2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

発掘はコチラ

  • カスタム検索

« ナ・バ・テア | トップページ | オリーブグリーン »

一瞬の気づきがやってきた

3日間のコースの中で、どうしても聞きたいことがひとつだけありました。
これを逃したらもうドミニクに質問するチャンスはない!と思いきって通訳さんにお願いして聞いてみたのです。

それは2日目のエピソードで、ある色についてのことでした。
彼がどうしてそう言ったのか。
彼自身の体験に基づくことなのか、いままでのコンサルテーションで感じた最大公約数的な意見なのか、そんなような質問だったと思います。

それに対して、彼は最初たとえ話をしてくれました。

でもそれが私の質問とどう関係するのか、何をたとえているのかがまったくわかりません。すると今度はまた違うたとえをしてくれたんだけど、さらにわからなくなって、途方に暮れてしまいました。
私の言葉が出ないので、通訳さんも困ったと思います。

・・・。
次にどう話したらいいのかが見つからない。
沈黙が続き「もう、いいです」と切り上げた方がいいのかと半ば諦めかけた時、頭の隅の方で、“ここで逃げたらアカン”ランプが点滅して、搾り出すように言葉が出てきたのです。

それは私自身の体験でした。
「あなたが言ったことは、私がその色のボトルを選ぶ時になんとなく感じていたことなんです。」

するとドミニクは、何かを感じてくれたようでした。部屋のまん中に並べてあったボトルの方へ私を連れ出し、ある位置に立たせてくれたのです。
そしてそこから振り返ってみるよう言ったのです。

そこで自分が見た光景と
その時自分に起こったことを
私はたぶん、忘れないと思います。

その光景を見た途端
自分の知りたかったことがやって来ました。

あぁ、そういうことか。

その時ドミニクが
「いま、泣き出したい気分ですか?」と聞いてくれました。
そう訳してくれた通訳さんは半信半疑といった風だったのですが
本当にその通りだったのです。

今、 無理して変わろうとしなくても あなたのペースでいけばいい。
あなたは何もせず、ただそこに座っていることもできたのに
今日、一歩を踏み出して、質問するという行動を起こしたのだから。

その言葉は私をやさしく解放してくれました。

« ナ・バ・テア | トップページ | オリーブグリーン »

オーラソーマ」カテゴリの記事

ワークショップ&セミナー」カテゴリの記事

コメント

サリさんdog
そーなんです♪
今年いちばん楽しみにしていたドミニクのコース。
ものすごい情報量なんだけど
それが単なる「情報」じゃな、きちんと「消化」されてるから
ものすごくわかりやすく、あれがダメならこれでいってみる?
みたいに幾重にも説明できちゃうところがすごいナと、
心底思いました。

従来の考え方や歴史的な背景・経過からのお話も
もちろんおもしろかったけれど
「ここからはドミニクの観点ですが・・・」と
ちゃんと一言ことわってから展開してくださる
彼独自の観点から成るお話が
私にはものすごくわかりやすくて
頭が納得して聞いてるのが自分でもわかりました(笑)。

でも・・・
それだけじゃなくて
言葉が通じなくても、ほんの瞬間にも
相手を敏感に察知して
受けとめてくれる感性のすばらしさ。
やっぱり最後は人間性がものを言うんだなぁと思いました。

毎日を大切に生きて
いろんな体験をして
その積み重ねこそが生み出してくれるもの。

・・・って、
ここまで書いて
これって私が次に使うボトルじゃーん♪
と思いました。

ああ、ももさん!
ドミニクのコースにいったんですね。
ももさんが行くのなら行けばよかった・・・
(どうしても行けませんでしたが)
ドミニクの観点や教えてくれること、すごいですよね。
私も「新しい虹のコース」を受けたときに
雷に打たれたようなひらめきがありました。
ドミニクから「そうだよ!すばらしい!」って言われたことを
小さな自信にしています。
あー、ももさんに会いたいなー

(あっ、ブログに棚やっとupできました!)

イチゴ♪さまmoon3
自分ではない、人の体験を
こんな風に感じとってくれるあなたも
なんて素敵な心をもってる人なんでしょう・・・。

ドミニクは
必要にして最低限のほんの一瞬、
私の心にそっと触れるようにやってきて
いっしょに佇んでくださった後
やさしく立ち去っていきました。

大きな心と 深い洞察をもった方でした。

でもね
そうじゃない人も
きっとやれることがあると思うんダ。
いやむしろ
そうじゃないからこそ
やれることがあると思うんダ。

>その光景を見た途端
自分の知りたかったことがやって来ました。

あぁ、そういうことか。

不思議と、読んでいて、
涙がポロポロあふれてきました。
何に、心が震えたのかも、よく分かりません。
でも、ほんとに、ステキな一瞬だったのだなぁと
感じることができました。

>今、 無理して変わろうとしなくても あなたのペースでいけばいい。あなたは何もせず、ただそこに座っていることもできたのに今日、一歩を踏み出して、質問するという行動を起こしたのだから。

ドミニクさんが、
どこのどなたか存じ上げませんが、
大きく大きく包んで下さる方ですねぇ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ナ・バ・テア | トップページ | オリーブグリーン »