2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

発掘はコチラ

  • カスタム検索

« 銀河の音 | トップページ | 満地球 »

翼竜

なんだかワクワクするよな響きじゃない?翼竜って。

地上を這い回る恐竜はあんまカッコよくないけど、“翼”の一文字がつくだけで、なーんかカッコよくなる気がするのは私だけでしょうか。

成り行き上、突然ですが「世界最大の翼竜展」に行って来ました!翼竜とは空飛ぶ爬虫類なんですと!恐竜と共通の祖先は持つけど、恐竜とも鳥とも違う生き物で、約2億2千年前に出現し、1億5千万年にわたって繁栄したといわれています。こう書くとアッサリだけど、2億年前って言われてもまったく想像つかないよね・・・coldsweats01

Sa4101532_3 ←でも、これなら想像できそう♪

こんなのが高層ビルの間を縫って飛んでたら、なんか楽しくない~?

・・・などと思った私が甘かった。

会場に世界最大の翼竜と言われるケツァルコアトルスの全身復元骨格とその肉付Sa4101522きバージョンが展示されていたのですが、デカすぎて写真に収まらず!→

これを見たらこんなの飛んでたらジャマだろうなって思いになり、ところでこれ、飛んでない時はどうしてたの??って疑問が湧いてきました。

それについては・・・・翼竜は飛んでこそ翼竜なんだねと思わされる哀しい姿がありましたよ。とか言いつつ、ちょっとお茶目だったりもするんだけど(ぷ)。

上の「ぷ」の理由が知りたい方は、こちらのサイトへ行ってみてください。

翼竜と言えどずっと空飛んでるわけにはいかないから、やっぱ地上に降りてくるんだよね。そして地上では歩かないといけないわけだ。飛ぶことに最大の利点がある生き物がそれを思いきり発揮できないとしたら・・・。翼竜の滅んだ原因はここにあるよな気がするなあ。

もしも神様がいて、この世界の生物をみんな創っているのだとしたら、翼竜を創りだした神様には完璧で万能な存在というより、すごく人間らしい部分を感じてしまいます。というか、そんな矛盾をはらんだ選択でさえ見越してのことなのか。

なんだか脱線しちゃいましたが、「世界最大の翼竜展」楽しかったです。この企画展は2007年7月7日北九州市立いのちのたび博物館を皮切りに、大阪、長崎と巡回し、2008年6月15日まで名古屋市科学館で、その後6月28日から8月の夏休みいっぱいまでは東京の日本科学未来館で開催されるようです。今このリンクを貼るのに、それぞれの施設のサイトを覗いて見たら、どこもおもしろそうなとこですね~。科学オンチの私でも楽しめそう♪

そうそう、それとようやく文字に直接リンクが貼れるようになったの~heart04 

私の使っているニフティのココログというブログサービスには簡単ワンクリック機能が付いていたのに、まったく知らずにこの3年を過ごしておりました・・・。えへへsweat02

でも、うれしいから、それでよしとしよう!

« 銀河の音 | トップページ | 満地球 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 銀河の音 | トップページ | 満地球 »