2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

発掘はコチラ

  • カスタム検索

« おかず隊 | トップページ | プレゼントその1 »

フラッタ・リンツ・ライフ

51r13svjnxl スカイ・クロラシリーズ第4作。(*ただし、私は2作目の「ナ・バ・テア」から読んでいるので3作目)。「ナ・バ・テア」「ダウン・ツ・ヘヴン」は草薙水素(クサナギスイト)が一人称で登場していたが、今回はクリタジンロウが「僕」として登場する。

一週間前に買ってから、すでに3回読んだ。淡々と疑問なく。
・・・・3回目までは。

時間が経過し、語る人物が変わったことで世界も広がっている。
よりたくさんの事実が登場し、それだけわからないことも増えていた。
しかし、全体としては、まあ、そのまま読めていたわけだ。

ところが、4回目(つまり昨日のことだが)、ある文章に目がとまってしまった。

その記事は本社の創立記念の式典で、草薙がアクロバット飛行をしたことについて書かれていた。このときは僕も彼女と一緒に本社のある街へ飛んだので、よく覚えている。

そう。これは前作「ダウン・ツ・ヘヴン」の内容だ。覚えている。

だけど、少しだけ違和感。なんだろう。確かに事実なんだけど。
その違和感の正体を知りたくて本棚から「ダウン・ツ・ヘヴン」を取り出し、この部分を探した。

ところが、ページをパラパラとめくった先に飛び込んできたのは・・・

「カンナミ」という名まえだった。

                     *

ものすごい衝撃。
どうして忘れていたんだろう。
「ダウン・ツ・ヘブン」に、クリタジンロウは登場しない。
それは「カンナミユウイチ」だったのに。

「フラッタ・リンツ・ライフ」で突然登場したジンロウに、なぜ違和感がなかったのか。
どうしてカンナミをきれいに忘れ去っていたのか。

2冊の本を読みくらべて、その謎はさらに深まった。

ある種の予感とともに。

次の巻が早く読みたい。でも、読むのが怖い。

« おかず隊 | トップページ | プレゼントその1 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« おかず隊 | トップページ | プレゼントその1 »