2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

発掘はコチラ

  • カスタム検索

« 陽気なカリプソ | トップページ | プレゼント »

スカイ・クロラ

本日は急遽映画デーとなりました。(しかもレディースデイのため豪華2本立て)

1本は朝イチで『花より男子F』を見納めと決めていたけど、その後は時間と気分で決めようと思っていました。
で、切符売り場に着いた途端、決まったのは『スカイ・クロラ』。
この語感。この読み方。なんか魅かれる。というわけで即決。

Rimg0666_3 ・・・しかし、毎度のことながら、どんな映画かまったくわからず。とりあえず客層を見ると『花男』と違ってもうチョイ若者が多いのはわかるけど、オタクっぽくもないし、女子が多い。けどオバサンはいない。オジサンがいないのは平日の真昼間だからにしても。うーむ。

けれど映画がはじまると、そんなことはすっかり飛んでしまいました。

まず最初の音楽がいい!ハープが奏でる音。同じ曲が途中オルゴールでも登場しますが、この曲だけで映画のサントラが欲しいと思っちゃいました。

そして空、空、空。雲、雲、雲。その中を飛ぶちょっと古めかしいプロペラのついた戦闘飛行機。あれ?この映画アニメだよね?って一瞬混乱するほどリアルな空の世界です。
それが地上に降りると、いっきにアニメになるんだよね。

建物やこまかい物の描写。人や物が立てる音。描かれた人に当てた俳優さんの声。

どこでもない、いつでもないのに、どこか私たちの世界と近しく、だけど違う。
『スカイ・クロラ』という世界に生きている人とものたち。

この世界観は原作の森博嗣さんのものなのか、表現した監督の押井守さんのものなのか。お二人の背景を知りたくなりました。

特に原作本のタイトルの読み方が、メチャメチャ好みなんだけどー!
 スカイ・クロラ(The Sky Crawler)
 ナ・バ・テア(None But Air)
 ダウン・ツ・ヘヴン(Down to Heaven)
 フラッタ・リンツ・ライフ(Flutter in to Life)

↑この読み方のため、あえてカタカナ表記にしてみました。

第二次世界大戦のドイツ軍とか、大日本帝国海軍の零式とか、あの辺の時代が好きな人には、この映画の小道具たちは魅力的なんじゃないでしょうか。

思春期の姿のまま 永遠に生き続け
ショーと化した「戦争」のパイロットとして命をかけて飛び立っていく
まるで終わりのない生を拒絶するかのように
飛ぶことだけが 闘うことだけが
生きている実感のように
そんな「キルドレ」たちの物語

「たとえ、永遠に続く命を生きることになっても、昨日と今日は違う。木々のざわめきや、風のにおい、隣りにいる誰かのぬくもり。ささやかだけど、確かに感じることのできるものを信じて生きていく。・・・・・(中略)僕はこの映画を通して、今を生きる若者たちに、声高に叫ぶ空虚な正義や紋切り型の励ましではなく、静かだけれど確かな、真実の希望を伝えたいのです。」 (押井守監督のメッセージより)

・・・この映画、深いです。

« 陽気なカリプソ | トップページ | プレゼント »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 陽気なカリプソ | トップページ | プレゼント »