観賞用はまだいいとして、食用にびっしりアブラムシが付いてたら・・・・

モヒャ━━Σ(゚□゚(゚□゚*)))━━!!!!!! 想像するだけで イヤ~っ!!!!!

私がベランダ栽培にあまり乗り気じゃないのは、虫とのたたかいがあるからなんだけど、虫がいることで鳥が来るなら、ちょっとうれしいし、心強いなconfident

自然て うまく まわってますよね。

かさねいろ

「かさねいろ」という本があります。

帯に「平安時代の王朝美である衣装、十二単の色目【かさね】(衣を何枚も重ね着し、その表にあらわれた衣色の配列)の配彩を季節ごとに紹介しています」と書いてあります。

Rimg1304 自然の中にある色彩を、衣服に映して着るというところが、日本らしい考えだなぁと思います。その配色にひとつひとつ付けた名まえが、また美しい・・・。

今日道端に咲いていたスミレを見て、ずっと前に買ったこの本のことを思い出しました。そういえば、春から順に、重ね色を確かめていこうと思っていたのに。いちばん最初の【梅】の季節は過ぎてしまったなぁ。

Rimg1305_3 Rimg1309_2 Rimg1308  壺菫(つぼすみれ)の重ね色

日本の色は渋い一方かと思いきや、華やかで大胆な組み合わせもたくさんあって意外でした。

ひとまずの春

今日でようやく息子の進路が決まりました。長かったsweat02

いちばん行きたい道を行くことにした彼は、ひとまずもう一年はここで勉強を続けることになりました。

忙しくなりそうな春がやって来ます。Fight!

楽しみな今年の2

No.22をシェイクすると、こんなおいしそうな色になるんだね~eyeRimg1177
マンゴーみたいlovely
いままで見向きもしなかったボトルだけど、この色だったら目がいっていたかもしれませぬ。

それと同様、今までほとんどご縁がなかったこのボトルの2という数字を最近身近でよく見かけるようになりました。

今までたいていのことを、自分が好きなように、自由にやらせてもらってきました。
選んだ仕事も一匹狼なポジションだし。

ひとりひとりがそれぞれに才能と能力をもち、みんなが違う個性を生きている。
自分という人間を表現できるのは、自分だけだから、ずっと ずっと 追いかけて、楽しんでいきたい。

でも、それぞれに個性をもつ人が集まることで、新たに生まれるものも、私は大好き。

人の力(power)っていつも予想外で、想像以上にステキなことを生み出してくれるよね。

2は関係性を表わす数字でもあるから、今年は自分だけじゃなく、関係性から生まれるなにかも楽しみたいと思います。

動きたくなってきました♪

3月7日から13の月の暦では太陽の月が始まっているのですが、気持ちの上でもすごくきれいな切り替わりがあって、動きたい気持ちがむくむくと湧いてきました。

セッションを一部おやすみしようと決めたのは、半年前のこと。

いま、自分の中から搾り取るようにアウトプットし続けるより、満たしていくことで、自然に湧き出るように、自分の中からあふれ出すのを待とうと思うのです。

↑こんなことを書いていたなあ~。

この半年は、なんにも満たすことなく、どっか向上するわけでもなく

ただ毎日を過ごしていただけなんだけど

とにかく

一日、一日が、楽しくて♪

いま考えると、満たされていましたねconfident

がんばることで なにかを得るというのは、私にとってはわかりやすい構図だけど

なにもしないことすら なにかを生み出し 満たす不思議 を知りました。

この実感が いま あふれ出す むくむくの源(みなもと)なのかもしれません。

そろそろ動きたいな♪と思います。

 

嵐の宿題くん<松本潤の初めてのキス編>

今回の『宿題』くん(3月16日放送)はツッコミどころ満載の内容を、泣く泣くぶった切って、超ピンポイントでまいります!

でもホントおもしろかったので、オードリー春日vs櫻井とか、春日vs松潤とか、カヤの外相葉くんとか、アメフト対決などの様子は番組HPででも楽しんでくださいマセ。

さて!今回注目eyeピンポイントは、MC大野智とちょっと話そう!のコーナー。

その直前のサイコロトークで「情けない話」を引き当て「最近三度寝ぐらいしちゃう」と答えていた時とは打って変わって、歯切れのいいハイトーンupupのタイトルコールとキメの笑顔がまぶしいっshineリーダ~happy02 

サイコロトークにきちんと松潤を指名するあたりがナイスだよ~happy02

そして「初めて○○した話」ときいて「何がいいですかね・・・」と悩む松潤に、サラっと「やらしいことでも」と言ってのけ、「じゃあキスした話をね」とオとしてくれるあたり、

いや~、今回のリーダーは ホント (*^ー゚)bグッジョブ!! 

内容が内容だけに、マズい部分はMC自らピーを入れる約束で、わざわざ席替えして松潤とピッタリくっついて並んだリーダー。

いつも思うんだけど、嵐の人たちってどーしてこうピッタリくっついて座れるんだろ。
フツーもう少し距離を置いて座ると思うんだけど、そこら辺、仲がいいとゆーか、なんとゆーか、おもしろいよね。

その後どこでピーを入れるかでひとしきり盛り上がり、「相手の実名が出てきたら、ピーだろ!」(って誰が言ったの??)の声に、「そんな・・・実名・・・だって。なんでオレ、こんな追い詰められてんの!?」と苦笑いする松潤でしたが。

ここからスタジオ内が異様に緊迫した雰囲気に!

なぜか嵐のメンバーも固唾をのんで見守る中、

「そうすねー・・・中学、のー・・・、2年生くらい、ですか・・・」とぽつぽつ話し出したはいーけど、誰も止めてくんない展開に「どこでピー入れんだよ!annoy」と自分でしめた松潤。

こういう時、茶化して適当に流すとかしないで、ためらいながらもちゃんと話すところがマジメというか律儀だなぁと思っちゃいました。

この間、2人はぴったり並んで座ってたんだけど、え、ホントに話すの?どこまで言うの?って感じで時々リーダーをチラ見しながらしゃべる松潤と、前を向いて、彼の方を見ないようにしつつも、時々目が泳ぎながら必死に黙って聞いてたリーダー。

こーゆーのは、言う方もだけど、聞く方もこそばゆいというか、照れくさいよね☆

しっかし、今回もまたリーダーの新たな一面を見させていただきました。
あ!それと強気じゃない松潤も(笑)。

ある意味貴重な映像でしたネ☆

ビト!

4月から始まるドラマ『スマイル』。今日初めて、ビトに会えました~heart02

「TV Japan」4月号に載っていた、松本潤&中井喜一&新垣結衣の3ショット。

主人公ビトこと、松本潤くんの笑顔がとびっきりshineステキshineですっ!!

11ページ、ぜひぜひ、ご覧下さいマセ。

髪を切って、とっても素直なヘアスタイルになっていました。

今回のドラマは、こんなピュアな笑顔がいっぱい見れるんだ・・・。

よく考えたら、いままではちょっと陰のある役だったり、
ペットだったり、
オレ様だったりして、

なかなかフツーに笑う姿は見られなかったかも。

この笑顔で、ドラマがますます楽しみになってきました!

続きを読む "ビト!" »

スカイ・イクリプス

51eqrxvxjhl  2008年6月に発売された「スカイ・クロラ」シリーズの短編集です。

本当はこれを読むはずじゃなかったんだけど。

「ナ・バ・テア」「フラッタ・リンツ・スカイ」「ダウン・ツ・ヘヴン」「クレイドゥ・ザ・スカイ」と読み進んで、次は「スカイ・クロラ」にいこうと思っていたのに、行った本屋にその巻だけがなかったのです。

それがよかったかどうかはわからないけど。

初めて読んだ「ナ・バ・テア」はただ文章を追っていられたのに、巻を追うごとに謎や伏線が散りばめられていることに気づいて、世界をそのまま楽しむことができなくなっていました。

解けない謎、きれいに説明のつかない事柄。そして「僕」はいったい誰なのか。

知りたい、わかりたい。きれいに説明をつけたい。そしてスッキリしたい。そんな思いがどんどんふくらんでいきました。

でも今回読み終えて思ったのは、小説ってなんて可能性に満ちた世界なんだろうということ。

このシリーズが映像でも、音楽でもなく、言葉で表現されていることに、単純に感動しています。(注:「スカイ・クロラ」映画は除いて)

もしも全編映像で表現されていたら、「僕」はいったい誰なのかという疑問はそもそも発生しなかったでしょう。

クサナギやカンナミやクリタは、すべて別々の人物として、目に見える形でハッキリと分けて描かれていただろうし、顔が判別できないカタチをとったとしても、その人物の声でわかってしまうかもしれない。

目や耳で確認できない世界で登場人物を判別するには、文字の描写から想像するしかないのだけれど、「僕」と名乗っていたクサナギスイトを男性であると思い込んでいたように、今までの経験や習性により、知らず知らず作り上げたイメージに思いきり不意をつかれました。

スカイ・クロラシリーズには、言葉の後ろにある“語られていない世界”に目を凝らすおもしろさと深さがあります。

読めば読むほど、おもしろくなる!

最後の「スカイ・クロラ」が楽しみです。

続きを読む "スカイ・イクリプス" »

最近のNo.22

オーラソーマのイクイリブリアムボトルにはひとつひとつ名まえがあって、それぞれがカバラの生命の樹とタロットに対応しています。ただ一般のタロットと違って、大アルカナに対応するカードがこんな風に2枚あるのです。

      Rimg1136

オーラソーマの世界では、それをアウトワードとリターンジャーニーと呼んでいます。

アウトワードジャーニーは自分が何かを得る、あるいは何者かになるための旅。
それはどこかへ、何かを求めて向かう旅です。

そして

リターンジャーニーは、自分が得たものを、分かち合い、統合していく旅。
こちらは帰還の旅とも言われています。

旅は人生と言えるかもしれません。

 だとしたら!

私の人生は、ひたすらアウトワード行きっぱなしの旅だと思っていました(笑)。

ところが私の2009年のYear BottleはNo.22Rebirther’s。
このボトルに対応するタロットはFool(愚者)のリターンジャーニー(写真右側のカード)。

このカードを同じFool(愚者)のアウトワードのカードと見くらべた時、いまの私には、No.22のリターンに対応するカードのほうに感じるものがありました。

2枚のFool(愚者)のカードには、同じ構図で一人の若者が描かれています。この若者はどちらも人生の旅に向かって出発しているように見えるのですが、パッと見てわかるようにその背景は明らかに違っています。

写真左のアウトワードのカードは全体にブルーがかった色が塗られていて、ところどころが闇のように見えない感じ。そして、この若者は崖っぷちのようなところから世界に足を踏み出しています。後ろでは白い犬が若者の服の端っこをくわえて、「ちょっと待って」と引き止めているかのようにも見えます。

でも、山の向こうには光が見えていて、白いハトが飛び、若者は顔を上げ、まっすぐ未来を見つめているようです。

ところが右のリターンのカードでは、世界は黄色とピンクに彩られています。
若者の足元の崖のように見えていたところには美しい花が咲き、背後に描かれた山々も緑に覆われています。

何もない空間のように見える道(未知かな?)へと足を踏み出しているところは同じですが、その闇にはいまや、ところどころ光が散りばめられているかのようです。

これを見た時、確かに行きっぱなしの旅だけど、はじまりの頃と今では、見えてる風景も考えてることも変わってきてるよなぁと思ったんです。

道端に咲く花

天気がよくなって日が差してきたので、ゆっくり、ゆっくり道を歩いて帰りました。

その途中、小さなお花をいくつか見つけました。Rimg1285_2

ちょっとだけ拝借して、いっしょに帰ることに。

道端に咲く、名まえも知らない小さな花が好きです。

Rimg1280 Rimg1283

こんなに小さいのに、どのお花も葉っぱも、なんてきちんとつくられているんだろう。

水に差すと、泡が無数に出るのも好き。

生きてるなって、思います。

Rimg1295

ありがとうラン

高橋尚子さんが一般ランナーとして名古屋国際女子マラソンに参加すると聞いて、行ってきました。

先にひとつ予定をすませて現地に向かうと、沿道はもう人がいっぱい。

メイン通りじゃない場所を選んだつもりだったのに、こんなとこまで人が来るんだなぁ。

だんだん車が少なくなっていって、上空にヘリの音がしだした頃、先導のパトカーが「あと5分で先頭集団が来ます」と言って通り過ぎて行きました。

でも、それからの5分が長かったこと。

先頭集団が過ぎ、シモンさん(この人だけ誰かわかった)が通り過ぎて、どのくらい後かわからないけど、遠くの群集から「Qちゃ~ん」という声が順に送られてきて、あっ、もうすぐダゾ!

・・・と!思った瞬間、目の前をQちゃんが走り抜けて行きましたsign03

今回のマラソンを彼女は「これまで応援してくださった皆さんへ感謝の気持ちを込めて走ります」と言っていました。
その気持ちが走る姿から、すごく伝わって来ましたよ。

こちらこそ、ありがとうデス。Qちゃん。

これまでも、これからも、私はあなたが大好きだと思います。

次はいつ、どんな場かわからないけど、また、あなたの笑顔に会える日を待ってます。

Mステ☆嵐Believe

今週はうたばんとMステで嵐の新曲「Believe」を聴く機会がありましたが、

Mステのカメラさん、最高ですshine そして深いと思います。

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

Rimg1228_2どこまで行っても追い越せない
(大野・櫻井)

時が流れていっても消えはしない
(櫻井・相葉)

さぁ どこまで行ったら辿り着くの
(相葉・松本)

遠い日の記憶
(松本・二宮)

ここまでを2人で1フレーズ。センターを向くペアをロシアン・ルーレットのように回しながら歌っていきます。(意味通じるかな?)↑写真は最初の大野・櫻井ペア

歌ってる2人のどちらかが必ず前後にカブる組み合わせ。オシャレです。 

続きを読む "Mステ☆嵐Believe" »

史上初?嵐の料理対決!

朝からすんごく楽しみにしていた本日のうたばん。サビしか聞いたことない嵐の新曲「Believe」を初めてフルで聴けましたkaraoke

でも、今日のうたばんは、歌よりも嵐のMy弁づくりに意外な発見がたくさんeye

嵐の5人が8分間で(sign01)お弁当を作ります(sign03)という珍しい企画。で、できんのか?

一番早くできたのがサンドイッチを作った櫻井くん(料理経験なし)。
こんがりトーストしたパンにハムとチーズと野菜をはさみこんだホットサンド。
なんとなく彼がいちばん心配だったので、ちゃんと出来上がった時にはミョーにホッとしちゃいました。

次の相葉くん(料理経験あり)。
作ったのは納豆オムレツと、ごはんは・・・のりたまふりかけゴハン???
納豆の味が濃ゆい(納豆の味しかしない?)オムレツだったそうで(←byタカさん)。
彼はある一日の食事記録にも、朝ごはんに納豆そばを食べたと書いてるんだよね。
納豆好きなんだね(笑)。

そしてニノ。「料理はしない」と言う彼はおにぎりriceballを握っていました。賢いshine
これは絶対ハズレなしだよね。
しかもおにぎりを握る手の動きがすごくキレイなのです。
トランプspadeマジックのように流れる手の動き。見入ってしまいました・・・。

しかし、その間にも中居くん&タカさん、イジる×2。
「おこげ~サックサク~♪」(イヤ、歌ってませんて!)から「涙チョロリ~♪」(ちょっと違う)、「なんで殺したんだよannoy」まで、偽ニノを演じていました。

そしてこれまた意外だったのがリーダー(料理経験あり!へぇ)。
彼はあんかけチャーハンを作ったのですが、とにかく手早い!
他のメンバーのところにカメラが回っている間、ひとり黙々と仕上げていました。
しかも彼だけ本格中華職人のようなコンロを使ってあんかけも作り。
それがまた、うまかったらしいshine
リーダーのだけ嵐メンバーにも回されて、みんな「うまいっ」って言ってたもんね。

うたばんと言えば、タカさんの入れ知恵で、大野くんがなんか言って中居くんがキレるという恒例の騒動がありますが、あんかけチャーハンを食べた中居くんが、意外なうまさに「オレ、大野好きになりそうheart02」ってマジで言ってたのが笑えました。

そしていちばん最後まで作っていたのは、やっぱり松潤。
ふだんからよく料理しているという彼は、さすがに作るものが違う。
カツレツと、野菜スープと、なんだかよくわかんないバーニャカウダー?(なにそれ??)とかいうものを作っていました。

お肉はサランラップに包んで、フライ返しでちゃんと叩いていたし(そこまでやる?)、最近圧力鍋まで買ったらしい。

野菜スープは鶏ガラとしょうがとにんにくで味付け。
「しょうがが好き」って言ってましたね。φ(・ω・ )メモメモ

*******

ところでTBSでは労働組合の関係で、24時を過ぎると照明が落ちるんだそうです。

嵐の料理中も時間切れの危険があり、とりあえずタカさんができた順から食べ始めたものの、櫻井くんが終わって、相葉ちゃんに入った途端、あえなく照明ダウンdown

冗談でしょ?と思ってたのに、ほんとに一瞬、画面が真っ暗newmoonになっちゃいました。

その後照明は復活しましたが、労働組合はよかったんだろうか?

続きを読む "史上初?嵐の料理対決!" »

グリムス☆ひな祭りVer.

グリムスを始めて11日目。葉っぱが4枚に増えました♪

 そ1236063434_05989_2して今日見たら・・・・

バックがひな祭りVer.になってる~heart02 ( ´艸`)ウフフheart04 

ときどき、こんなことがあるそうな。

いろいろ遊んでくれるよね。

旅立ちの日に

今日は息子の卒業式でした。

学校に行けるのは今日が最後。
どうしても会いたい、会ってお礼を言いたい人がいました。

それは一年生の時の担任のH先生です。

息子が卒業できたのは、当時のH先生のおかげといっても過言ではないと思います。
先生としてというより、ひとりの人間として、とても心を寄せられる人でした。

                  ***

ところでよその学校はどうか知らないけど、彼の学校では吹奏楽部の生演奏の中、式がすすんでいくのです。そういえば入学式に、初めて生演奏を聴いて感動したっけなぁ・・・。

今日の最後は「旅立ちの日に」という曲。

この曲は小学校で、息子が卒業式に歌った歌です。

それまで全然だったのに、この歌を聴いた途端、いろんなことが思い浮かんできて、やっぱり泣けちゃいました。

家に帰ってからうろ覚えの歌詞をちゃんと知りたいと思いネットで調べていたところ、

こんな記事 を見つけました。Rimg1202

知らなかった。こんなドラマがあったんですね。

                                  めでたい日にはお赤飯♪

続きを読む "旅立ちの日に" »

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »