2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

発掘はコチラ

  • カスタム検索

« なんでしょ | トップページ | ツバサ22巻 »

篤姫

今年のNHK大河ドラマは「篤姫」なんですよね。小学生の頃、私の日曜夜は、サザエさん→NHKニュース(ここだけは父にチャンネル権があった・・・)→世界名作劇場(ハイジとかフランダースの犬とか)→大河ドラマ(渋っ!)とハシゴして寝るというパターンだったくらい大河が好きで、かなり大きくなってからも見続けていたんだけれど、最近はなんとなく作りがちゃっちい気がして見なくなってしまいました。

けれど今年は幕末・篤姫・宮崎あおいさんと、興味あるものが3つも揃って、久々の大河復活です!

私は人物伝が大好きです。今生きている人も、歴史上の人物も、その人がどんな考えをもって、どんな行動を起こしたかにとても興味があります。

篤姫という人をはじめて知ったのは、有吉佐和子さんの「和宮様御留」という本でした。この本では江戸幕府14代将軍の徳川家定の正室、皇女和宮が主人公で、篤姫は先代将軍の正室、和宮のお姑さんに当たる人として登場します。ここでの篤姫はあまりいい印象ではなかったのですが、その後テレビドラマ「大奥」で管野美穂さんが演じた篤姫を見て印象が変わり、篤姫本人の写真を見て本当はどんな人だったんだろうということを知りたくなりました。

篤姫という人は身の丈がっしりした人だったそうですが、管野美穂さんも今回の大河で演じる宮崎あおいさんも、体つきはきゃしゃですよね。でも、おふたりとも芯の強さを感じる人なので、その点でキャスティングされているように思いました。

大河はまだ2回しか見ていませんが、篤姫の実父(島津忠剛)役の長塚京三さんと生母(お幸)役の樋口可南子さんの夫婦がとってもよい味出しています。この一家は男性陣がいまいち頼りなく、お母さんがしっかりく構えていて、篤姫がまたやんちゃでちょっぴり鉄砲玉っぽく描かれています。

さて、あおい篤姫はどんな風になっていくのか、楽しみです。Rimg0210

 宮尾登美子さんの原作「篤姫」も読んじゃいました♪

同じ人物も、書き手によってまったく解釈が異なるところがおもしろくもあり、怖くもあり。そういうのを読み比べてみるのもまた楽しいです。

« なんでしょ | トップページ | ツバサ22巻 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

大将さん☆

「人の誇りを傷つけたと思うのはあなたのおごりです。」

篤姫母も好きだけど
大久保どんの母もすばらしい!
姫が言ってたとおり、
薩摩の女は
凛としてステキですよね。

相手の誇りを傷つけた、と落ち込む篤姫に母が言った言葉
「人の誇りを傷つけたと思うのはあなたのおごりです。」

・・・確かにそうかもしれませんね~。
新撰組大好きなわたしも幕末つながりで篤姫を楽しんでいますよ~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« なんでしょ | トップページ | ツバサ22巻 »