2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

発掘はコチラ

  • カスタム検索

« なんて言えば | トップページ | 屋久島の音 »

鋼鉄の鎧

仕事の合間に(!)明日のワークショップの準備をしています。

まず、Fに作ってもらったチラシを印刷しました。なっちに作ってもらったボトルビーズも持ってくことにしました。お誕生日にMA-ちゃんからもらったブリザーブドフラワーのアレンジメントも一緒に行こう♪興味をもってくださる方がいれば、ご紹介もしてみよう♪

なんて準備中、なじみのあのイヤ~な感じが・・・。

目の奥がツンツンで、肩はガチガチ、首はつまつま、頭がずう・・・んと重い。

このままだと吐き気がするほど気持ち悪くなって、明日は最悪のコンディションになってしまう!

その時ふっと大将さんが頭に浮かびました・・・。そうだ!遠隔レイキやってもらえないかなぁ。

以前にも同じような症状でとてもつらかった時、大将さんに対面でレイキをしていただいたことがありました。その時もいつもなら1週間くらい続く症状がその場でスッキリしてしまったのです。

早速SOSを送ったけれど、いつからどんな風に始まるかわからないまま、重い肩をのせ自転車に乗りました。この後買い物に行って帰るつもりだったのです。

そして、そして。

寒風のピューピュー吹く中、自転車をこぎ出し、しばらくした時。

なんだか後ろからどやされたような気がしました。(どつかれたのではなく。)

思わず自転車を止めて後ろを振り返ったくらい。その直後!ガバァッとなにかが引っぺがされたような感じがしました。

・・・・・・・。一瞬。なにが起こったのかわからなくて、しばしボーゼンとたたずむ私。

けれど特に変わったこともなかったので、また自転車をこぎ始めました。

コキコキコキと自転車こいで、またまた寒風の中を進む私・・・。

でも!突然気がついちゃいました!!!

肩が軽い!!!!・・・気がする???

首を回すと首も軽い!!!

頭も軽い!!!(←中身の問題ではなく)

おかしい、おかしい、これはおかしい。

まるで鋼鉄の鎧を引っぺがされたように、体の上後ろ半分が軽いのです。あんなにコチコチだったのに、なんだったの?ってくらい。

そこでようやく気がつきました。

遠隔レイキ。

そうだ!そうに違いない。

スーパーに着いたので自転車をとめて、そのまま買い物せずにベンチに座りました。すると今度は頭のてっぺんから糸で上に引っ張られるような感じがしてきました。重い頭を上から吊ってくれてるような。気持ちよくてそのまま目をつぶりました。しばらくすると、手足の先までぽかぽかしてきて、寒さで縮こまっていた体の力がふっと抜けていくのがわかりました。

その状態がどのくらい続いたのかな?しばらくしたら、頭を吊っていた糸がぷつんと切れたかのように、頭が元通りの重力を取り戻しました。

はあ・・・・・。

肩や首が軽くなって、ようやくわかりました。

私、ずっと、鋼鉄の鎧を着て生活してたなって。

それを脱いだら、なんとなんと、生身の人間に戻った感じ♪

でも、これがホントなんだよね。

それにしても、スゴイスゴイやっぱりすごいレイキ

しかも遠隔なのに。

大将さん、ありがとう☆

ほんとに助かりました。

レイキがいったいなんなのか私には答えられないけれど、彼女から感じるレイキはいつもパワフル☆けれどその力は人やなにかに優劣をつけたり、切り離したりするものではなく、在るがままを揺り起こすような、自然と思い出させてくれるような、あたたかいエネルギーを感じます。それはきっと彼女の人となりによるところが大きいと思うんだけれどね。

百聞は一見にしかず。大将さんについてはコチラをのぞいてみてください。→http://www16.ocn.ne.jp/~momosuki/11.html

« なんて言えば | トップページ | 屋久島の音 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« なんて言えば | トップページ | 屋久島の音 »