2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

発掘はコチラ

  • カスタム検索

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

嵐カレンダー2009

慌しさにまぎれてすっかり失念していたのですが、今日は嵐の2009年カレンダーの発売日でした。
まさか今日の今日届くとは思わなかったわ・・・。

今年わざわざ嵐のカレンダーを買う気になったのは、蜷川美香さんが嵐の5人を撮ることを知ったからです。

あの圧倒的な色彩感。

蜷川美香さんの写真は、被写体が人物だったり、風景だったり、物だったりいろいろのはずなのに、私にはなぜかみんな「色」が強烈に認識されるんです。

光でもなく、色そのもの。どうしてあんな風に、色を切り撮れるんだろう?

はじめてみた時から、あの激しい、暴力的に訴えてくるような色(←コレはいい意味です)に、魅っぱられています。
ふだんの私の好みとは、ちょっと違うんだけどね・・・。

自然体で普通のお兄ちゃん的なところをちゃんと持ってる嵐のメンバーを、蜷川さんの、アノ色彩感で撮ったら、どんな感じになるんだろう・・・っていうのが純粋な興味としてありました。

蜷川Ver. 実際にみて、いちばんよかったのは、意外にもニノでしたね~。

彼のところは、主に白と赤と黒という色彩なんです。
あまりに極彩色のハデハデ色の中におくと、ニノのよさが死んじゃうような気がするんだけど、この3色が決して地味じゃなく、抑えた色気(というのかなー)がちゃんと前面におして出てくるような撮り方がされていました。

相葉くんは、花魁チックだったし(彼はこんなたくさんの色の中にいても、色とケンカしないんだね~)。 

大野くんは、癒し系じゃないガーデンの中に、静かに主張して立っている感じ。

櫻井くんは、(ふだん私にはあんまり見えない)男の色気を表現してくれていました。

そして松潤。
彼はある意味、いちばん蜷川さんの色の世界にピッタリくる人じゃないかと思うのですが、
なんていうか・・・
その期待にもちゃんと応えつつ
大野くんとは逆に、癒し系のジャングルにたたずむ、

・・・なんだろう???

うーん、松潤はやっぱり松潤としか評せないケド。

よくオーラソーマでは、オリーブグリーンという色に弱肉強食の過酷なジャングルではなく、みんなが自分らしい個性の花を咲かせ、お互いに尊重し、生かしあうガーデンをイメージしてみるのですが、

私の中で大野くんは、嵐の中でいちばん『過酷なジャングル』のイメージがない人なんですよね。
逆に松潤は、いちばん『癒しのガーデン』みたいなイメージがない人。

しかし、大野=過酷なガーデン 松本=癒しのジャングル って連想は、これまたうまく言えないけれど、彼らがもっている一面を、違う瞬間からほんの少し、魅きあてて見せてくれたような気がします。

カレンダーとして収められている写真もいいけど、最近「女性セブン」で連載されていた「素顔の嵐」というカレンダーのメイキングの写真もすごくステキでしたshine

特に松潤は、笑っている「女性セブン」Ver.のが好きだなぁ。

続きを読む "嵐カレンダー2009" »

いつのまにか

試験の日、小さなザックひとつで行った息子が、大きな紙袋を2つ抱えて帰って来たワケが今日わかりました。

クラス全員にお土産を買っていたんだね。

それと、お世話になった先生に。

彼がいちばんつらかった時、支えてくれたH先生にちゃんとお礼を言いたかったんだ。

それを聞いた時、

その気持ちがとてもうれしかった。

今日は最後の登校日。

次はもう卒業式なんだね。

落ち着かないっ

二次試験当日。受験するのは息子だけど、こちらもなんだか落ち着かないっsweat01
ついつい時計を見たりして。
いつもほったらかしの携帯も、今日だけは何度もチェックしちゃいました。

で、夕方、終わった頃を見計らってメールしたけど返事がない。
だいぶ経ってから「試験が30分遅れたから、いま終わった」とメールが来て、さらに「しばらくバスが動かんみたい」と追信が。

主要駅から大学までは臨時バスbusが出ているようなのですが、みんないっぺんに移動するからそれでも追っつかないらしく、まずそのバス待ちで足止めくってるみたいなのです。

バスに乗れたら、そこから在来線に乗り換えて新幹線の止まる駅まで行って、と考えて、アレ?新幹線bullettrainはあるのかしらん??と心配になってきました。

慌てて時刻表を見ると、ちゃんとたどり着けるのは、あと2本しかない!

これに乗れなかったら、今日は途中の駅止まりだよ~shock イヤイヤ、それはない・・よね? 

ともかくメール待ちだ・・・・ε-( ̄ヘ ̄)┌

はぁーdash も~、落ち着かないっsign03

続きを読む "落ち着かないっ" »

靴が来ました

Sa4101942_2 1月に採型してもらった靴が出来上がってきました。

「使ってなかった筋肉を使うから、履くと筋肉痛になるかも」と脅かされていた(?)のでおっかなびっくり履いてみたけど、ぜ~んぜん楽チン♪です^^。

見た目は普通の運動靴ですが、インソールだけを取り出してみると・・・

Sa4101922_2土踏まずのところが異様に盛り上がっていますねsweat02

それと内側に体重を寄せて歩いていると指摘されていたせいか、外側から内側にかけての傾斜がスゴイsweat02sweat02

まずはいちばん長く靴を履いている、仕事中から履いてみます!

マーベラス松本登場

2月23日の嵐の宿題くんに、いきなり新コーナーができてました。
て、そんな予告あったっけ?

それは不可能を可能にする男、shineマーベラス松本shineが、みんながムリだと思うことをいともカンタンにやってのけちゃうコーナー。(・・・長い!)

記念すべき第1回の課題は、テーブルクロス引きでした。以前『花男F』のF4メンバーで出演したクイズ番組みたいなので、松潤が見事成功させた技だよね。

しかし、結果は見事な大失敗!(Oh!) 

「NOT マーベラス!」と言い残し、執事(???)に連れられ、去っていくマーベラス松本。

なんなんだ~sign02

ますます楽しみな展開になっちゃいましたよ♪ 宿題くん。

嵐イチのクールガイとかじゃなくて、松本潤の新たな魅力を引き出してほしいです。

(できればお笑い系の) 

この記事に関して、ここからはらこさんの日記へ。マーベラスの正体、わかったかな?

http://kikitetsu.jugem.jp/trackback/125

グリムス☆デビュー

先週ふらりと寄ったお友だちのブログに、気になるものを発見しました。

それが今ナローボートの右端にいるグリムスです♪

ブログに記事を投稿すると苗木がどんどん大きくなって、大人の樹に成長したら、ホンモノの森に植樹するんですって!

楽しそう~happy02 さっそくエントリーしちゃいました♪

好きなことが、環境にイイコトにもつながるなんて、ちょっといいよねheart

    *

ところでひとつ素朴なギモンが・・・。

私も含めてグリムスに参加したいって人の気持ちはすごくわかるんだけど、パートナー企業の人たちはどんなことを思って参加してるのかなぁ。

そっちの人たちの意見も知りたいな。   

お花がいっぱい

週に一度、花屋さんで小さな花束を買っていました。お手ごろなミニブーケを作ってくれるお店があってそこに寄っていたのですが、最近すっかり足が遠のいていました。

でも、今週の我が家はお花でいっぱいです。

スイートピーにチューリップ、ガーベラ、アストロメリア。大好きなクリスマスローズ。

中でもいちばんうれしかったのは、父が、育てたお花を届けてくれたこと。Rimg1184_2

最初は確か、いただきもののランだったんだ。
花が終わった葉っぱだけのシブイ姿の時も、大切にしていた。
素人仕事で花が咲く年もあれば、咲かない年もある。

だからこそ見事に咲いた花を私に持って来てくれたことが嬉しかったんだと思う。どんなお花屋さんのお花より、私にとっては最高です。

お父さん、ありがとう。
 

今年のお味噌

二年ぶりのお味噌作り。おせちと同じで年に一度しか作らないから、毎度毎度どんなだったか忘れちゃうのに、作業を始めるとだんだん思い出してくるから不思議です。

圧力鍋なしで、豆を煮てから約4時間でできちゃいました♪

始めた頃は2日がかりだったのがウソみたいです。進歩したのね。

Rimg1187 Rimg1189_2 Rimg1191_2 Rimg1192 Rimg1193

今年はギリギリ寒仕込みかな。

理由

     Rimg1130_2 夕暮れの海に浮かぶ島・・・

続きを読む "理由" »

華麗なる櫻井と松本

久々に「ひみつの嵐ちゃん」(2/19放送)がおもしろかったので書いちゃいます!

ロケ現場に出勤(?)した櫻井くんと松本くんのおふたり。

 櫻井 「今日何やんの?」

 スタッフ 「バカチャレンジャーです」

 松本 「・・・どーゆーこと?」  

ハイ!では説明しましょう!
今回の任務は、ありふれた日常をカッコよく!切り取った、プロモーションビデオの作成なのです。

シーン1「カッコよくケチャップをカゴにシュート」編に松本くん。
シーン2「離れた位置からパンをトースターに投げ入れる」編に櫻井くんが挑戦します。

シーン1は、テーブルに座り英字新聞を読む松本くんが、テーブルの向こう側にあるカゴの方を見ずにカッコよくケチャップを投げ入れるというもの。
しかしそんなものが1回でうまくいくはずもなく、77回目でようやくシュートインhappy02

続く櫻井くんのパンシュートもいい線まではいくのですが、きれいに入りきらないとNGになってしまう。
なんとか大目に見て欲しいのに、スタッフは厳しい!

 スタッフ 「松本くんが妥協しましたか?」
 櫻井 「ハイ?」

このやりとりを2回繰り返して一瞬の沈黙の後、櫻井 「・・・・・してませんけど。」 

ふてくされた子犬のようにつぶらな瞳の櫻井くん。イヤ~、キュートですdog

櫻井くんの挙動がいちいちおもしろくて、笑っちゃいました。

松潤もうまくいかない・できない時にもちろんフテてはいるんだけど、どっちか言うと、なんでできないんだろう・・・って自分にベクトルが向いてる感じなのに、櫻井くんはスタッフの言動や、ジャマしたロープ(詳しくは番組を見てね)にもちゃんと文句を言ってたり(笑)。

その一方、うまくいった時に「え?イヤ、どーなったの?」って一瞬キョトンとした後、あれ?え?もしかして成功?(ヤター♪)ってト書きがそのまま顔に表れるかのような多彩な表情が、ホント、見ていてわかりやすいというかおもしろかったです。

最後にスタジオで力作を見終わった後のコメントが 「あの4時間で松ずんのすがさ

本当は「あの4時間で松潤のスゴさ」と言いたかったのに、カミカミの翔くん。

「ひみつのアラシちゃん」は世界の面白い人たちを取材するより、今回みたいに嵐のメンバー自身が何かするパターンの方が絶対おもしろいです。

その方が嵐のメンバーをたくさん見れるし。

番組制作の皆様、どうぞよろしくお願いいたします♪ぺこ。

リベンジ☆筋トレ

一日の終わる時間を決めたことで、生活サイクルが健康的になってきました。

今までだと一日の終わりはちょくちょく翌日に持ち越されていましたが、それをやめて“その日中に寝ること”を目標にしたのです。

仕事が終わって家に帰って寝るまでの時間は長くても4時間、短いと3時間しかありません。ゴハンやお風呂の時間を除くと、自由に使える時間はもっと少なくなります。すると、終わりから逆算してその日のうちにやることを決めることになります。

その中に、やりかけて続かなかったスロー筋トレを絶対に入れることにしました。
けれど、ただ決めただけでは続かないから、ここでまたひと工夫。

今までの敗因は、スロー筋トレのDVDをPCで再生していたことにありました。
PCが立ち上がっちゃうと、とにかくネットサーフィンしちゃうんです。
すると、どーしても筋トレは後回しになっちゃうsweat02

なので、筋トレする時はPC以外に楽しいことをプラスすることにしました。

今は「銀魂」(少年ジャンプ連載中のマンガ)を読みながら、筋トレしてます。
筋トレ中じゃないと「銀魂」が読めない状況にしたので、筋トレするのが待ち遠しくて、サッサとやるようになっちゃいました(笑)。
逆にスロー筋トレ1セット10分だと、あっという間に終わってしまう。
もっと読みたい!と思えば、もう1セット増やすしかないということに。

私にはいい作戦かも。

そんなわけで、来週からはスロー筋トレ×2セットでがんばります!

No.22 Rebirther's

今朝急に使いたい気分になって、開けちゃいました、No.22(イエロー/ピンク)。

そしたらやっぱり、イランイランなんだね~。
確か以前、No.51クツミ(ペールイエロー・ダブル)を使った時もそうだった。
この強烈オリエンタルな香り。
イエロー系は、基本的にイランイランベースなのかしらん???

たとえよそ事しててもこの香りがあったら、気持ちがココに集中する。
私のイエローの印象もそんな感じ。
たくさんのモノゴトの中から、ピンポイントで自分に意識が向くというか。
よそ見してたとしても、強制的に(?)向かされるというか。

すんごく気になるくせして、見るのがつらくて、見えないフリしてたかもしれない色。
それはドミニクのコースで気づいたことだった。

いちばん近く、いちばん長くかかわるくせに、いちばん遠く、いちばんわからない自分。

何度向き合っても、なにか発見があるというのは、おもしろいね~。

それから、2009年2月18日という日を全部足すと 2+0+0+9+2+1+8=22 。 

ボトルとおんなじ数字なのです。これもまたおもしろい一致。

すくすく、のびのび

Rimg1153 職場で育っているアイビーです。

もともとは、ちっちゃな花束に添えられていた葉っぱでした。お花が全部終わった後もひとり元気で、さよならできなかったのだ。そのままずっと花瓶に差してあったのです。
                        (下の写真が元の花束。2007年9月↓)

そのうち、根が生えてきてRimg0350

茎が伸び

葉っぱも増えて

こんなに大きくなりましたhappy01Rimg1154

春になったら、少しつめて、植え替えしてあげよう。

右端の茎は、こんなに伸びちゃってるから・・・。

A4変形マガジンサイズ

ずっと探していたマガジンサイズのファイルをようやく手に入れました!Rimg1160

昨年、本棚の一角を占めるまでになってしまった嵐関連の雑誌を整理しようと切り抜きを始めたのはいいのだけれど、一口に雑誌といってもそれぞれサイズが微妙に違う。

「ザテレビジョン」「TVぴあ」「ダヴィンチ」とかは普通のA4サイズのクリアファイルでOK。
ところが「an・an」「non・no」といったファッション雑誌になると横幅が少し足りない。
「ポポロ」「oricon style」は今回手に入れたマガジンサイズがピッタリ。
「SWITCH」や「cut」はちょっぴり横幅が余る。
これは横幅だけの話で、上下を加えるともうバラッバラです。

ま!全部同じサイズでキレイにピッタリとはいかないけれど、これでよしとしよう!

それにしても整理してると、また中身を読んじゃいますね~。

Q:「ドラえもん」を嵐5人で演じた場合のキャスティングを考えてください。

続きを読む "A4変形マガジンサイズ" »

ETV特集「キューバ革命50年の現実」

2月8日(日)NHKで放送された「キューバ革命50年の現実~米国人ジャーナリストが記録したカストロ政権」という番組を見ました。

キューバ革命とその指導者フィデロ・カストロという人がどんな人なのか、関心がありました。
でも、番組を見ていて考えさせられたのは少し違うこと。

資本主義と社会主義って、昔は対立する2大勢力のように考えていたけど、今思うのは、元々は、どちらも、人がよりよく生きる社会を目指して出来たものなんじゃないのかな?ということ。

どちらも自分たちの主張する社会の方がよいと信じて走ってきたわけだけど、一方の社会主義国は1990年代に相次いで崩壊してきているし、資本主義国だって今や世界中を巻き込む金融危機に陥っている。

カストロ議長は革命で、誰もが平等に生きていける社会をつくりたかったんだそうです。

その「平等」の結果、今まで持っていた土地を国に奪われてしまった人もいれば、革命のおかげで家や食料や医療を受ける機会を手にした人もいます。

土地を取り上げらたある農民の兄弟は、革命の前も後も、生涯作物を作り、自給自足の生活を続けていました。
その生活に満足し、それ以上のものを特には望んでいないようでした。

一方、家や食料を国から保証されるようになった人の中には、もっと裕福な生活を送りたいとアメリカに行くことを望む人が出てきました。そのアメリカが自分たちの国キューバに経済制裁しているのにね。

うまく言えないけど、この番組を見て私が考えたこれからの「平等」は、選べる「自由」なのかもしれません。

人生において何が大切で、どんな風に生きていきたいか、考え方は人それぞれだから。

そんな風に言えるのは、基本的に毎日お腹いっぱいゴハンが食べられるからかもしれないけれど。

圧力がかからない時

豚バラの塊り肉が安く手に入ったので、角煮を作ろうと圧力鍋をセットしました。

ところが今日はいくら待ってもシューdashが収まりません。

どう見ても蒸気がもれるし、圧力がかかっていない・・・。

いったん火を止め、鍋が冷えるのを待って蓋の部品をチェックしてから再度火にかけたけど、やっぱり圧力がかからない。

仕方なく取説を引っ張り出して、部品を付け直してみても同じです。
Q&Aの項目も全部試してやっぱりダメ。

何で圧力がかからないんだろう???

夜中2時までいろいろ試してみたけど、どうにも改善しないのでいったん寝ることに。

そして今朝。今度は鍋じゃなく取説の写真をじーっくりと見てみました。

間違っているとしたら、蓋の部品以外ありえないのです。
蓋についてる部品は全部で3つ。それとゴムパッキンがあります。

ひとつずつ写真と実物を照らし合わせ、間違いないなぁと思いかけたその時。

ん?eye

気のせいか、ひとつ絵が違うような・・・。Rimg1149_2

あーっ!! わかった! 部品がひとつ逆さまに付いてるじゃん!

        snail・・・snail・・・snail

元通りに部品を付け替えたら、ちゃんと圧力かかるようになりました♪

こんなポカをする人はいないんだろうけど、圧力鍋の圧力がかからないとお困りの方!
もしかしたらこんな理由かもしれませんよ、という自戒も込めて。

黄昏のテレビ

我が家のテレビが黄昏のテレビとなって、もう一年くらい経つでしょうか。

朝の爽やかなシーンも、野生動物たちの世界も、大好きな嵐も、画面はすべて夕暮れのような赤っぽい色になってしまうんです。

それでも地上波の放送が終了する2011年まではこのままでいくつもりでいました。
テレビなくても生きていける人だったし。嵐を好きになるまでは(遠い目・・・)。

ところが、テレビAが映らなくなり、Cテレビもどうかすると画面が立ち上がるまでに15分くらいかかることがあり、この2チャンネルは録画ができなくなりました。
Nテレビは見ることはできるけれど、録画ができません。
おかげで『嵐の宿題くん』や『歌のおにいさん』は、どんなに眠くても体調が悪くても、りアルタイムで観るしかない・・・sweat02

それでもなんとか頑張っていたのです!
ところが最近は、夜のシーンnightは文字通り真っ暗で、何も見えない状態に。
声を頼りにシーンを想像するしかないという・・・(ラジオかいっmusic

もうね、2011年を待たずにテレビ買うことにしました。

まっ、19年使ったし。黄昏状態がんばったし。

やるだけやるけど、決めたら早いのだ!
普段は節約してても、使う時は使うのだ!(この落差に家族はついていけないらしい・・・)

来週の日曜日、新しいテレビくんtvがやって来ます♪ 楽しみっhappy02

次のボトル

昨日No.62が終わったばかりだというのに、次のボトルがすごく気になっています。

いま私は、2008年8月31日に選んだ4本を順に使っているのです。

Rimg0689 2本目・No.91(2008/9/1~10/18)←( )は使用期間
3本目・No.67(2008/10/26~12/31)
4本目・No.62(2009/1/10~2/6)

次は1本目のNo.5に行くのが順当ですが、どーしても気になるボトルがあるっ!  それは・・・

  

                       No.22(イエロー/ピンク) Rimg1137_3

続きを読む "次のボトル" »

No.62終了~SLOWING DOWM

共振の月とともに使い始めたマハコハンが、この月の最後の日に終わりました。

お義母さんや息子のことで、家庭が落ち着かない時期だったけれど、
それはすべて私の外側のことで、私自身は久々に静かな時間の中にいました。

この時期、一年の目標を立てるとか、あるいはすでにその目標に向かって動き出しているとか、外へ出かけたり、人と会ったり、新しいことを始めたり、何かを仕掛けたり。
・・・・・そんなことを一切しなかった1ヶ月は、ちょっと珍しいかも。

時々、こんなんでいいんだろうか?という思いが頭をもたげると、こんなカードが出てきたりして。一度ならず、二度も!

Zen038slowingdown
瞬間ごとに、人は自分自身と楽にくつろいでいなければならない——もっと良くしようとしたりせずに、なにかを修めようとしたりせずに、なにかを練習したりせずに。
「話していても、黙っていても、動いていても、動かずにいても、本質はくつろいでいる」
——それがキーワードだ。

くつろぐのは苦手なんだけど、いちばん身近な外側がガチャガチャしていたせいで、外へ出られなかったのが逆によかったのかもしれません。

私が、いま、もっているものでいいじゃん。

それはなにかの才能だったり、押入れにしまいこんだまま忘れ去られていた刺繍糸の束だったり。

ずっと外へ、外へと探してきたけど、実は私の中にもなにかが在って、それをちゃんとつかいきることが大事なのかもしれない。
そしてそれは他の誰でもない、私にしかできないことなんだ。

かといって、「さぁ!がんばって使うぞ~」ってわけでもなく。

このユルイ感じが本当に自分のものになって、イタズラに自分を責めたり、急かしたりしなくなったら、ひとつポンッ!と抜けるものがあるような気がする。

今はまだ、時々がんばろうとする自分に気づいて、頭でセーブしている感じだけど。

「気がついた」ということは、今までとは別の行動を取ることできるということだよね。

ペットボトル換算

昨年9月の地震予言騒動以来、キッチンの一角にペットボトルを置くようになりました。

ふだんはお湯を沸かして残った分を貯めておいて、お花の水やりや、食べ終わったお茶碗をすぐに洗わない時に水を張っておくのに使ったりしているのですが、そんな他愛のない使い道にも存外多くの水が必要なんだということが、やってみて初めてわかりました。

今日はふろふき大根を煮るのに、お米のとぎ汁をペットボトルにためてみます。

Rimg1128_2←お米3合をとぐのに使ったお水。1.5ℓのペットボトル1本半分もありますよ!これだけの水をいつもジャージャー流しっぱなしにしてるんだ・・・。
なんともったいないsweat01

少ない水でどれだけ使い回しができるか、遊び感覚でやってみるとおもしろいです。

続かない理由

毎日続けたいことがあって、できたかどうかをカレンダーにチェックしています。

それぞれ、できた時のマークを決めていて

 ①レ点→ブルーべリーアイを飲んだ(そもそもこれでいただいたカレンダー)
 ②footマーク→足のお手入れをしたRimg1127_2
 ③☆マーク→お顔のお手入れをした
 ④レ点を囲む□→スロー筋トレをした

こんな風になっております。

マークをつけるようになって続くようになったものもあるけど、続かないものもある・・・。
特に④番のスロー筋トレ。なんで続かないのか?

逆に言えば、他はどうして続くんだろう?
①はカンタン、②は今度の受診までに足をみせなきゃいけないプレッシャー、③は見た目がすぐにキレイになるお手軽さ

較べて④はメンドくさいし、即効性はないし、プレッシャーもないから続かないのね。

うーん。どうしたもんかなぁ。

結論出ず。

初対面の人

仕事柄、毎日必ず初対面の人に会います。初対面の人に会うのが大好きです。
長くつきあう人とは決定的に違う点があって、たぶんそこが好きなんだと思います。

突然の病気やアクシデント。初めて会う時、相手の方はたいてい不安でいっぱいで、表情も身体も固くなっています。

そんな時は相手の方と私の間に見えないバリアのようなものがあります。
それが話していくうち、だんだんバリアは消えていって、お互いの間に通い合う何かが生まれてきます。

それは、バチッとつながる瞬間だったり、もっとゆったりとした流れのようなものだったり。

今思いついたけど、ラジオの周波数を合わせる作業とちょっと似ているかも。
最初会った時はピーピーガーガー雑音しか入らない。
でもダイヤルを少しずつずらしていくと、放送がきれいに聞こえる瞬間があるよね。

あの周波数が合う感じ。
一瞬で終わることもあるし、ずっと続くこともある。
けど、もし一瞬でも周波数が合ったなら、それはわかるんだ。
もちろん最後まで合わないこともあるのだけれど。

とにかくこれを感じ始めると楽しくなってきて、なんだか笑っちゃうみたいなのです。

このいったりきたりする何かが好き。

帰る頃には、相手の方の雰囲気がやわらかくほぐれているのがわかります。
その時の笑顔がまた好き。

ああ、この人は、こんな顔で笑うんだ・・・。

痛みや不安や、無愛想だったり、つっけんどんだったり、
言い方がキツかったり、言葉足らずだったり、
攻撃的な物言いや、否定的な態度。

こんなもので表面がどれだけ覆われていたとしても、笑顔は一瞬でその人の本当の姿を見せてくれるような気がする。

それがはじめての出会いで起こる、奇跡のような瞬間が、たまらないほど好きなんだと思います。

嵐の宿題くん<真冬の運動会編>

3週間ぶりに見れた宿題くん。本日のゲストはTOKIOの長瀬兄さんです。
この方を見た途端、あ、今日はトークなしね、と一瞬思ったんだけど、笑えることに大当たりだったんだよね。

「真冬のおバカ運動会」と称して、長瀬チーム(ニノ・相葉・長瀬)と大野チーム(櫻井・大野・松潤)に分かれて勝負開始となりました。
今日は相葉ちゃんもメンバーなんだね。

1種目めは「低い天井走り幅跳び」。
わざと低くした天井の下を背中をかがめて走りぬけ、跳んだ距離を競います。
こんな時、たいてい一番手は翔くんで、後のみんなは翔くんの結果を元に対策を練っている感じが・・・。そして一番うまいのはやっぱリーダー!助走からジャンプまでの流れが美しく、飛距離もちゃんと稼いでいました。
ニノもコンパクトなフォルムで上手に跳んでいましたね。

そして2種目めは「むちゃぶり組み体操」。
これは出されたお題を組み体操で表現するもの。
おもしろいことに、大野チームはなんの打ち合わせもないのに、松潤が仕切ってんだよ。

たとえば1問目のお題は「東京タワー」。
櫻井くんと大野くんをサッサと両脇に据えて、自分はまん中の塔の部分をやっちゃうとか。

2問目の「オートバイ」も櫻井くんと大野くんは車輪で、松潤はライダーだし。
松潤の指示にも素直に動き、率先して土台部分を担おうとする嵐の年上2人の動きが超自然なのです。やさしいなぁ。

でも3問目の「ハンバーガー」は大野・櫻井2人の知恵が光っていました。

最初のハンバーガーでは、下から順に①櫻井②大野③松潤とうつぶせに積み重なっていたんだけど、オグさんのOKが出ず、やり直し。

今度は大野くんが仰向けでいちばん下になり、それを見て一瞬躊躇したものの、覚悟を決めた翔くんがうつぶせで重なり(こう書くと、ちょっとヤバイ?)その上に松本さんが乗っかって、見事クリアとなりました。こういう短時間での発想の転換は、大野くんの得意とするところかも。

これに対して長瀬チームの1問目のお題は「トーテムポール」。

ニノ「なにそれ?」  相葉「???」  長瀬「オレもわかんない」
オイオイ。誰も知らんて、ある意味わかる3人だけど。
それでもオグさんのヒントを元になんとかクリア。

そして男3人ジャージをめくってすね出して、カメラにお尻を向けて踊った「シンクロナイズドスイミング」。この構図はもはやスーパーアイドルでもジャニーズでもなんでもありませんね。

次の「ヘリコプター」はさらにミラクルな展開に!
「プロペラ、俺やる!」と言った長瀬くん、相葉くんを前にかがませ、ニノを「ケツのビーンってなってるとこ、やって!」と座らせた後の指示が、

「みんなヘリコプターみたいな顔して~」 (・・・どんなんよ?)

そして相葉くんの上に乗って旋回して見せた長瀬くん。やるね~。
翔くんが「プロペラ可動式だと思わなかった」と評するほどのできばえでした。

夜中に大笑いして、「うるさい!!」って怒られちゃったweep

でも、あんなおもしろいもん見て笑いをこらえているのはツライなぁ・・・。

足にも手をかけて

次回のフットケア外来で足を見せても恥ずかしくないようお手入れを始めました。

今までさんざん使うばっかで、一度もちゃんと構ってあげたことがないんだよね。

かかとはコチコチ、足の裏もカサカサ、タコだか魚もいるみたい。
冬だし、年だし、これは仕方ないんじゃない?とか思っていたけど、ひとまずこの間もらったクリームを塗ってみること一週間。

あれ?なんだか足の裏全体が柔らかくなってる!それに白っぽかった皮膚が、ちゃんと肌色になってきてるし。女のコの足っぽいワheart02

こうなると、もっと手をかけたくなっちゃうよね。

そこで今週からフットバスもプラスすることにしました。どうせなら足の殺菌も兼ねてエッセンシャルオイルも使っちゃおう。
お湯を沸かして、洗面器に入れてから、ラベンダー・アングスティフォリアを数滴おとします。これなら殺菌作用だけじゃなくて、香りもいいし、リラックスできそう。
そうだ!20分ほど浸かっているなら、本も読んじゃおう。

これ、とってもイイです。使い切れずにどうしても残ってしまうエッセンシャルオイルの使い道ができたし、足のお手入れして、本が読めて、しかも冷え性の足もぽかぽかになります。
その後、クリームを丁寧にすり込んで、靴下を履いておしまい。

そうそう、靴下と言えば、絹の5本指靴下をいただいたのダ。
足指を動かすのが苦手な私にはちょっと履きにくいけれど、履き心地は好きです。
今度洗い換えに何足か買ってこようと思います。

マハコハンと冬ごもり

マハコハンがあと1/3になりました。
上層はずいぶん前から不透明になっているんだけど、ここ最近そこにうっすらグリーンが見えるんだよね。

   Rimg1109 ←写真ではほとんどわかりませんが。

ちょっと面白いなと思ったのは、このボトルを使っている時期がちょうど大掃除にあたっていて、普段なかなか目にしない、奥まったところにしまってあったものを取り出してはしまうか、捨てるか、再生するか。そんな作業を延々としていることです。

とりわけ今は、ひと手間かけての再生作業が楽しくなってきました。
そのままでは役に立たないものをどう使えるようにするか。Rimg1104
頭をひねって、手を使って、新しく何かを生み出すのは楽しい。
これについては、また別の機会に書けるかな?

     :;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

今は冬と一緒にお家にこもっていますが、春が来たら、季節といっしょに別の新しいものがやってくる気がします。
今は、新しいものが入るための大掃除をしているのかもしれないなぁ・・・。

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »