2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

発掘はコチラ

  • カスタム検索

« 屋久島の音 | トップページ | ボトルを通して出会った人々 »

そして出会った人々

13日のワークショップではまたまたステキな出会いがありました。

イメージとしては一軒のお家に、8人が仲良く同居いたしておりました。

・・・って感じのワークショップ♪(伝わるかな?)

私のお隣りは、屋久島おおぞら高等学校http://www.ohzora.ac.jp/のブース。現役高校生だったらこんな学校行ってみたいな、と思ってしまった広域・通信制のおもしろそうな学校でした。なんてったって屋久島スクーリング授業があるってのがいい!そして「自分探し」のために種種多様な講座があるそうです。

このブースでは学校紹介と屋久杉で作った箸の販売をしていました。屋久杉、自分で研ぐといい香りがするんです!

その向こうは手作りキルト小物とハンドマッサージのLove&Peaceさん。

そのお隣りはいただいた名刺が今見当たらないので詳しくご紹介できませんが、手作りのアクセサリーやマフラーなどがありました。

お二方ともそれぞれ娘さんと一緒に出展されていて、すごく楽しそうでした。

そのお隣りがアートクレイシルバーなどのアクセサリーのSilver Marchさん。ここに並んでいたペンダントでいいなあと思うのがあったんだけど、コンサートが終わってワークショップの会場に戻ってみたら、もう帰られた後でした。息子も楽しみにしていたみたいで残念。

そしてまん中で出展されていたのがカートマンシャーの新田さん。カートマンシャーってはじめて聞いた言葉です。カッコいい♪カード占いをする人って意味だったと思います。(違ってたらすみません)。カモワンタロットとフラワーエッセンスのカードを持っていらして、私はフラワーカードの方をひかせていただきました。メッセージのひとつに「なにか音楽を」とのひと言があり、その後のAZAMIさんのコンサートがますます楽しみになりました。

そして一段上がったもう一部屋には、とっても気になる絵が、絵が、絵が!

トカゲさんとか虫さんとか、葉っぱとかとか見慣れたものたちもいるのです。だけどその中はそのまま見慣れた世界とは違って、すごく想像力をかきたてられるような世界です。描き込まれているものたちのその先になにがあるのか、もっとゆっくりじっくり眺めたいなあと思うような、そんな絵でした。Rimg0234  

ここは息子も気に入ってカードを一枚買っていました。

絵とか文字ってその人が出るというけど、うんうん♪描いてる人の方にもとっても魅かれるものがあります(^^*)。 作・画:みほしちゃん→

そして、尿健康法を実践されているまりもさんhttp://www.geocities.jp/hkbbm798/index.htm。自分の尿を飲む健康法というのは、ちょっと衝撃的だけど、健康で自分らしく生きていくために皆さんに伝えたいという、強い思いを感じました。

そしてもうひとり。

昼の部のコンサートの途中、ワークショップの会場に突然やって来た森の精(?)。

しばしボー然と見とれてしまいました、私。

素足に白い布をまとった上に、本物の緑の葉っぱが肩から腰に流れる衣装。寒そうだけどきれいなその格好のナゾは後でわかりました。AZAMIさんのうたと一緒に踊っていたのがその方、YUMIさんでした。

あー!もう!!!

こんな日に限ってデジカメ忘れて、ケータイ撮るのも忘れて、ほんとに文字ばっかなんだけど、この雰囲気伝わるでしょうか??

« 屋久島の音 | トップページ | ボトルを通して出会った人々 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 屋久島の音 | トップページ | ボトルを通して出会った人々 »