2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

発掘はコチラ

  • カスタム検索

« 魂の石 | トップページ | 贈り物 »

親子だなぁ

今日は最後の個人懇談会でした。

本当ならここで志望校を決定しなければならないのに、今の時点でA判定がひとつもない息子を心配して安全校(すべりどめ)の受験をすすめる先生と、行かない学校の受験はしないと言う息子の意見がまとまらず、結局再考をということで終わりました。

再考しても、結論は同じなんだけどね。
こういうところ、私と息子はとても似ています。

私も受かる可能性はまったくないのに、行きたい学校ひとつにしぼって受験したっけ。
学校の先生は猛反対で、「何度も他を受験しろ」「すべりどめを受けとけ」と言ってくれましたが、頑として聞かない私に閉口して、最後には「親御さんからもなんとか言ってください!」と言ってきました。たぶん親はわかってくれて、いっしょに説得してくれると思ったんでしょうね。

でも高3の最後の懇談会で先生からこう言われた時、父はきっぱりと「いや、この子がそう言うなら必要ないでしょう。」と言い切ってくれました。
先生は絶句してたけど、私は父ならそう言ってくれると思っていました。

随分経って父から「実はあの時、浪人を覚悟していたから、お金どうするかなぁ」ってお母さんと頭抱えていたんだぞ。受かってくれてよかったよ。」って聞いた時、そんなことおくびにも出さずに、ただ黙っていてくれたことに感謝の気持ちでいっぱいになったけど、自分が親となり、同じ立場に立たされてはじめて、あの時の親の大変さがわかった気がします。

親ってなんて大きな愛をもっているんでしょうね。
けれど私は、まだまだ、どんとこい!な親にはなれてないなぁ・・・。

« 魂の石 | トップページ | 贈り物 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 魂の石 | トップページ | 贈り物 »