2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

発掘はコチラ

  • カスタム検索

« 遊び | トップページ | 子どもの頃の私に感謝☆ »

有り難い毎日

9月13日。私の住む地域に大地震が来るという予言(?)があって、職場でも学校でもかなり噂になっていました。それをそのまま信じるわけではないけれど、もしも来るなら備えはしといた方がいい。
そう思ってとりあえず2ℓのペットボトル3本に水を貯めました。

オーラソーマのボトルは倒れないような場所に置き直し、壊れて欲しくないガラス製品も選り分けて、プチプチに包みいったん避難。

家にいる時はいつも裸足でだらしない格好ですが、いつ飛び出してもいいような格好して枕元に靴下と靴を置きました。
息子の部屋は大きな家具が多くて危ないので、この日だけは何もない私の部屋に寝かせることに。

準備はしつつもやっぱり地震は起きてほしくないなあと願いつつ、当日を迎えました。

この日私と夫は休みですが、息子は学校の行事で外出です。「そういや昔、地震で家族がバラバラになった時の集合場所を決めたよね。どこだったっけ?」と確かめたら、彼はちゃんと覚えてました。

いつものように朝が来て、いつものように昼が来て、いつものように夜が来て、結局13日は何事もなく終わりました。いつもなら『なんにもなかった』とブーたれるであろう、この『何事もない』ってことがどんなに嬉しかったことか!

時計の針が0時を超えて14日に入ったのを見届けた時、「ありがとうございます」って言葉が浮かんできて、誰にともなく言ってしまいました・・・。

この予言は我が家にとって、地震に向けてのシュミレーションの機会になりました。

最低限の非常持ち出し袋が玄関に用意してはありますが、普段お水を貯めておくようなことはありません。第一貯めようにも普段飲料水を買わない我が家にペットボトルはありません。今回ペットボトルを準備することからはじまって、実際お水を貯めてみると、それを定期的に交換する必要があることがわかりました。ちゃんと長期保存できる水を買うというのもひとつの手段だけど、自分で水を貯めると汲み置きした水を期間が過ぎたら洗い物に使ったり、ベランダの鉢にあげたり、いろいろ工夫して使いまわすようになりました。

家の中の危険箇所もチェックできたし、買い足さないといけないものもわかりました。

でもいちばん強く感じことは、毎日の生活がつつがなくまわっていくことの有り難さ。

毎日なんの心配もなくお布団で眠れて、蛇口をひねれば当たり前のように水が出るとか。
建物の下敷きになってないかとか、無事に帰って来るだろうかとか、家族や大切な人たちに対してそんな心配をしなくてすむ状況とか。

ほんとに、有り難いとしか言えないことですよね。

« 遊び | トップページ | 子どもの頃の私に感謝☆ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 遊び | トップページ | 子どもの頃の私に感謝☆ »