2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

発掘はコチラ

  • カスタム検索

« 3月のオーラソーマ | トップページ | ケルティックハープコンサート »

吟遊詩人Ⅱ

No.94が終わり、なんとなく次のボトルに行く気がしないまま一週間が経ちました。

次の一週間の間には、月並みにからげて言うといろんなことがありました。Rimg0203_2

・・・その最中にひとつ思い出したことがあります。

No.94を選んだ時の4本について。後で語ると言っておきながら、そのままになっていたんだった。で、どんな4本を選んだんだっけ。改めて見たところ、その中の1本に目がいきました。あの時3本目に選んだボトル。No.38「吟遊詩人Ⅱ」。1月5日に選んだ時「現在」の位置にあったボトルです。

そう言えば1月は、このボトルの逆バージョンであるNo.17と向き合っていました。ある方のイヤーボトルだったからです。No.17には吟遊詩人Ⅰという名まえがありますが、その方にとっては吟遊詩人というより、もうひとつの名まえ「希望」の方がしっくりくる気がしました。

そのまま「吟遊詩人」の方は忘れてしまっていたんだった・・・。

ところが最近、昔から好きだった、とある楽器のことが浮上してきたのです。

ケルティックハープ。

クラシックで使うでっかいグランドハープじゃなくて、もっと素朴なヤツ。この音が好きなんだ♪チャクラバランストリートメント用にもCDを一枚持っているのですが、それにはこんなことが書かれています。

遠い昔 一万年前のアトランティスの頃 神々の癒しのために天使の魔法の竪琴は奏でられていた

古代ケルト人はその竪琴を魔法の杖にもなったというブラックウォールナットの木で作り、そのケルトハープからは癒しの波動が溢れ出ていたという

ヨーロッパ 中東 アジアへ伝わったケルトハープは旧約聖書の時代、ダビデ王も自ら奏で 時を経てルネッサンス時代には王から民衆まで、その響きに身も心も癒されていた (所れい 「ヒーリングハープ」より)

調べてみると吟遊詩人の持っていた楽器もハープ、あるいはリュートのようなのです。リュートもまた好きな楽器だわ~lovely

ひょんな形でつながってきた「吟遊詩人」のボトル。今日からこのボトルとワークします。

                    Rimg0306_6    

« 3月のオーラソーマ | トップページ | ケルティックハープコンサート »

オーラソーマ」カテゴリの記事

コメント

イチゴ♪さん
オーラソーマのボトルの中には上下逆の組み合わせが何組かいるんだけど、色の構成は同じでも、どっちの色が上にくるか(あるいは下にくるか)で見た目も違いますよね~。
身体に塗ってみると、さらに違いがわかる気がする。
去年の12月、上下逆のレッド/グリーン:コンビを2本使った時にそう思いました。

ネットリーディングのサイトには、ボトル1本1本の名まえや、その意味も書いてあるけど、「これはこう」とがんじがらめに決まっているのではなく、ボトルを見るにしろ、身体に塗るにしろ、人がボトルと向き合った時、その人に共鳴してその人に必要なものが現われてくると思うのです。

こたえにならないこたえがここにあります。

ダメ??

上下反対のくみあわせもあるんですね~。

どんな風に変わってくるのでしょう?

*sakura*さん♪

えー!
sakuraさん17番じゃなくて???
おんなじボトルですかー?
ホントびっくりcoldsweats02

あれ?
コメントきえたかな??

私も先日からこのボトルを使ってるんですよ!
びっくり!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 3月のオーラソーマ | トップページ | ケルティックハープコンサート »