2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

発掘はコチラ

  • カスタム検索

« 仕事納めに気づいたこと | トップページ | No.67終了 »

空歩く者

Mon13 今週末、貴方は何かをスタートさせると思います。
それはまったく、短期的なことではありません。
このスタートは、過去一年以上かけて準備されていて
かつ
この先長く10年以上も続いていくストーリーの始まりなのだと思います。

12月22日から28日までの筋トレの最後に↑こんな文章があって、さらに12月27日から13の月の暦では“赤い空歩く者”(左上の紋章)のウェイブスペルが始まりました。

ここんとこ、とてもハッキリとした切りかえの雰囲気を感じています。

それはちょうどこの前の同じ紋章の日、kin33“赤い共振の空歩く者”の時に先触れがあって、いよいよ27日(kin53“赤い磁気の空歩く者”)から本格的に動き出したことなのです。

kin33の日はお義母さんから電話がかかってきた日。
その時言い出されたことをどうするか。
それを決めるには私自身の気持ちの整理が必要でした。
ブレスレットはそれを助けるために、あのタイミングで届いた気がするのです。

“赤い空歩く者”は私にとってガイドkinにあたる紋章です。

ある13の月の暦の本を見ると、「ガイドはあなたが能動的に生きようとした時はじめて働く力です」と書かれています。
「自分の能力を個人性の中に閉鎖せず、さまざまな自分を統合していく道」でもあると。

そして“赤い空歩く者”のウェイブスペルは、自分にとっての新しいテーマを追い求めていくことで創造のプロセスが始まるのだそうです。それはまわりからもたらされるもの。自分の中にないものなのです。それを取り込み、生かし、新しい自分のものとする。

今回の新しいテーマは、家族のような気がします。

結婚した時、私には新しい家族が増えました。
自分が選んで結んだ家族の関係は、自分が生まれ育った家族よりちょっとだけ努力してつくり続けていくもののように思います。
その時の状況や家族ひとりひとりの状況によっても関係は変わっていく。

中でも、自分で自分のことができなくなっていく時、関係は大きく変化すると思います。

そんな時期を迎えつつある今、いちばん近しい家族とどんな関係をとり結んでいきたいのか、自分の生き方が問われているなぁと思います。 

身近なだけにむずかしい関係でもありますが、義務感に絡め取られてしまうのではなく、どんな状況の中であれ、家族のそれぞれがそれぞれに自分らしくいられるような道を探していきたいと思います。

« 仕事納めに気づいたこと | トップページ | No.67終了 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 仕事納めに気づいたこと | トップページ | No.67終了 »