2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

発掘はコチラ

  • カスタム検索

« 9・11 | トップページ | 遊び »

正直になる

                                      Rimg0734

先日ある方からいただいたメールをきっかけに、オーラソーマ®のことを考えました。
私はオーラソーマが好きだけど、オーラソーマがプレッシャーになることもあるんです。
好きだから(?)今まで考えないようにしてたんだけど・・・
そりゃ違うだろ!と思ったの。

で、その考えないようにしてたところをほじくり出してみたんです。

オーラソーマで好きなのは、やっぱりボトル♪

色とりどりのボトルがバーッと並んでいるだけでうれしい。
使っていく過程のボトルと自分の変化がおもしろい。
ボトルについて妄想しているのも楽しい。
ボトルを通して自分を見つめなおす時間も、見つけなおす瞬間も、
そんなこんなをこうして書いていることも好き。

クイントエッセンスもアークエンジェロイも好きだけど、やっぱ一番なのはボトルです。

じゃあ、その大好きなオーラソーマがプレッシャーになるのはどういう時かというと・・・。

これはもう、明らかにひとつしかないのダ。

人のコンサルテーションですね・・・。

じゃあどうして私はコンサルテーションするのか。

それはたぶん、さっき私が書いたオーラソーマの好きなトコを、相手の方にも知ってもらいたいとか思うからじゃないのかなぁ。
でもそれがうまく具体化できないと思うから、プレッシャーになっちゃうんです。

私にとってオーラソーマと向き合うことは、いつもすばらしい時間になるのだけれど、はたして人はどうなんだろう?
わざわざ時間を作って来ただけの甲斐のある時間になっただろうか?
オーラソーマのステキなところを感じてもらえただろうか?
私が媒介することで、それが半分も伝わらなかったんじゃないだろうか?

そんな思いがどっかにある。

でもよく考えたらそれは相手の方にとっては大きなお世話で、ただの傲慢ですね。

今使っているNo.91の下層(オリーフ)゙が最近どんどんグリーン化しているような気がします。
写真の右はNo.10上下ともグリーンのボトルなのですが、No.91を使っていて最近このNo.10が思い出されることがあるんですね。
イエローの感情的な自己から少し距離をとり、もう少し俯瞰的に状況を見たいと思っているのかも。その俯瞰は、ひたすら中心に還ることで叶う気がします。

« 9・11 | トップページ | 遊び »

オーラソーマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 9・11 | トップページ | 遊び »