2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

発掘はコチラ

  • カスタム検索

« Open!Sesami 終了~ | トップページ | SHARING »

イクイリブリアムボトルの成分

ボトルを買ったら新しいパンフレットがついてきました。よーく見ると以前のものよりページ数が増えています。だけど違いがあるのはNo.106ラツィエル1本だけのはず。なぜだろうと見比べてみたら、そこに書かれているボトルの成分内容が違っていました。

たとえば、私が今使っているNo.60ラオツー&クァンイン。以前のパンフレットには13種類の成分が載っていますが、今回のは19種類になってます。

ざっと見渡しただけでも、今までなかった成分が配合されているのがわかります。

以前は入っていたけど、今回は入っていない成分もあります。

今回ボトルを購入した会社がオーラソーマ社からのメッセージを伝えてくれました。

「オーラソーマ社では、絶えずクオリティを高めるための努力がされており、必要に応じて成分の見直しがされ変更されるというのが自然の姿勢です。」

以前アロマテラピーの教室で、それぞれの精油に含まれる成分と効用を学んだことがありました。パンフレットにはその時学んだ成分もいくつか載っています。

成分と効用を「知る」のは、それだけでおもしろいことだと思います。

でもボトルの場合は何の成分が配合されているかということより、どんな必要に応じて成分が変更になったのか、必要の背景を考えてみるほうがおもしろいように思います。

今私たちに必要なもの、人や、世界や、地球に必要なものが配合されている気がする。

その必要なものって、なんだろう・・・??

« Open!Sesami 終了~ | トップページ | SHARING »

オーラソーマ」カテゴリの記事

コメント

イチゴ♪さま
成分、違いますね~。
香りも違う。
・・・と思います。
正確にはわからないんですケド。
全部のボトルを使ってみたら、少しは語れるかな?

それぞれのボトルで、成分は違うのですか??

となると、香りも違うのでしょうか~。

不思議、不思議。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Open!Sesami 終了~ | トップページ | SHARING »