2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

発掘はコチラ

  • カスタム検索

« BOIS de Vincennes | トップページ | 還るために動く »

眼の筋トレ

教室の一番後ろの席に座ると黒板の字が見えないと言う息子を連れて、視力訓練センターへ行って来ました。

眼そのものに多少問題はあるものの、視力検査もたいして悪くなく、日常生活にも支障がなかったので、今までは眼科の先生と相談の上様子を見ていました。でも今日視力を測ってみたら、右が0.4から0.5、左は0.1まで低下。ほんとならメガネ屋さんに直行しなくちゃいけないところなんだろうけど、自分がド近眼で不自由な思いをしたので、もしもメガネ以外の選択肢があるなら話だけでも聞いてみたいと思ったのです。

行ってみてわかったのは、ここは視力を回復させてくれるところではないということです。名まえにも書いてあるとおり、視力訓練をするところです。その結果、視力が回復する場合もあるってこと。これは大事なことだよね。

眼でものを見る時には、水晶体の厚みを調節することでピントを合わせているそうです。遠くにある物を見る時は水晶体が薄くなり、近くにある物を見る時は厚くなって、常に網膜の正しい位置でピントが合うようになっています。水晶体の厚みを調節しているのは毛様体筋という筋肉で、これが緊張しっぱなしの状態を「近視」と言うんですね。

筋肉の調整がうまくいかないなら、筋肉を鍛えたらいいじゃん♪っていうのが、ここの考え方です。なので近視は訓練対象ですが、水晶体の老化によりレンズ自体の機能が衰えてしまう「老眼」は訓練ではどうにもならないことから対象外なんだそうです!

眼のスポーツジムに通う感覚と言ったらいいのかな?

Rimg0333 それはそれとして学校の授業には、当面メガネか、後ろの席を引き当てないクジ運が必要です。

←隠し撮り。・・・・バレたら、怒るだろうなぁ。

« BOIS de Vincennes | トップページ | 還るために動く »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« BOIS de Vincennes | トップページ | 還るために動く »