2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

発掘はコチラ

  • カスタム検索

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

地球を森に

    そらに居てみどりのほのほかなしむと地球のひとのしるやしらずや   

時間待ちの本屋で手にした雑誌に載っていた短歌。作家の倉本聰さんが語った文章に心魅かれました。

「緑の炎悲しむと」という、「悲しむ」について。「悲しい」ということばの語源は「いとしい」という言葉なんだそうです。悲しい=sadじゃなくて、いとしさの方の悲しみなんじゃないかと書いています。一見正反対とも思えるふたつの意味を併せもつところに「悲しむ」という言葉の懐深さとおもしろさを感じました。

空にいて緑の炎のような地球を愛しく想っていることを地球の人は知っているのでしょうか

こんな意味になるのかな?

地球の外からの視点を感じさせる、こんな歌を誰が作ったんだろう。

「地球を森に」という表題で、作家の倉本聰さんと建築家の安藤忠雄さんの対談の中で語られるこの歌。実は宮沢賢治の作品です。

こんな感覚をもっていた賢治に、またまたビックリしました。

日本の、地球の未来のためにできること。

意識して取り組んでいきたいことのひとつです。 

本日のわしづかみ

もう~!!!!!!!!!

今日はなんにも書く気なかった私をパソコンに向かわせたのは・・・・

             Rimg0246

おまえだー!

・・・明日、食べてやるっ!!!!!!!

輝きの倍音の人

世の中こんなこともあるんだなあと思いつつ、今振り返ってもやっぱり信じられないような、不思議でステキな出会いがありました。

その方は共通の友人のHPで私を見つけて、チャラバランストリートメントを受けに来てくれました。

はじめてなのに

はじめて会った気がしなくて、

遠い地で生まれた私の故郷がとなり町で、

ほぼ同じところにほくろがあって、

同じように1月、AZAMIさんのコンサートに突然誘われて、

私が注文待ちしているジェイソン・ウインターズ・ティを持ってきてくれた。

会ってる間中

なんで?

え~!!!

ばっか言ってた気がする・・・・・

考えても、考えても、わからないけど、これだけは言える。

きっとなにかつながってる。

これからゆっくりなかよくしたいな。

Aちゃん

見つけてくれてありがとう。Rimg0243

これからどうぞよろしくです☆

                久々の梅ちゃん's フィナンシェ →

2月のオーラソーマ

ようやく冬らしい気候になってきました。私は冬がいちばん好きですが、寒いのは苦手です。寒さで心も体も縮こまってしまわないよう、自分を解放する時間をもってみませんか。あったかくして待ってます♪

以下、お知らせです。

*長らく「チャクラバランスマッサージ」と表記していたものを、資格証明書の表記にならって「チャクラバランストリートメント」と改めました。内容は同じです。

*日程は、チャクラバランストリートメントの施術が可能な日という意味で読んでください。オーラソーマコンサルテーションはこれ以外の日でもお受けできる場合がありますので、別途お問い合わせください。

★日程

  2月24日(日)       

  開始時間は10時から15時までの間で、ご希望により調整いたします Rimg0241

★ 場所

   名古屋市内                             

   ベッドがあれば出張もいたします

★ メニュー

  * チャクラバランストリートメント  100分  (上半身と顔・頭のマッサージです)

7つのチャクラに対応するオーラソーマのイクイリブリアムボトルと、ポマンダー・クイントエッセンス・クリスタルを使った、心と身体のバランスと深いリラクゼーションを感じるマッサージです。ただ自分のために。光と音と香りに包まれた心地よい時間を過ごせることと思います。マッサージ後、インプレッションコメントをお伝えします。

   * コンサルテーション   45分   (マッサージとの組み合わせもOK)

106本の上下二層に分かれたさまざまな色のボトルの中から、心魅かれるボトルを選んでいただきます。ボトルはあなた自身を映し出す鏡のようなもの。そこにはあなた自身の情報がたくさん含まれています。あなたの人生の目的や使命、現在の状況、そして未来に望んでいること。あなたの人生はあなた自身の選択の連続によってつむがれてきいます。ボトルが語るあなたへのメッセージをお伝えすることで、自分自身とこれからを探すヒントになればと思います。 

詳しい場所と料金は、お問い合わせ時お知らせします。

お申し込みはコメントあるいはブログのメール(右サイドバーにあります)宛にメッセージを入れてください。

折り返しお返事いたします^^。

ツバサ22巻

DVD「Rimg0233TOKYO REVERATIONS・2少年の右目」とツバサ22巻が、17日に発売されました。

今回の巻でいちばん心魅かれた言葉は、侑子さんのこのセリフ。

「誰かが視たまだ訪れていない未来の夢より、人の願いのほうがずっと強い。」

篤姫

今年のNHK大河ドラマは「篤姫」なんですよね。小学生の頃、私の日曜夜は、サザエさん→NHKニュース(ここだけは父にチャンネル権があった・・・)→世界名作劇場(ハイジとかフランダースの犬とか)→大河ドラマ(渋っ!)とハシゴして寝るというパターンだったくらい大河が好きで、かなり大きくなってからも見続けていたんだけれど、最近はなんとなく作りがちゃっちい気がして見なくなってしまいました。

けれど今年は幕末・篤姫・宮崎あおいさんと、興味あるものが3つも揃って、久々の大河復活です!

私は人物伝が大好きです。今生きている人も、歴史上の人物も、その人がどんな考えをもって、どんな行動を起こしたかにとても興味があります。

篤姫という人をはじめて知ったのは、有吉佐和子さんの「和宮様御留」という本でした。この本では江戸幕府14代将軍の徳川家定の正室、皇女和宮が主人公で、篤姫は先代将軍の正室、和宮のお姑さんに当たる人として登場します。ここでの篤姫はあまりいい印象ではなかったのですが、その後テレビドラマ「大奥」で管野美穂さんが演じた篤姫を見て印象が変わり、篤姫本人の写真を見て本当はどんな人だったんだろうということを知りたくなりました。

篤姫という人は身の丈がっしりした人だったそうですが、管野美穂さんも今回の大河で演じる宮崎あおいさんも、体つきはきゃしゃですよね。でも、おふたりとも芯の強さを感じる人なので、その点でキャスティングされているように思いました。

大河はまだ2回しか見ていませんが、篤姫の実父(島津忠剛)役の長塚京三さんと生母(お幸)役の樋口可南子さんの夫婦がとってもよい味出しています。この一家は男性陣がいまいち頼りなく、お母さんがしっかりく構えていて、篤姫がまたやんちゃでちょっぴり鉄砲玉っぽく描かれています。

さて、あおい篤姫はどんな風になっていくのか、楽しみです。Rimg0210

 宮尾登美子さんの原作「篤姫」も読んじゃいました♪

同じ人物も、書き手によってまったく解釈が異なるところがおもしろくもあり、怖くもあり。そういうのを読み比べてみるのもまた楽しいです。

なんでしょ

                Rimg0227_2

    ここのところ上層のペールブルーから気泡がひとつぶら下がっています。

              形は変わるけど、消えないんだよね。

tori cafe

去年の9月からのお約束、tori cafe(トリカフェ)に大将さんと行ってきました♪

あ。もひとり。大事なBaby☆Starも一緒デス。

たくさん話したいことがあったんだけど、Baby☆Starのかわいさにやられ

おいしいゴハンにももっていかれ

積もる話はまた今度、になっちゃいましたー。

tori cafeはランチが何種類かあってパスタ系がいっぱいとお膳が1種類ありました。(すいません。アバウトです。いくつあったか忘れました!)。この日のお膳のメインディッシュはしょうが焼き。う~ん、いいなと思ったけれど、結局いちばん気になった季節の野菜たっぷりパスタにすることに。

Sa4101192 ← これだよ~ん♪

なんと10種類くらいのお野菜が入っているとか。

このパスタに、サラダと自家製フォカッチャと冷製スープがついてきます。フォカッチャもふかふかでおいしいの♪

でもいちばんおいしかったのは、なんといっても野菜たち。

普通パスタではお目にかかれないような野菜たちが少しずつ入っていて、そのどれもこれもがしっかり味があります。野菜単品で調味料で味付けしてなくてもおいしいと思う。

お店にあったカードには

「信頼できる産地から届いた新鮮な野菜を使って、ていねいに、きちんと料理すること」

って書いてありました。

それっていちばん大切で、今の時代いちばんぜいたくなことかもしれないね。

***************************

tori cafe

名古屋市中村区鳥居通4-5

052-602-7555

 地下鉄東山線中村日赤下車②番出口から徒歩3分くらい

ありがとうを伝えたいあなたへ

ありがとうを伝えたい人がたくさんいます。

毎日毎日生きてると

お礼の手紙を書く端から、またまた新しいありがとうの人に出会ってしまい、

私のありがとうはまったく追いつかない状態です。

今週末、ガンバってお手紙を書きます。

電話も、

メールも。

・・・・なんて書いてるうちから、またまたありがとうの人が!!!!!

忘れられない人

久しぶりにH先生のところにおじゃましました。部屋に入ると大きな紙袋が3つ置いてありRimg0228 ました。Zさんが「H先生と私からお誕生日のプレゼントです。」と言った後、「もう1つはM先生からです。」と教えてくれました。本当なら12月の終わり頃Rimg0231 うかがう予定だった私のために、誕生日プレゼントを用意しRimg0232 てくださっていたのです。

M先生とは2006年の4月、とある駅の構内で出会いました。その時、その場で、初めて出会った人が私に語ったことは、にわかには信じられないものでした。

こんな場合普通なら「失礼します」と言ってさっさとその場を去っていたと思います。

だけど、私を見てどうしてもそのまま通りすぎることができなかったM先生の思いに、嘘や人を騙そうとするような悪意がどうしても感じられず、この人の話をちゃんと聞いてみようと思ったのです。聞いてみて、それから判断すればいいやと。

M先生との出会いは、私の人生を大きく変えました。

もしあの時、M先生が思いきって声をかけてくださらなかったら、今の私はなかったろうと思います。

Rimg0230 M先生。あの時こんな風になったらいいな、まず無理だけどと話していたことが、今現実になっています。当事者の私が信じられなかったことを、ずっと信じ続けてくださった先生に、お伝えしたいうれしいことがいっぱいあります。いつか会えることを願いつつ、今は手紙に託してお礼の気持ちをお伝えしようと思います。

天に在るもの地に在るもの

昨日私が今使っているNo.94を1本目に選んだ方がいました。

今日そのボトルを見ると、なんだか私のNo.94とは違う気がします。

            Rimg0220_2

左がその方の選んだボトル。右が私が今使っているボトル。

左は光に満ちたいかにも大天使ミカエルで、右はすごく人間くさいミカエルって感じ。

左の美しさは、そのまま昨日、選んだその方に感じたイメージなんです。

             透明で、ピュアで、まっすぐ。

            Rimg0226_4 

でも、右の人間くさ~い(?)ミカエルも私は気に入ってます。

天に在るものは、きっと地上にも在るんだよ。

だから見た目はすごく違って見えても、

中身の意味する大切なことはおんなじだと思うの。

       

たぶん私は

スマートには程遠く、不器用に、あがいて、もがいて、歩く人なんだと思います。    

ボトルを通して出会った人々

そしてそして。オーラソーマコンサルテーションに来てくださったみなさま、本当にありがとうございました。

私にとって、コンサルテーションは実は結構なプレッシャーだったりします。

それはたぶん、ボトルに向かうこと=その人に向かい合うこと、だからだと思います。

人と真剣に向き合うことって、そうそうないよね。

それが家族であれ、友だちであれ、はじめて会う人であれ、旧知の中であれ。

そんな時間ばかりだったらきっと倒れてしまいます。

なのになんでわざわざそこへ向かっていくのかなあ。

はじまる前にいつも自分に問いかけていること。

でもね、ボトルが目の前に並ぶと、そういうのがどっか行っちゃうみたいなんです。

ボトルがあんまりきれいだから

ただそれだけでよくなっちゃう。

その美しさは、そのままその人自身で、

きっとそれを言葉でどう言ったとしても、言い尽くせないものなのだろうけど

それでも私は、言葉で表現したいと思ってしまう。

けれど私のつたない言葉より

ボトルはずっとずっと雄弁。

目の前のあなたが選んだボトルは、そのままあなたの美しさです。

そして出会った人々

13日のワークショップではまたまたステキな出会いがありました。

イメージとしては一軒のお家に、8人が仲良く同居いたしておりました。

・・・って感じのワークショップ♪(伝わるかな?)

私のお隣りは、屋久島おおぞら高等学校http://www.ohzora.ac.jp/のブース。現役高校生だったらこんな学校行ってみたいな、と思ってしまった広域・通信制のおもしろそうな学校でした。なんてったって屋久島スクーリング授業があるってのがいい!そして「自分探し」のために種種多様な講座があるそうです。

このブースでは学校紹介と屋久杉で作った箸の販売をしていました。屋久杉、自分で研ぐといい香りがするんです!

その向こうは手作りキルト小物とハンドマッサージのLove&Peaceさん。

そのお隣りはいただいた名刺が今見当たらないので詳しくご紹介できませんが、手作りのアクセサリーやマフラーなどがありました。

お二方ともそれぞれ娘さんと一緒に出展されていて、すごく楽しそうでした。

そのお隣りがアートクレイシルバーなどのアクセサリーのSilver Marchさん。ここに並んでいたペンダントでいいなあと思うのがあったんだけど、コンサートが終わってワークショップの会場に戻ってみたら、もう帰られた後でした。息子も楽しみにしていたみたいで残念。

そしてまん中で出展されていたのがカートマンシャーの新田さん。カートマンシャーってはじめて聞いた言葉です。カッコいい♪カード占いをする人って意味だったと思います。(違ってたらすみません)。カモワンタロットとフラワーエッセンスのカードを持っていらして、私はフラワーカードの方をひかせていただきました。メッセージのひとつに「なにか音楽を」とのひと言があり、その後のAZAMIさんのコンサートがますます楽しみになりました。

そして一段上がったもう一部屋には、とっても気になる絵が、絵が、絵が!

トカゲさんとか虫さんとか、葉っぱとかとか見慣れたものたちもいるのです。だけどその中はそのまま見慣れた世界とは違って、すごく想像力をかきたてられるような世界です。描き込まれているものたちのその先になにがあるのか、もっとゆっくりじっくり眺めたいなあと思うような、そんな絵でした。Rimg0234  

ここは息子も気に入ってカードを一枚買っていました。

絵とか文字ってその人が出るというけど、うんうん♪描いてる人の方にもとっても魅かれるものがあります(^^*)。 作・画:みほしちゃん→

そして、尿健康法を実践されているまりもさんhttp://www.geocities.jp/hkbbm798/index.htm。自分の尿を飲む健康法というのは、ちょっと衝撃的だけど、健康で自分らしく生きていくために皆さんに伝えたいという、強い思いを感じました。

そしてもうひとり。

昼の部のコンサートの途中、ワークショップの会場に突然やって来た森の精(?)。

しばしボー然と見とれてしまいました、私。

素足に白い布をまとった上に、本物の緑の葉っぱが肩から腰に流れる衣装。寒そうだけどきれいなその格好のナゾは後でわかりました。AZAMIさんのうたと一緒に踊っていたのがその方、YUMIさんでした。

あー!もう!!!

こんな日に限ってデジカメ忘れて、ケータイ撮るのも忘れて、ほんとに文字ばっかなんだけど、この雰囲気伝わるでしょうか??

屋久島の音

AZAMIさんのコンサート&ワークショップに行ってきました♪

昨日のレイキのおかげで体調は万全。だけど気持ちはちょっとナーバス。

会場の縄文うさぎさんは、地図上ここしかないだろうという地点に確かに立ってはいたけど・・・あまりに外見フツーの民家で、かえって入りずらく。珍しく、入るまでに周りを5周くらいしたかな?でも周ってばっかもいられないので「こんにちは~」と声をかけ、中に入りました。

・・・・・・・・・

でね。ここからの記憶がちょっと飛んでます。

AZAMIさんのコンサートは昼と夜の2回で、私は夜の部のチケットだったので昼間はずっと別棟のワークショップに入ってました。

確か入り口を入るまでは現代の日本の住宅街に建つフツーの家だった気がするの。それが中に入ると、思ったより広い空間が現れました。天井の梁や柱に古材が使ってあるし。懐かしい田舎のばあちゃん家みたいな感じ。

辺りがだんだん暗くなり、夜がやって来て灯りがともるとますます不思議な世界になっていきました。そしてコンサート。暗がりの向こうから天女のようなAZAMIさんが現れます。

お家は、どこへ行ったのかな?

Sa4101142 風や、樹や、森の香り、水の流れや、湿った空気。

そんなようなものを感じながらAZAMIさんの声を、うたを、音を聴いていました。そこに在るすべての物事、集う人、ひとりひとりの頭の中に紡ぎだされるイマジネーションなどのすべてがAZAMI世界を創るんだなあと、そんなことを思いました。

・・・写真、撮るのも忘れちゃったい。

ただただ聴いて、ただただくつろいでいました・・・。

コンサートが終わって、その場を離れ、縄文うさぎを出たら、そこには見慣れた日本の住宅街があって

見上げた空には星がきれいに瞬いていました。

ステキな異空間。

そしてあれはご褒美だった気がする・・・。

ありがとう。

鋼鉄の鎧

仕事の合間に(!)明日のワークショップの準備をしています。

まず、Fに作ってもらったチラシを印刷しました。なっちに作ってもらったボトルビーズも持ってくことにしました。お誕生日にMA-ちゃんからもらったブリザーブドフラワーのアレンジメントも一緒に行こう♪興味をもってくださる方がいれば、ご紹介もしてみよう♪

なんて準備中、なじみのあのイヤ~な感じが・・・。

目の奥がツンツンで、肩はガチガチ、首はつまつま、頭がずう・・・んと重い。

このままだと吐き気がするほど気持ち悪くなって、明日は最悪のコンディションになってしまう!

その時ふっと大将さんが頭に浮かびました・・・。そうだ!遠隔レイキやってもらえないかなぁ。

以前にも同じような症状でとてもつらかった時、大将さんに対面でレイキをしていただいたことがありました。その時もいつもなら1週間くらい続く症状がその場でスッキリしてしまったのです。

早速SOSを送ったけれど、いつからどんな風に始まるかわからないまま、重い肩をのせ自転車に乗りました。この後買い物に行って帰るつもりだったのです。

そして、そして。

寒風のピューピュー吹く中、自転車をこぎ出し、しばらくした時。

なんだか後ろからどやされたような気がしました。(どつかれたのではなく。)

思わず自転車を止めて後ろを振り返ったくらい。その直後!ガバァッとなにかが引っぺがされたような感じがしました。

・・・・・・・。一瞬。なにが起こったのかわからなくて、しばしボーゼンとたたずむ私。

けれど特に変わったこともなかったので、また自転車をこぎ始めました。

コキコキコキと自転車こいで、またまた寒風の中を進む私・・・。

でも!突然気がついちゃいました!!!

肩が軽い!!!!・・・気がする???

首を回すと首も軽い!!!

頭も軽い!!!(←中身の問題ではなく)

おかしい、おかしい、これはおかしい。

まるで鋼鉄の鎧を引っぺがされたように、体の上後ろ半分が軽いのです。あんなにコチコチだったのに、なんだったの?ってくらい。

そこでようやく気がつきました。

遠隔レイキ。

そうだ!そうに違いない。

スーパーに着いたので自転車をとめて、そのまま買い物せずにベンチに座りました。すると今度は頭のてっぺんから糸で上に引っ張られるような感じがしてきました。重い頭を上から吊ってくれてるような。気持ちよくてそのまま目をつぶりました。しばらくすると、手足の先までぽかぽかしてきて、寒さで縮こまっていた体の力がふっと抜けていくのがわかりました。

その状態がどのくらい続いたのかな?しばらくしたら、頭を吊っていた糸がぷつんと切れたかのように、頭が元通りの重力を取り戻しました。

はあ・・・・・。

肩や首が軽くなって、ようやくわかりました。

私、ずっと、鋼鉄の鎧を着て生活してたなって。

それを脱いだら、なんとなんと、生身の人間に戻った感じ♪

でも、これがホントなんだよね。

それにしても、スゴイスゴイやっぱりすごいレイキ

しかも遠隔なのに。

大将さん、ありがとう☆

ほんとに助かりました。

レイキがいったいなんなのか私には答えられないけれど、彼女から感じるレイキはいつもパワフル☆けれどその力は人やなにかに優劣をつけたり、切り離したりするものではなく、在るがままを揺り起こすような、自然と思い出させてくれるような、あたたかいエネルギーを感じます。それはきっと彼女の人となりによるところが大きいと思うんだけれどね。

百聞は一見にしかず。大将さんについてはコチラをのぞいてみてください。→http://www16.ocn.ne.jp/~momosuki/11.html

なんて言えば

さて、なんのボトルでしょう?

Rimg0214

こたえはNo.50エルモリアです。

ではなくて!

No.94大天使ミカエル。

の、思いっきりシェイクした後の姿です。

ものの本には、No.94は上層がペールブルー、下層がペールイエロー、そしてシェイクした色はペールグリーンと書かれています。

だけど私のミカエルくんは、シェイクするとペールブルーになっちゃうんだよなー。

そしてしばらくすると、キラキラ☆あわあわ☆ペールブルーの下層から、おもむろにペールイエローが現れるのです・・・。

Rimg0213_3

これが、今、泣きたくなるほど心に響きます。

大いなるもの

そこに在って

ひとつで在って

けれどかけがえのない個でもある

けっして埋もれてしまわない

全部であって

ひとつでもあるよな

屋久島に想いを馳せて~命の森のハーモニー~

1月13日(日)に名古屋の縄文うさぎさんで開催されるイベントに、オーラソーマコンサルテーションで参加させていただくことになりました。

昨日深夜に決まったため、自分でもよくわかってないのですが(汗)
ご紹介いただいたコスモスさんにご了解をいただき、内容を転載させていただきます。

*************************************
 
  AZAMIチャリティーコンサート

**************************************

世界でたった一つの音・舞、祈り、癒しのシナジー空間

AZAMIの屋久島の幻想的な世界、ヒーリングな音の世界、 地球(ガイヤ)の囁きそして、素晴らしい演奏家達の音霊、舞いなど 、日本の雅な世界
会場では、自然遺産の島、屋久島の森をイメージした舞台をお届けいたします。


日時/1月13日(日曜日)
会場/名古屋市緑区
    ☆縄文・うさぎ(http://www.joumon-usagi.com)    
     

*昼の部/開場12時00分
      (ワークショップをお楽しみ頂けます)
    /開演14時00分~16時00分(休憩あり)

*夜の部/会場16時30分
      (ワークショップをお楽しみ頂けます)
   /開演18時00分~20時00分(休憩あり)

チケット一律3500円(ドリンクお菓子付き)

AZAMI/ボーカル

(詳しくは AZAMI http://homepage.mac.com/emu0001/AZAMI/

浦田恵司/サウンドプロデューサー、シンセサイザー
(アニメアキラのサウンドトラック、菅野ようこ、井上陽水、中島みゆき、あゆ、他トップアーティスト達のサウンドをプロデュース)
後閑/キーボード、ギター
久田一久/三線
ZAK/ディジュリデュ
北/オカリナ
YUMI/ダンサー

*会場ではワークショップ、お店の出店もあります
(食事、お菓子など)

*コンサート後、AZAMIのサイン会CD販売がございます。
 チケット売り上げ、CDの売り上げの中から一部金を世界遺産の島
 屋久島を守るための環境保全への支援金とさせていただきます。

私は、ワークショップに出展させていただくことになりました(たぶん)。

AZAMIさんという方を私はまったく存じ上げませんが、
HPに行ってみてとても心魅かれました。
ワークショップのお話ももちろんうれしかったのですが、
AZAMIさんのコンサートがとても楽しみです。

なんだかよい出会いになりそうな予感☆ぴかぴか(新しい)

このような出会いとチャンスをくださったコスモスさんに感謝です。
ありがとうございます。

屋久島も行ってみたいところのひとつです。
そこでチャクラバランストリートメントができたらステキだよなあ・・・。

三連休の中日ですが、興味をもっていただける方がいらっしゃいましたら、
ぜひぜひ行ってみてください。

律動の月の終わりに

おもしろいことが起こりそうです。
何かは判然としないのですが
明らかに「節目」のタイミングです。
大切なことが決まるか、あるいは
貴方が大切なことを決めるのかもしれません。

今週、あの「幸運の神様」が貴方の傍らを駆け抜けます。
幸運の神様には、前髪しかない、といわれています。
すれ違うその一瞬を逃して後を追っても
つかめる髪はそこにはないのです。
つるんとして、手の中をすり抜けてしまうのです。
ですから捕まえるなら
すれ違う直前、顔の見えている時、なのです。

その前髪をひっつかんでチャンスを捉えて下さい。
好機は「使う」ことで命を得ます。
生鮮品なのです。

1/7~1/13の筋トレはこんな感じで、そして今日、おもしろいことがやって来ました♪

mixiのプロフィールに書いてあったチャクラバランストリートメントの記事を見て、ワークショップに参加しませんか?と声をかけてくださった方がいます。

AZAMIさんという方のコンサートの合間にワークショップがあるようなのです。

頭ではわからなくても、おもしろそう!と心が告げているなら

乗ってみよう、やってみよう♪

今日で律動の月はおしまい。明日から共振の月がはじまります。

イヤーボトル

今週はずっと2008年のイヤーボトルをみています。

たった1本のボトルをこんなに真剣にみちゃうのは

それがほんとはボトルじゃなくて、あなただからです。

いや!でもボトルだからこそ、こんなにマジマジみれるのか・・・。

1月のオーラソーマのお知らせでリクエストいただいた方。

別ルートでリクエストいただいた方。

こちらが勝手に贈りつけた!方。(許せ、迷惑)

人間の方は年齢も、住んでる場所も、やってることもまるで接点のない人たちなのに

そのボトルたちは、ある人のイヤーボトルが、かの人のバースボトルだったり

それがまた、さる人の逆バージョンだったりするんだな。

そのメンバーでは会ったこともない人たちが

仲良くボトルで目の前の机に並んでいます。

そのゆるやかなつながりの不思議さ。

頑な

今日からNo.94の大天使ミカエルを使い始めました。

Rimg0206_2 このボトルを選んだ日、思い立ってエンジェルカードも引いてみました。同時に飛び出してきたのがこの3枚で、おもしろいことに、ここにもちゃんとミカエルがいました!カードは左から 

フィオナ「あなたは天に助けを求めましたね。天からの導きとサポートを受ける準備をしてください。あなたは天の助けを受け取るにふさわしい人です。」

大天使ミカエル「私はあなたとともにいます。これから人生の目的、使命を達成するための変化が訪れるので、あなたに勇気を与えに来ました。」

オメガ「勝利の時がやって来ました。あなたの望みがまもなく叶います。そのまま進んでください。」 

で、ボトルに行ったわけですが

このボトル、振っても振っても、上下の二層が混ざりません。ま、使い始めはよくある話なんだけど、今回印象的だったのはペールブルーとペールイエローの境界線。

Rimg0212  ペールブルーとペールイエローそれぞれの色の透明な泡が共存しながらくっきりと境界を保っています。上下の境目に白くて不透明な泡の層ができることはあったけど、白くならずに自らの色を保ったままの泡色境界線って、読んでも想像つかんよね・・・。

暗くて写真は撮れなかったので絵に描いてみました。わかりにくいか。

この「美しいのに混ざりあわない」ところが頑なというか。

思わず苦笑しちゃいました。

私はなんにこだわってたかなあ。

つくづく、“こうであらねばならない”人だね、まったく。

赤い太陽の地球の日

今日は13の月の暦ではKIN217「赤い太陽の地球」の日。私のツォルキンバースデイです!グレゴリオ暦でも誕生日を迎えたばかりだけど、13の月の暦を使うようになって誕生日が3つになりました。そのうちのひとつツォルキンバースデイは、260日周期で巡ってくるせいで毎年いつというのが違ってまた楽しいのです♪

Rimg0203 で、今日は新しい4本を選びました。1本目No.65(バイオレット/レッド)、2本目No.94大天使ミカエル(ペールブルー/ペールイエロー)、3本目No.38(ヴァイオレット/グリーン)、4本目No.46(グリーン/マゼンタ)。今回は前回までのNo.27→No.21→No.28の生命の木の中央の柱の流れは離れたけれど、よく考えたら2本目に選んだ大天使ミカエルは前回の1本目に選んだボトルでした。

No.28のメイドマリアンが終わった時、今までとは違う心持ちが内に湧き起こってきました。そのうちのひとつは豊かに生きたいなあということ。いままでずっと心豊かであれば物は最小限でいいと思ってきた節があるのですが、物を楽しむというのもいいなと思えるようになってきました。

人間本当に必要な『物』というのはよく考えたら少ないと思うのです。本当に必要な物以外を多く、さまざまに持つということは、なんとなくいけないことのような気持ちがずっと内にありました。古いものを大切にするのと同じくらい、新しいものにも興味はあるし、あればうれしい、そんな気持ちを本当には楽しめないで来ました。

そんな自分でも説明できないような心持ちがなんだかすっと抜けたようです。それと同時に、これまでずっと苦労しないとお金をもらっちゃいけないとか、お金をたくさん儲けるということに対するなんとなく後ろめたい気持ちや、お金がないとどうなっちゃうんだろうというような恐れがあったことにも気がつきました。

ずっと慣れ親しんだ考え方は跡形もなく消え去るということはないだろうけど、物やお金のことはもっと楽しい形で考えられるようになりそうです。

それともうひとつ。No.27からの3本を使っている間、なぜか人の言葉の端やふと見かける雑誌、テレビなどでマザーテレサにふれる機会が多くありました。ふと思いついて調べてみた彼女のバースボトルはNo.28メイドマリアン。

彼女が創立した神の愛の宣教者会は、「飢えた人、裸の人、家のない人、体の不自由な人、病気の人、必要とされることのないすべての人、愛されていない人、誰からもケアされていない人のために働く」ことを目的としていたそうです。

この中の「必要とされることのないすべての人、愛されていない人」というところに心がとまりました。Rimg0173

私のすぐ身近にもこんな人がいたからです。

私はまずこの人に対して働こうと思いました。

そうして思ったのは、愛から生まれた気持ちは必ず愛を生むということ。

それはどんな人との間でも生まれ出るものなんだということ。

だけど私は、マザーテレサのような神さまみたいな愛の人にはなれなくてもいいやと思いました。

マザーは自分自身が(特別に)愛する男性に出会って、その人からも愛されることや、ふたりで人生を過ごすことをただの一度も考えなかったのかなあ。

そんな人に巡り合えたら、私ならそっちを大事にする!

次元が低かろうがなんだろうが、そっちの方が私には大事だとあらためて気づいたのがこの3本の流れでした。

長くなったので、新しい4本のことはまた次に・・・。

年越しプレゼント

実は2007年中に届いていたのに、私の早とちりで年越しプレゼントとなってしまいました。

私が頼んでいてその後すっかり忘れてしまっていたのに、ずっと覚えていてくれたんだね。

MIちゃんありがとう~/(^▽^)/Rimg0209

添えられていた言葉もとってもうれしかったです。

考えてみると、

今回もいろいろな方から

ありがたい言葉、優しい言葉、あったかい言葉をたくさんいただきました。

言葉を通じて、それ以上に気持ちを贈っていただいた気がします。

気の利いたことはできない不器用な私だけれど、どうかこの気持ちだけはみなさんに伝わりますように。

ありがとうございます。

久寿玉

実家の両親が金沢土産に買ってきてくれたお菓子「久寿玉」(くすだま)。

いかにもお正月らしいので、今日まで取って置きましたv(^‐^)v。

Rimg0195 サイコロ型の箱の中に紅白のお椀型のもち米煎餅が入っています。そのくす玉を割ると、中から小さなお菓子が現れました。

小花うさぎ、飴玉、金平糖、舞鶴、小芝舟(生姜煎餅)、千代結び。Rimg0197

かわいい~♪Rimg0202

おはじき型の飴、もったいなくて食べれません。

外箱がどうしてサイコロなんだろうと思ったら、中に「金澤道中雙六」(かなざわどうちゅうすごろく:左上の写真:下に敷いてある紙がそうです)ってレトロな絵柄のおまけがついていたからでした。芸がこまかい!

こういう繊細なお菓子をつくるのは、世界広しといえども日本だけだろうなあ。

これだけでなんだかめでたい気分のももなのでした☆

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »