2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

発掘はコチラ

  • カスタム検索

« 道草ボトル | トップページ | 直伝おはぎ »

生命の木に並べてみると

パスのボトルに触発されて、今まで使ったボトルを生命の木に並べてみました。
    Rimg0792    Rimg0793                                     
すると・・・。ちょっとおもしろいことに気づきました。

10個あるスフィアのうち、てっぺんのケテルに位置するボトルが1本もありません。

今読んでいる「神秘のカバラー」(ダイアン・フォーチュン著)という本に、ケテルは「偉大なる未知なるもの」ではあるけれど「偉大なる不可知なるもの」ではないと書かれています。
これ、すごくわかる気がする。
私にとってもケテルは「未知なるもの」で、それが偉大かどうかもわかっていない。
ここにボトルが1本もないのも、さもありなんと思うわけです。

一番多く選んでいたのは、まん中のスフィア、ティファレトに位置するボトルたち
(No.31・37・51・96)。
この4本のボトルを使っていた時の私は、自身の内側がゆらゆらしていました。
存在に対する根源的なブレというか・・・。
でもそのブレは、自分の内側に端を発していました。

これに対してパスに位置するボトルは8本
(No.20・98・88・21・99・82・91←現在使用中)。
このボトルたちと向かい合っていた時は、自身の外側から揺さぶられることで、自分の内側を観なおす機会をもらっていたように思います。

こうしてボトルを見ているとその時の自分が思いだされておもしろいです。

後から俯瞰してみて気づくこともあるのですね。

ここからは余談です。

2008年7月ASIACT発行の「The Practitioner Newsletter」に大天使ボトルと生命の木の関係が載っていたので、そちらを参照しながらボトルを並べてみました。

リターンジャーニーという点からみると、これら大天使ボトルはパスにも存在すると思うんだけど、どう考えたらいいのかしら?
No.94大天使ミカエルはホドのスフィアに入れたけど、ホドとネツァクをつなぐバス。
No.96大天使ラファエルはティファレトに入れたけど、マルクトとネツァクをつなくパス。
No.98大天使サンダルフォンはマルクトに入れたけど、マルクトとホドをつなぐパス。
No.99大天使ザキエルもケセドに入れましたが、マルクトとイエソドをつなぐパス。
パスに関係するスフィアに入っている場合もあるし、まったく違うスフィアに入っている場合もある。これもどう考えたらいいのかなあ。

それから、いちばん手前右端にはNo.101大天使ヨフィエルが所在なさげに置いてあります。このボトルが生命の木のどこに位置するのか、まだ決まっていないのだそうです。
これもまた興味深いことですね。

« 道草ボトル | トップページ | 直伝おはぎ »

オーラソーマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 道草ボトル | トップページ | 直伝おはぎ »