2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

発掘はコチラ

  • カスタム検索

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

変わっていくこと

Rimg0947上段左端No.26(オレンジ/オレンジ)の隣りNo.27(レッド/グリーン)。最近上層のレッドが、オレンジのように見えます。
1本おいて次の2本、No.29とNo.30のブルー&レッドのコンビと見くらべるとわかりやすいかな。

オレンジはレッドにイエローが入った色。

少し前にNo.61(ブルー/クリア)の下層にペールイエローのような色が入ったことを書きましたが、我が家のボトルたちのイエロー化現象はまだ続いているようです。

けれどあの時感じていた、どっちつかずの嫌な感覚が今はすうっと抜け落ちています。
一本の道があるとして、その道のゴールに何があるのか、ハッキリ見えないことにはその道を進めないと思い詰めていました。
そこに向けてかけてきた時間や労力を考えると、何も得られず終わることがイヤだったのかもしれません。

でもさー、それならあらかじめゴールを設定して、達成可能なことにしか向かえないことになるよね。そんなことがこの人生にいくらあると思う???ないよね~(笑)。

変わることを恐れずにいよう。ワケのわからないことも、楽しんでいこう。

今はそんな感じです。

おにぎり隊

新聞に「1200人分のおにぎりを作るボランティア募集」の記事が載っていました。

それは12月に行われる全国のがん患者さんが集うイベント。
名古屋市内の玄米食の店「のら」さんが、昼食1200人分を無償提供すること、おにぎりを作るボランティアさんを募集していると書いてありました。

料理は苦手だけどおにぎりなら作れるゾ!さっそく電話して申し込んじゃいました~♪

「のら」さんの心意気に打たれたのが第一の理由ですが、もうひとつの大きな理由は、ガンが治って元気にしている(らしい)患者さんの存在です。

仕事柄、ほぼ毎日、末期のガン患者さんと会いますが、ガンが治って、元気になった方に会ったことがありません・・・。
私にも何かできることがあればいいのに。いつもそう思います。
ほんとにただ話を聞くくらいしかないんです。
なので、とっても関心があるんです。誰だって、治って元気になりたいですよね。
そんな人がいるんなら会ってみたいし、どんなことを実践していらっしゃるのか聞いてみたいじゃないですか。
とはいえ、その日の私のお役目はおにぎりを握ることなので、参加者の方に会えるかどうかはわかりませんが。

ちょっとでもそんな機会がもてたらいいな、と思っています。

イベントの詳細はコチラ→「世界一元気!ウェラー・ザン・ウェル大集会」

おにぎり隊ボランティアの申し込みはコチラ→ 玄米食の店 のら 
(電話で問い合わせ)
 

「愛」という仕事

「僕ね、お父さんのところに行ったんだけど、お父さんは僕をいらないって言うんRimg0903だ。
それでね、お母さんのところに行ったんだ。でもね、お母さんも僕のこと、いらないって言うの」

その子は真夜中にホームの門のところで泣きながらこう続けました。

「でもマザー、あなたは僕をほしいと言ってくれるでしょ?」

この子の姿が目の前にハッキリと見える気がしました。

なぜかしら?

こんな風に親に必要とされない子どもばかりではなく、家族に囲まれ、友だちもいて、毎日の生活になんの不自由もない人でも、いま、この子と同じように感じている人は案外いるんじゃないでしょうか。

マザー・テレサは貧困には2種類あると言っています。

物質的な貧しさと、愛に対する飢えからくる貧しさ。
誰にも必要とされることなく、誰からも愛されることのない孤独。

そこまで極端じゃなくても
ほんの少し自分に向けられた気持ちがあれば、人は満たされる。

神さまが
あなたや私を愛してくださっているように
人を愛しましょう

それがマザー・テレサの「愛」という仕事だったのかな。

にんじんの葉っぱ

出張前に届いてしまった、そらさんの野菜。
根菜類はいいけれど、それ以外は食べないと腐らせてしまう。

にんじんの葉っぱなんて、どうやって料理したらいいんだよ~sweat01

というわけで、ネット検索してみました。

Rimg0910← その中で、もっともカンタンだったのがコレ。
にんじんの葉っぱの天ぷらです。
ちぎっては揚げ、揚げては食べ、の繰り返し。
葉っぱはちょっと苦味があるけど、食べ慣れるとクセになるウマさです。

嵐の宿題くん<J登場!編>

一週間ぶりにスザンヌさんをお招きしての宿題くん。
今週もかなりup笑わせていただきました!

今回はゲストに嵐5人のニックネームをつけてもらうことに。
(いつもの逆パターンですね)

ニノ・・・・ニノラーメン(ス「好きな食べ物は?」 ニ「安いもの」のくだりから?)
リーダー・・・おっとん(おのさしの2文字をとって?)
櫻井くん・・・サッション(くらいょうから?リーダーとの違いはカタカナ)
相葉くん・・・バンジー(相のバ!ね)

で、松潤はというと・・・

J(ジェイ)です、J! 松潤「すげーカンタン(笑)」 

これにはメンバー大ウケで、なにかっちゅーと「J」を連呼。
そのせいなのかなんなのか、本日の彼はちょっとキレ気味(?)なほどストレートな発言がチラホラ。

ゲストリクエストの“珍しくておいしい芋料理”の中で石焼き芋屋の話が出たんだけど、相葉くんの「オレんち、いた~」って発言に、「オマエんち、限定じゃねーよannoy
と、そこまでマジメに言い直さなくてもいいよな発言が・・・。

「あんまJ怒らすなよ」なんて、ニノに言われてましたね。

その後、「恋愛においてはツンデレを目指したい」というスザンヌさんは、Jと理想のツンデレを実演してもらうことに。

スザンヌ「ツンで~すheart04
J「デレで~す。・・・って、エッ?!ツンデレって2人でわけるものなの???」

いやいや、1人で使い分けるものですよね。
デートの別れ際でのツンデレという設定に、スザンヌワールド炸裂。
しかしせっかくの熱演にも、Jは一言「めんどくせ~」。

この後、知的キャラへの変身をめざして、櫻井くんとニュースキャスター(コメンテーター?)にも挑戦していたスザンヌさんですが、嵐メンバーからは「安心して聞けない」なんて言われてました。

これを見た嵐のオバカ担当(注:テロップに書いてあったんだからね~)・相葉ちゃんが「オレ、できちゃうよ~!」とコメンテーターに挑戦。
日本経済の行く末については、「みんな、胸に手を当てて考えよう!」と、国民に行動をうながす迷コメントを残して終了。
しかしこれでは終われないと思ったのか、メンバーが小倉キャスターと、櫻井コメンテーターを指名して、最後は「宿題くん」か、ニュース番組なのかわからないほど立派に〆てくれました。

今回は、嵐のメンバーも新しい一面を開発できたね。おつかれさまでした。

続きを読む "嵐の宿題くん<J登場!編>" »

Aura Beauty パーソナルカラー診断

今週は時系列がグチャグチャですが、書ける順に書いていきます。

24日 Aura Beauty でパーソナルカラー&骨格診断を受けてきました。
ここでは春夏秋冬の4シーズンじゃなくて、7シーズンで似合う色を提案してくれるんです。

私のパーソナル(Best)カラーは、淡い、クリアな暖かみのあるEarly Springと、クリアではっきりとしたビタミンカラーをもつSpringのカテゴリー。

でも、その他のシーズンもまったくダメってわけじゃなくて、工夫次第でBetterな選択にもなるようです。
そこら辺はプラス骨格分析で、例えば洋服の色だけじゃなく、素材やデザイン、似合う柄や襟の形、パンツやスカートの形や丈の長さなどなど、自分に似合うファッションとデザインについてのお話があり、選択肢がかなり広がりました。

今回出張研修とAura Beautyの日程がうまく合って参加することができたのですが、単にパーソナルカラー診断を受けるだけなら、もっと近場でできるところもあったのです。
それでもmixiでYoshikoさんを知って、受けるなら絶対ココがいい!と決めて早2年。
待ってよかったな、ていうのが正直な感想です。

Yoshikoさんのブログを読むと、どんな人にもキレイになってほしいという熱い想いと、そのための技術やセンス、ノウハウを、自信をもって提供できますという明確な意志が伝わってくるんですよね。
私がいちばん魅かれていたのは、そこだと思います。

そして実際お会いしてみて、次は絶対メイクのコースに行くぞー!って思いを新たにしました。

私にとっては、やっぱ、「人」が決め手なんだよね。

2人の待ち合わせ場所といえば・・・

今回のカンヅメ研修のひそかな楽しみがコレでした♪

 Rimg0918_7 日曜 恵比寿ガーデンプレイス時計広場 ?時    

会場が近かったので、ダッシュで行って帰って来ました。

レポートもそこそこに、ビデオチェックしていたのがコレです。なにしてんだか(笑。

せっかくなので『花男2』第3話のラスト、つくしが呼び出した司を見つけた角度から狙ってみましたが、何度トライしてもボケボケにしか撮れず・・・。

でも、いーの。とりあえず行けただけで。

週末

週末の出張研修に向けて、本を読んだり、レポートまとめたり、ストックごはん作ったり、『花より男子2』第3話のビデオチェックしたりしてます。

最後のは、研修には関係ないんだけど(笑)。

この努力が実るようなことになれば、また報告します♪

・・・てか、実ってほしいなぁ・・・。

そらさんの野菜

宮崎のおうちカフェで感じたモノゴトが、私の中でいろんなカタチに広がっています。

そのうちのひとつが おいしい 安心野菜です。

現在ボチボチ探索中。今週はそらさんから、野菜を取り寄せてみました。

Rimg0904

  Rimg0906にんじんの葉っぱ、どうやって食べよう。
新しくも楽しい悩みだな。

ここの野菜は自然栽培(無肥料・無農薬)とうたっていますが、私はこういう用語の正しい規定をちゃんと理解していません。

なので今の時点できちんとしたコメントはできません。

なにが安心で 安全なのか。その安全を守るために、作る人たちがどんな現実に生きているのかを、食べさせていただいている者として、知っていきたい。
食べるだけじゃなくて、自分ができることがあればしたいと、考えています。

でもまあ、今回そらさんを選んだいちばんのポイントは、同県だったということですかね(笑)。

今の時代、お金を積めば、ある程度のものは手に入ってしまいますよね。
食べ物も同じ。距離がないと思うんです。
本当は、自分とこで自分たちが食べる分を自分で作れたら最高だけど、そうじゃないなら近場の人がいいなと思ったから。
まあ、近いだけなら、もっと近かった人もいるけど。そこら辺は感覚です。

食べてみての感想は、また後日。

セクシー 「Cut」 松本潤

                 セクシー08! ついに松本潤が登場!
               禁断のセクシー・フォト・ストーリーが実現!

                    ・・・・・・・・って!

                    あああああ~。

                      もう。

                買ってしまったではないかっ!  

「Cut」って どんな雑誌か知りませんでしたが、本屋に行ったら、ちゃんと松本潤くんと目が合いました。(表紙を見たらわかります♪)
レジに持っていける雑誌なのかちょっぴり心配してたのは、まったくの杞憂デシタcoldsweats01 
(「禁断のセクシー・フォト・ストーリー」って、一歩間違うとどっかイッちゃう気が)

どうやら恒例らしいセクシー特集で、初の日本人男性が飾る表紙なのだそーです。

でも!セクシーと言うなら、松本潤のセクシーさは、彼がもう少し年齢を重ねた後に、よりハッキリしてくる気がします。

決して、いまセクシーじゃないという意味じゃなくね。

アンバランスに見え隠れしていて、自分でも確とはわからずにいるもの。

外側から見ている私たちには その片鱗がフラッシュのように垣間見えるんだけど。

*******************************

目隠しされて 手を縛られて フルーツくわえて

・・・なんて いかにもなポーズをリクエストされた松潤。

ーこういう撮影のときは、どんなことを考えているんですか?

という質問に

「今日は27歳のサラリーマンです(笑)。って勝手に思ってた。普通に写るのがあまりにもこっぱずかしかったので、なんか設定つくろうって。」

と答えていました。

なるほど。しかし、求められているイメージにきちんとこたえて表現するというのも、難しいことですよね。

セクシー特集、彼以外はみんな美しく若干露出度高めな女性陣でしたが、最もセクシーだったのはやっぱり松本潤くんだった気がします。
でも、私が思うSEXYは、もう少しキケンな感じだなぁ。
27歳のサラリーマンじゃなく。
野生動物の美しさにも通じるような。
エロくないセクシー。
もっといい言葉、ないのかなぁ・・・。

個人的には、147ページのアナザーショットを大きなサイズで見たいですね。

続きを読む "セクシー 「Cut」 松本潤" »

がんばらないボトル

私にとってNo.67のマゼンタボトルは、“がんばらないボトル”みたいです。

それも、どーしてもがんばらないといけないような状況とか心情に直面させといて、「さあどうする?」と聞いてくるような・・・。

先週職場で全体会議があって、いま一番旬でがんばっている人たちの発表がありました。それを聞いたら私ももっとがんばらなきゃと思うようなキラキラした内容でした。

ひとつ前に使っていたNo.91(オリーブ)なら、そこでやれてない自分に落ち込んだり、ガッカリしていたと思います。

そしていつもの私がNo.67(マゼンタ)を使っていたなら、たぶんそこでちょっぴりなりとも奮起していたと思うのです・・・。

でも。

うーん、なんだな。

がんばれないことはないんだけど、人ががんばっているから自分もがんばるというのはちょっと違うよね。
でも仕事だからがんばらなきゃなんだろなあ・・・。と、思おうとしていた翌日のこと。
朝、時間を見るためにつけたテレビから、こんな言葉がもれてきました。

「人間、がんばっちゃダメよ。がんばるから病気になるのよ。」

何十年も病気を隠し通して、女優を続けてきた大原麗子さんの言葉。出かける支度をしながらほとんど聞いてなかった内容の中で、このフレーズだけが耳に飛び込んできたのです。

がんばり通した彼女だからこそ、心底思い、言えたことなんでしょうね。

でも、ぜんぜんがんばってない私も、これを聞いて、そうだと思いました。

これからは、できるだけ 自分のやりたいことをがんばろう。

もちろんそればっかりではすまないけれど、もしも選ぶことができるのならば、自分の好きなこと、やりたいこと、ワクワクする方を選ぼう。

オーラソーマでマゼンタは、“がんばりすぎる”傾向があると言われています。

でも私にとってNo.67(マゼンタ)は、“がんばらない”ボトル。

自分のがんばりたくないことをがんばらなくても、誰からも責められないし、私も私を責めなくていいのです。

「さあ、どうする?」と「それでいいんだよ」のアメとムチを行ったりきたりしあんがら、今日もマゼンタは私に、自分のいちばん大切な芯の部分を問いかけてきます。

嵐の宿題くん<お金がないのでSP編>

オープニングからいきなりセットを片付け始めるスタッフの前に並んだ、嵐の5人(&オグさん)。

ここ何週か、高級食材を使いすぎた(?)あおりをうけて(??)超節約企画となった今週の宿題くん。ゲストなし!高級食材なし!企画なし!(←いや、一応あったケド)なのに、番組史上まれにみる楽しい内容だったと豪語するのは私だけでしょうか(笑)。

パン丼、駄菓子のソースカツ丼もよかったけど、なんといってもshineスバラシカッタshineのは、相葉ランドのコーナー。題して「誰が一番早く眠れるか?」でしょう!

スタジオに布団を敷いて寝るだけ(笑)

画面左から、ニノ・松潤・オグさん・櫻井くん・リーダーの順に横一列で寝ます。
ある意味、貴重映像movieではあるよね。

まず、リーダーの寝顔がメチャメチャかわいいheart01どんな時でも彼は自然体です。

櫻井くんは、胸の上に両手を組んで神妙に目をつぶっています。
この人はどっかマジメだね。

前日1時間しか寝ていなかったオグさんは、本気で寝ちゃうよモード。
というか、ホントに寝ちゃうんですけど。

その隣りで「オレ、寝れないから」と、さっさとマンガを読み出す松潤。

うつぶせ寝が似合いすぎのニノ。

しかし、こんな明るい、うるさい(相葉ちゃん、しゃべりずめ、イタズラしすぎ)ところで眠るのは至難の技。

個人的には、松潤の読んでたマンガがとっても気になります・・・。

チラ見した絵を見るかぎり、ジャンプの「HUNTER×HUNTER」の主人公、ゴンだったような気もするんだけど。

誰かわかる人いたら、教えて~。

続きを読む "嵐の宿題くん<お金がないのでSP編>" »

短編小説

「短編書いてみたんだけど、読む?」

受験勉強でめっきりムダ口の減った息子からうれしい申し出がありました。

もちろん!読む♪読む♪
・・・な~んて、ハシャいでは×なのです。←これで読み損ねた作品は数知れず。
ここはあくまでさりげなく、どーでもいー風に「あればね」なんて答えます。

でも、本当はメチャメチャうれしい~happy02

主にケータイで小説or詩or歌詞orその他分類不能文を書いている彼の作品を読むには、作者本人のケータイから送ってもらわないとダメなのですから。

今朝PCを確認したら、メールが4通入っていました。

やった♪ 今回はGETしたゾ。

彼の小説は、カタチとしてはまだ確と定まったものがありません。

けれど、もはや、独特の世界観があります。

そこに惹きこむ“なにか”をもっているのです。

プロットなのか 言葉の使い方なのか はたまたなにか?

それは全然わからないけど

いままで読めた 数少ない作品の中でさえ 思ってしまう。

この人の世界観は いったい どこから来るんだろう。

そんなに人生の経験を積んでいるわけでもないはずなのに
作品の底にあるものを思うと
時として 母としては心配になることもある。

彼は

生きて

人生を重ねていった先に

いったいどんな世界を描いていくのだろう。

そういう意味では

息子というだけじゃなく

年を重ねていくのを知るのが とても楽しみな人物のひとりですねぇ。

嵐の恋話ビューティフル☆ダイス

今日のナローボートのタイトルは、「平原綾香 ノクターン」になるはずだった。
しかし。
買うはずだった本日発売のCDは、まったく買う予定じゃなかった嵐のCDに取って代わり、給料日まであと4日を残り722円で戦い抜こうとしている私には、1050円のCD代がもはや捻出できないのであった!

この時期、毎度毎度、3ケタの攻防戦をしている私って・・・。うーん。

それでも今日260円の「ザテレビジョン」を買ったのは、嵐の「Beautiful days」発売記念2週連続グラビア企画があったからです。
しかも、恋話限定・メンバーによる恋愛シーン実演付きのサイコロトーク♪
サイコロを振って、出た目の数で決められたシチュエーションを演じてもらいます。

1・・・恋人と流星を見ているときの決めゼリフを       (相葉&松潤)  
2・・・家に帰ると彼女が泣いていた・・・。どうなぐさめる? (櫻井&相葉)
3・・・恋人が足をくじいてしまった。どう運ぶ?        (ニノ&櫻井)
4・・・カップル風のドリンクの飲み方を教えて         (松潤&大野)
5・・・恋人が家に来たけどソファが1シーター。どう座る? (大野&ニノ)
6・・・メンバーで一番上手だと思う人に、耳かきをしてもらう。

↑ピンクの文字がお題の回答者で、黒い文字の人は相手役ね(笑)。

さて、ここで素朴なギモンをひとつ。サイコロの目は全部で6つ。しかし嵐メンは5人。
最後の6は誰が担当したでしょう?(答えは一番最後に)

まぁ、恋話といっても、男同士の実演だからねえ・・・。
私の独断と偏見で、案外素な意見では?と思ったのが、5番リーダー&ニノチーム。
この二人、フツーに並んで座ってます。

大野 「普段からあまり恋人だからってイチャイチャしても気持ち悪いじゃない。突き放すまではいかないくらいの、ちょうどいい感じがいいかな~と」
ニノ  「カップルっぽくしないってのが案外究極なのかもしれないよな」
相葉 「じれったい愛ですね~」

*************************

そして、やっぱし気になるのは4番の松潤&リーダーなんだけど、見つめ合う二人が近すぎるっsweat01
ひとつのグラスに、いかにもな感じのくねくねストローが2本あるのを見た松潤は・・・

松潤 「実際こういう飲み方って恋人ともやらないんじゃない?リーダーとやったのはマニアにはたまらない絵でしょ」
大野 「フフフ。こんな飲み方したのはじめて」
松潤 「ごめんね。はじめてを俺が奪っちゃってheart
大野 「いや、はじめてがキミでよかったです。・・・この会話もマニアが聞いたらたまらないね。」
ニノ  「マニア向けはもういいよ!」

なんて、ファンサービスかい!

もう~、相葉ちゃんとのコンビでは、スキをついて速攻キスされた松潤(!!)。
急な出来事に固まりつつも、そのままゆっく~り、顔を遠ざけるのだった・・・。

なんて、書いてあるし!キミたち、ムダに仲よすぎっ!

続きを読む "嵐の恋話ビューティフル☆ダイス" »

ORDINARINESS

いま 感じていることを 書き留めておきたいけれど

Zen076ordinariness

あまりになにげなく

あまりにふつうで

どう書いていいのか迷ってしまう

そんな昨夜に引いたカード 「ORDINARINESS(普通であること)」

私たちは、自分たちが生きているこの美しい世界を、あまりにも簡単に当然のことと受けとめてしまいます。
家を掃除する、庭仕事をする、食事をつくる——もっとも世俗的な作業であっても、自分が全面的にかかわり、愛をもって、認められたり報酬を得たりすることなど考えずに、ただそのためにだけ行なうと、それは神聖な質を帯びてきます。
出会う状況に対する、この簡潔で自然でごく普通のアプローチのほうが、立派で賢くあろう、さもなければ特別であろうとする自分の側でのどんな試みよりも、はるかによい結果をもたらす、そういう時にあなたはいま臨んでいます。

Rimg0901_2 なるほど~。こんな書き方があるかぁ・・・。

なにが 「ふつう」 なのかは、人によって違うけど、イベントや目新しさや、人をアッと言わせるような“なにか”じゃなくても、私にとって毎日の「ふつう」が、こんなにニヤニヤと楽しく思える時は、いまだかつてなかったんじゃないかなぁ。 

この感じが、いま使っているマゼンタの感覚なんだよね。

シークレットトーク

えーと。今回、ま・・・・・・・ったく、買う気はなかったんですケド、
買ってしまいました。
          shine嵐「Beautyful days」通常版shine

毎週金曜日TVで聴くし、踊りもないし、PVはきっとYou Tubeでも見れるし、職場の人がDVD付きの初回限定版を貸してくれることになっていたので、「Beautyful days」にはそんなに思い入れもなかったのです。

でも、買い物に行ったついでに寄ってしまったCDショップ。
聴いてしまったCD。

・・・何回も聴いてると、洗脳される耳なじみのいい曲なんだよね、「Beautyful days」。
それに、ちゃんとゆっくり聴きたくなってしまった、「僕が僕のすべて」。
もう1曲「忘れられない」も気になる・・・。

という訳で、買ってしまいました!

しかし、これ、聴き流せないほど真剣に聴いてしまいます。
昨日も書いたけど、歌詞がいいと思うんだよな(「僕が僕のすべて」)。
そして3曲目の「忘れられない」。

嵐の楽曲は、ひとりひとりで歌う部分(あまりないが、ワンフレーズずつが多い)と、何人かで歌う部分(この組み合わせについては、ただいま研究中)と、全員で歌う部分と、ところどころ大野くんがシメる部分があるのですが、この、大野くんソロパートがすごく効いてるんだよね。文句なしに声がよくて、歌、うまいと思います。
「忘れられない」にも、そんなシメがちゃんと入っています。

しかーし!

なんと言っても、この通常版のうれしいところは・・・

       heart01シークレットトークが入っているところでしょー!!!heart01

3曲聴いて、次の3曲分のカラオケバージョンを聞き流していたら、しばらくして・・・

「では大野さん、乾杯のご発声をお願いします」という櫻井くんの声が聞こえ、アレ?と思う間もなく嵐の焼肉屋トークが始まるのダ~。

知りませんでした。

しかも結構長くしゃべってくれて。(よく見たらCD全部で61分モノなんだよね)

フツーの会話が超うれしい♪

いや~、初回限定版もいいかもだけど、これ通常版の方がおいしいのでは???

僕が僕のすべて

今週はやっぱり嵐な一週間☆でした。

11月3日(月)  TV「HEY!HEY!HEY!」 「嵐の宿題くん」
11月5日(水)  CD「Beautyful days」 発売
11月6日(木)  TV「うたばん」 「ひみつのアラシちゃん」
           雑誌「ザ・テレビジョン」「TVガイド」
11月7日(金)  TV「Mステーション」 「流星の絆」(ニノ)

と、ここまできて、さすがにもうないだろうと思っていたのですが。。。

表紙が嵐で思わず買ってしまった「ザ・テレビジョン」という雑誌に、「Beautiful days」発売記念 2週連続グラビア&座談会というのがありまして(笑)。

これ、嵐のメンバーがさまざまな美顔グッズを試すという企画(?)で、ビジュアル的にはプロレスのマスクをかぶっているかのようで、あまりおいしくない絵なんですけど、座談会にこんなくだりがあるんです。

 ・・・(急に櫻井の携帯の着メロが鳴る)
   松本 「お、それは何の曲ですか?」
   櫻井 「『僕が僕であるために』」
  松本 「違うよ。今回のカップリングの『僕が僕のすべて』だろ!」
   櫻井 「尾崎豊の曲名と間違えた!」
  相葉 「素で間違えてるし(笑)」

櫻井くんて、自分(たち)の曲を着メロにしてんですねー。なのに、曲名間違えてるってのもおかしいけど。

でも、なんかこれ読んで、「僕が僕のすべて」って曲を聴いてみたくなりました。

で、買い物に行ったついでにCDショップで聴いてきちゃいました♪

いや~、いい曲だね、これ。

いま流れてるauのCM「もしも僕らが嵐でなかったら」編のバックにかかってる曲だ!

CMの中の嵐の5人も、まったく別の人生を歩んでいるわけですが、「僕が僕のすべて」という曲も、

 もし僕があの日 少し違う人生を選んだとしたら

という歌詞で始まるんですね。
すごくステキな言葉がいっぱい詰まっている歌です。

たとえどんな人生を選んだとしても 自分が選んだ人生をまるごと受けとめていこう
今ここにいる 僕が僕のすべてで
どんな道を選んだとしても どれも僕が創った道なんだ

あえて歌詞をそのまま載せるのはやめますが、私にはそんな意味に聞こえました。

うたばん:韓国語&中国語Ver.嵐

録画の準備をしていたのに、冒頭いきなり嵐の「Beautiful days」で開いてしまった、本日のうたばん。

嵐は、韓国のコンサートから帰って来たばかりなんですねー。
中居くんの「あっちの言葉で1曲歌ったりしたの?」に続いて、石橋さんがすかさず「ちょっと歌ってよ」と突っ込んでくれたおかげで、松潤の韓国語MC付き『A・RA・SHI』のサビ部分を、振りつきで見れることになりました。

石橋さん、ナイスですnote

しかし、どう見ても踊りに気合が入ってない5人(笑)。「歌詞飛んじゃうんですよsweat01」と必死で言い訳する松潤に、「歌詞とぶんじゃなくて、ちゃんと足弾ませろよannoy」と中居先輩ダメ出しがっ!

そこを素直に弾み直して、韓国語の歌詞も歌い終わり、ホッとして席に戻ろうとすると、さらに石橋さんから追い討ちがっ!

「あれ?北京語は?」

さらにナイスな石橋さんnote

「え“~?」とか言いつつ、即座に隅に集まって、中国語バージョン『A・RA・SHI』の練習をする5人。この素直さ、チームワークはなんなんでしょ(笑)。
実は次の上海コンサートは来週で、中国語バージョンはまだ特訓中なのです。

それでも「歌って踊れるのが嵐なんだべ?」と中居先輩の愛のムチは続き。

ほとんど口パク状態だった相葉君は吊るし上げられ
(ひとりだけセンターで歌わされる)。

最後はもう、歌詞ゴニョゴニョ状態で終わった、『A・RA・SHI』中国語バージョン。

「勘弁して下さいsweat01 」と頭を下げる松潤が、かわいかったデスheart

いや~、堪能させていただきました。うたばん。

この番組、嵐が出る時しかほとんど見ない(!)と言っても過言じゃないけど、歌だけじゃなくトークが多くて好きです。特に、毎回石橋さんから耳元になにかを吹き込まれ、中居先輩にケンカを吹っかける大野くんのくだりとか、わかっていても笑っちゃいます。

ちゃんと自分でわかるんだ

今年の春に、オーラソーマコンサルテーションやチャクラバランストリートメントをする時使う屋号のようなものを決めようと、言葉を探していた時期がありました。(その時の日記はコチラ
結局コレといったものが見つからずお流れになったのですが、その時タロットで名まえをみていただいた恭子さんから、「こんな名まえはどう?」と久々にメールをいただいたのです。

それはとてもトテモ素敵な言葉でした。

あれから半年以上経つのに、忘れずに考えてくださっていたんだ・・・。
贈っていただいた言葉以上に、そのお気持ちがうれしくて、心がいっぱいになりました。

でもね。
その言葉を心で読むと、恭子さんが浮かんでくる。

ちょっと小粋で、遊びもあって、
それでいて美しく、品のある言葉。
内に一本芯をもった、しなやかな強さと、華をもっている。

ステキ。だけど、残念ながら私のイメージではないの。。

そう思って、
恭子さんに私の思いを伝えてみた。

そしたら、彼女も同じ思いだったみたい。

せっかく贈っていただいた言葉だけれど
その言葉はふさわしい人のところへ還って行きました。

その後、オーラソーマ通信というメルマガを読んだのです。
その中で最新号に載っていたマウントフジフラワーエッセンスの記事に目がとまりました。
ひらがなとカタカナの違いはあるけど、「モモ」という、私と同じなまえを持つフラワーエッセンス。

フラワーエッセンスがどういうものなのか知りませんが、このエッセンスの特質にこんなことが書いてありました。

モモ:人々に手をさしのべ分かち合う質。与えることと受け取ることが、人々の間で自然に起こる。調和的なエネルギーの場の創造。愛を行動に移す。人々と何かを一緒に行う時。初めての人々に出会う時。複数で行うハートの瞑想の時。ボディワーク等の手を使ったヒーリングの時。

これ、私が望むことと、めざすことが書いてある!

「もも」という名まえは、ほとんど語感で決めた部分が大きいのですが、違う分野にこんな意味を持つものがあるというのは、素直にうれしい♪

こんな風に自分にとって大切なものとは、きっとどこかで巡りあえるし、自分で選んでいける。
恭子さんとメルマガに、そんなことを感じた今日のももなのでした。

恭子さんのブログはコチラ
オーラソーマ通信のメルマガはコチラ

興味のある方は、行ってみてくださいネ。

ボトルの変容

今日読んだ2つのブログに「イクイリブリアムボトルの色の変容について」という記事がありました。そのうちGo with the flowに紹介されていたヒューマンクリエイティブアカデミーのサイトで、マイク・ブースの見解を読んで来ました。

ご存知のように、ボトルの色の変容は材料や製造工程に全くの変わりがなくても生じることがAura-Soma製品の特徴とも言えます。ボトルの色の変容は、今役に立つために、起こるべきして起こります。
それでは今なぜ、下層のクリアー、ピンク、ペールブルーなど他の色も含めてイエローやゴールドの要素に変容しているのでしょう。 (一部抜粋)

先日No.60の下層のクリアがちょうどこんな現象になっていることを書きましたが(クリアに浮かんだもの)、それは私の個人的な体験だと思っていました。
でも、もっと広い世界で同じようなことが起こっているんですね。

Rimg0856_2 左からNo.32(ロイヤルブルー/ゴールド)・・・私のバースボトル
     No.60(ブルー/クリア)
          No.94(ペールブルー/ペールイエロー)

  左から右へと向かっているかのような3本です。

嵐のBとC

今週5日に新曲CDが発売されるため、嵐WEEKになりそうな一週間。
まずは「HEY!HEY!HEY!」からスタートです。

新曲「Beautyful days」は、ニノ主演のドラマ「流星の絆」の主題歌。
というわけで(?)、今回のセンターはやっぱりニノ。
ドラマでは「キモイ」とか言われるちょっぴり影のあるお兄ちゃん役を好演していますが、歌は、い~い笑顔で歌ってました。彼はいろんな面が見え隠れする所が魅力なんだろうな。

ところでこの番組、心理テストもあるのですが、今回のお題は【親友からもらったプレゼントの箱の開け方】でした。包装紙とリボンのかかった箱をどうやって開けるかがポイント。

これには大きく分けて3つの方法があります。
 A・リボンも包装紙も乱暴に取る
 B・リボンは丁寧に取るが、包装紙は乱暴に取る
 C・リボンから包装紙まで全部丁寧に取る

嵐メンバーは、BとCに分かれました。

 Bタイプ→松本、大野、二宮
 Cタイプ→櫻井、相葉

ちなみに、ももはBタイプ。(松本くんと一緒です♪)

さて、この心理テストは何を表わしているのでしょうか!

続きを読む "嵐のBとC" »

星のランプ

星の形のランプシェイドを作って来ました☆Rimg0890

12枚の星型を立体的に組み合わせて、角々(つのつの)を作っていくのですが、この成り立ちが最後までわかりませんでした・・・。
一度分解したら、もう二度と組み立てられないでしょう。(ぐすんweep

1個だけでも満足ですが、たくさん並べたら楽しいだろうなぁ。

星型ランプシェイドはコチラで紹介されています。

Rimg0893 毎年恒例の、星の展覧会「Stella21」っていうのも行ってみたいなぁ。

←電気をつけるとこんな感じ。

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »